shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

ブラザートム ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」開幕!

ブラザートム出演ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」が、9/4(金)東急シアターオーブにて開幕した。

同作は、1961 年に初演され翌 1962 年のトニー賞で最優秀ミュージカル作品賞ほか7冠を受賞、以来、世界中で何度も上演されてきたコメディミュージカルの傑作。今回の上演では、2011 年にダニエル・ラドクリフ主演でリバイバル上演された際のクリエイティブチームの一人であるクリス・ベイリー氏による新演出版となる。

ビルの窓ふき清掃員フィンチ(増田貴久)は、ある日「努力しないで出世する方法」という本を読んで感化され、出世を強く意識するようになる。“入るべきは大企業”という本の教えに沿って、ワールドワイド・ウィケット社に飛び込んだフィンチは、偶然出会った社長のビグリー(今井清隆)に直談判。そんな彼を一目で気に入った秘書のローズマリー(笹本玲奈)は友人である秘書のスミティ(林愛夏)とともに何かと世話を焼く。人事部長のブラット(鈴木壮麻)に社長の関係者だと勘違いされたフィンチは首尾よく入社、トゥインブル(ブラザートム)が郵便室長を務める郵便室に配属される。そこには社長の甥で出世を狙うバド(松下優也)がいた。本の教えに沿って行動するフィンチは、社長秘書のミス・ジョーンズ(春野寿美礼)にも気に入られ、ヘディ・ラ・ルー(雛形あきこ)という専属秘書も付き、出世はトントン拍子。ローズマリーとの恋も上手く運んで、全てが順調…だったある日、重大なアクシデントが発生。果たして、フィンチの幸運もこれまでなのか…!?

この日、開幕前にフォトコール&取材会が行われ、トムは、「(共演者の)皆さんのファンがたくさんいらっしゃって、そのおかげで私も出させていただいているので、こういう生き方こそが“ハウ・トゥー・サクシード”です。」と笑顔。さらに、「この舞台は100人近くが動いています。(稽古を含めて)3か月近く誰も感染していないというのは、本当に全員がガチっとやっていないと無理なことで、どこにも行かない連中が100人ここにいたということ。一番年上から見ていて、幕が開くことを涙が出るほど嬉しく思います。皆さんもぜひお気をつけてお過ごしください。」とメッセージを送った。

ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」は、東京公演9/4(金)~9/20(日)東急シアターオーブ、大阪公演10/3(土)~10/9(日)オリックス劇場にて上演。ぜひご覧ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top