shadow

prev

next

ニュースNEWS

INTERNET TV

秋田汐梨 ABEMAオリジナル連続ドラマ「17.3 about a sex」トリプル主演決定!

秋田汐梨が、ABEMAオリジナル連続ドラマ「17.3 about a sex」でトリプル主演を務めることが発表された。

同作は、17歳の女子高生3人が恋にセックスに揺れ動くリアルな心情を描くひと夏の青春恋愛物語。「初体験の世界平均年齢は17.3歳―――――」とあるサイトに載っていた情報をきっかけにして、彼女たちがなんとなく持っていた"性の価値観"が揺らぎ始める。本当は気になっていても、誰にも聞けなかった、恋、そしてキスの先にある性。三種三様の異なる恋愛への価値観を持つ3人が、セックス、避妊、生理、体型の悩み、セクシャリティ…に初めて向き合い、時には悩み苦しみ、本音をぶつけ合いながらも自分たちの足で一歩”オトナ“へと踏み出す中で、揺れ動くリアルな心情をピュアに過激に描く。

秋田は、女子高生の一人で、経験豊富で早熟な皆川祐奈役を演じる。

秋田は、台本を初めて読んだ時に感じたこと、率直な感想を聞かれ、「初めて台本を読んだ時は、この役を自分がやるのか!と想像できなさすぎて不安でした。友達同士でもあまり語らないきわどいテーマ!(笑)。だけど、だからこそ自分も含め若い年代の人が性を知るきっかけになるメッセージ性がある作品だなあと思いました。私も知らない単語が多く、その都度調べながら勉強しています(笑)台本を読んだだけではどんなシーンになるのか想像できないシーンもたくさんありましたが、現場で監督と相談したり、実際にお芝居をしてその場で感じた気持ちを大切に演じています。」とコメント。

リアルな”17歳”の役を演じるにあたって、同じ”17歳”として共感したところはどこですか?という質問に、「3人がいつも学校帰りに立ち寄るファミレスのシーンでは、会話のテンポも良くてワチャワチャしてて、その感じはプライベートで友達と話している時と同じだなぁ~と。ポンポン話題が変わったりするのも、リアルだなぁと思ったし、お芝居の前後の空気感は撮影現場に居るのを忘れちゃうほどでした(笑)。この作品を通して、休憩時間に3人で性について話す機会も増えて、こういう風にフラットに性の悩みも打ち明けられる友達がいる17歳は少ないんじゃないかな、なんて感じたりもしていて、このドラマをきっかけに同年代の方々が楽に相談できるようになればいいなと思っています!」と語った。

また、視聴者に向けて、「祐奈を演じて、どんなに明るく元気な女の子でも誰にも言えない悩みがあるんだなあと感じました。とくに性に関しての悩みって、誰にも言えず一人で悩んでる方が多いと思うんですが、このドラマでは色んな登場人物がいるので、自分の悩みに近いキャラクターを見つけられるんじゃないかなと思います。その登場人物に自分を重ねて、ぜひ観ていただきたいです。」とメッセージを送った。

ABEMAオリジナル連続ドラマ「17.3 about a sex」は、ABEMA SPECIALチャンネルにて、9/17(木)23:00~配信(全9話)。ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top