shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柳楽優弥 映画「太陽の子」主演決定!

柳楽優弥が2021年公開予定の日米合作映画「太陽の子」で主演を務めることが発表された。

同作は、NHKとELEVEN ARTS Studios(USA)による日米合作作品として製作、終戦記念日である8/15に放送され大きな感動を呼んだテレビドラマ版とは異なった視点で描かれる作品。

戦況が激化し、最終局面を迎えた 1944年、「どの国よりも早く、原爆を作る」という依頼を受けた京大物理学研究室。そこで研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、託された国の未来のために情熱的に核エネルギーの研究を進める一方で、科学者として兵器開発をすすめるべきなのか葛藤する。そんな中、戦地から修の弟・裕之(三浦春馬さん)が一時帰宅し、そして、兄弟が秘かに想いを寄せる朝倉世津(有村架純さん)も家を失い、幼なじみである修の家に住むこととなる。
戦争が悲惨さを増して行く最中、図らずも国の未来を託された若者たち。 情熱の全てを注ぐこの道は正しいのか、研究を進めるべきなのか?愛する人のため、国のために迷いながらも進み続ける研究者たちが、最後に目にしたものとは――?

時代に翻弄された修・世津・裕之、それぞれの想いが交錯する感動ドラマと共に、「原爆開発」の依頼を受けた修をはじめとする研究員の情熱と葛藤を臨場感たっぷりに、より深く描き出した同作。公開にあたり柳楽は、「このお話をいただいた時、戦争というものを僕達の下の世代にも伝えなければいけないと強く感じました。私が演じた修は、研究に対する情熱を燃やしながら自分の行為に疑いを持ち、葛藤していきます。彼の問いを意識しながら、監督と毎日話し合い、自分たちの中での答えを探しながら演じさせていただきました。前回のドラマでは、断片的だった物語の続きが映画ではしっかりと描かれます。科学者の苦悩や葛藤も描かれています。当たり前だった日常や幸せを尊く思える今だからこそ、国内外多くの方にこの作品を見届けていただけたら嬉しいです。」とコメントを寄せた。

日米合作映画「太陽の子」は2021年公開予定。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top