shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

片桐はいり 映画「私をくいとめて」出演決定!

片桐はいりが12月公開の映画「私をくいとめて」に出演することが発表された。

同作は、高校在学中の2001年「インストール」で第38回文藝賞を受賞しデビュー後、芥川賞、大江健三郎賞など数々の賞を受賞してきた綿矢りささん原作の小説「私をくいとめて」の映画化。
監督は、『恋するマドリ』(07)で劇場長編デビューを果たし、『勝手にふるえてろ』(17)では第 30 回東京国際映画祭コンペティション部門・観客賞をはじめ数々の賞を受賞、その後も『美人が婚活してみたら』(19)、『甘いお酒でうがい』(20)など次々と話題作を手掛ける大九明子さんで、脳内に相談役が《爆誕》した31歳おひとりさま女子と年下男子がおくる、わかりみが深すぎる崖っぷちロマンスが描かれる。

30歳を越え、おひとりさまもすっかり板についてきた黒田みつ子。みつ子がひとりきりでも楽しく生活できているのには訳がある。脳内に相談役「A」がいるのだ。人間関係や身の振り方に迷ったときはもう一人の自分「A」がいつも正しいアンサーをくれる。
「A」と一緒に平和なおひとりさまライフがずっと続くと思っていたそんなある日、みつ子は年下の営業マン多田くんに恋をしてしまう。
きっと多田くんと自分は両思いだと信じて、ひとりの生活に慣れきってしまったみつ子は 20 代の頃のように勇敢になれない自分に戸惑いながらも、一歩前へふみだすことにする。

片桐は、みつ子のバリキャリ女上司・澤田を演じる。

映画「私をくいとめて」は、12/18(金)公開。
ぜひご期待ください!

公式サイト:https://kuitomete.jp/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top