shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

片桐はいり 映画「愛のまなざしを」出演決定!

片桐はいりが2021年公開予定の映画「愛のまなざしを」に出演することが発表された。

同作は、強烈な自我を持つ女性を軸に、狂気ともいえる愛を描いてきた鬼才・万田邦敏監督が、カンヌ国際映画祭にてW受賞した『UNLOVED』、比類なき傑作『接吻』に続き、共同脚本・万田珠実との3度目のタッグを組んだ作品。
亡き妻への思いを捨てきれない男と、その男に恋をする女の、嫉妬と復讐と救済の劇が描かれる。

男は精神科医、女は元患者。二人は恋に落ち、やがて結婚を約束。しかし、前妻のことは絶対に忘れないという男の思いを知った女は、嫉妬に狂い、二人の歯車は狂っていく。そして、男の耳に亡き妻の声がこだまして…。
エリート精神科医の精神に何が起きたのか? 彼女が真に求めていたものは何だったのか? 生死を超えた純粋な愛とは?

片桐は、貴志のメンタルクリニックの事務・池田を演じる。

映画「愛のまなざしを」は2021年公開予定。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
貴志(仲村トオル)は、患者の話に耳を傾けてくれると評判の精神科医だが、6年前に亡くした妻・薫(中村ゆり)のことを想ってはむせび泣き、薬で精神を安定させる日々を過ごしていた。
患者としてやってきた女・綾子(杉野希妃)は、治療関係を超えて貴志と気持ちが通じ合い、やがて貴志に寄り添うようになる。しかし綾子は、貴志の亡き薫への断ち切れない思いや薫との子供・祐樹(藤原大祐)の存在を知るや猛烈な嫉妬心にさいなまれ、独占欲がふくらむ。そして、前妻の弟・茂(斎藤工)に近づき…。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top