shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

板垣瑞生 映画「鬼ガール!!」にて演じる蒼月蓮ver.特別映像大公開!

板垣瑞生 出演映画「鬼ガール!!」がいよいよ来月10月9日(金)での大阪先行公開を皮切りに、10月16日(金)から全国で順次公開。この度板垣が演じる、鬼の血を引く女子高生の主人公・鬼瓦ももかの幼なじみで同級生の、蒼月蓮(あおつきれん)にスポットを当てた特別映像2本が公開となった。

小学生の頃から主人公・ももかを知る蓮は、ももかが、鬼の“ツノ”を隠すような仕草や、鬼のような身体能力を持っていたことを理由に、いじめて泣かせていたことがあり、ももかにとっては、“にっくき幼なじみ”である。
高校入学初日、久しぶりに再会するやいなや、ももかのことを「怪力女」とからかい、いがみ合う二人。さらにはももかが、憧れの岬先輩から、映画のヒロインにスカウトされたことがきっかけで入部した映画部には、蓮も所属していて、不本意にも部活動を共にすることに。有名映画監督を父に持つ蓮は、父への憧れと、そのプレッシャーに悩みながらも、映画作りに情熱を注ぐ青年である。そして密かに、父が学生時代に残した「幻の脚本」を探し出し、それを作品として実現させたい、という想いを抱いている。
そんな夢や目標に必死になるあまり、周囲には目もくれず自分の殻に閉じこもりがちな蓮であったが、彼の夢を知ってから、自分のことのように夢を実現しようと、パワフルに周囲を巻き込みながら引っ張ってくれるももかの存在が、そんな彼を変えていく。そして、仲間たちの力も借りながら「幻の脚本」の実現に向けて、“映画作り”に青春をかけて取り組む姿が、観客を惹きつけるキャラクターとなっている。

公開された特別映像は、蓮がももかと一緒に、父が学生時代に残した「幻の脚本」を探し出し、それを映画として実現させようと動き出す【幻の脚本編】と、その脚本を実現するうえでカギとなる“連鎖劇”や、作品の制作活動に励む蓮や仲間たちの様子を切り取った【桃連鎖編】の二本。

【幻の脚本編】では、蓮の映画作りに対する情熱的な姿勢、そして「幻の脚本」の実現を決意し、「俺についてきてくれるか!?」とももかに向かって呼びかける頼もしい一面を披露。しかし、数秒後には「俺がついていってるし!」と思わずツッコミを入れる、愛らしい姿も見せている。
【桃連鎖編】では、最初は自分だけの殻に閉じこもっていた蓮が、ももかと出会い、ゆくゆくは仲間たちの中心に立ち、チームを引っ張るようになるまでに成長する姿が収められている。「桃連鎖」とは、蓮たちが実現させる“連鎖劇”のタイトルである。

どちらも、若者たちが同じ目標に向かって駆け抜ける、“青春鬼盛り”要素も欠かせない映像となっているほか、クールな蓮、目標に向かってアツくなる蓮、ももかに振り回される少し情けない蓮、仲間たちを取りまとめる頼もしい蓮、板垣瑞生演じる蓮の様々のキャラクター性や表情が見られるのも、見どころの一つである。

▼蒼月蓮ver.特別映像【幻の脚本編】
https://youtu.be/VJPZvUBit4A

▼蒼月蓮ver.特別映像【桃連鎖編】
https://youtu.be/t3KqwR1dX2Q


大阪から日本を元気に!恋×映画×鬼!?笑って泣いてアツくなる、2020年をまっ先に駆け抜ける青春鬼ロックムービー!映画「鬼ガール!!」は、2020年10月9日(金)大阪先行公開、10月16日(金)全国順次公開!是非ご期待ください。

▼映画「鬼ガール!!」公式サイト
https://onigirl.jp
▼公式SNS(Twitter・Instagram)
@onigirl_jp
  • はてなブックマーク

pagetop

page top