shadow

prev

next

ニュースNEWS

AWARD

北村匠海 「第12回TAMA映画賞」最優秀新進男優賞受賞!

北村匠海が、「第12回TAMA映画賞」の最優秀新進男優賞を受賞したことが発表された。

「TAMA映画賞」は、多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰するもの。映画賞前年の10月から当年9月に一般劇場で公開された作品及び監督・キャスト・スタッフを対象として、TAMA映画フォーラム実行委員(市民ボランティア)の合議により選考が行われている。

最優秀新進男優賞は、本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰する賞で、北村は、「憂いをおびた眼差しや細やかな心情を表現するふとした仕草で魅了するだけでなく、心に届く声のトーンでも観客の共感を呼び覚ました。どのジャンルにおいても地に足の着いたキャラクターとして存在させる力は、今後の躍進を確信させた。」との評価を受け、出演映画『サヨナラまでの30分』『思い、思われ、ふり、ふられ』『影踏み』『ぼくらの7日間戦争』『思い、思われ、ふり、ふられ(アニメ版)』での受賞となった。

なお、授賞式は11/29(日)府中の森芸術劇場 どりーむホールにて行われる。

映画祭公式サイト
https://www.tamaeiga.org/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top