shadow

prev

next

ニュースNEWS

PV

さくらしめじ 切なすぎる「きみでした」スマホ型 新MVを明日プレミア公開!

さくらしめじの「きみでした Acoustic Version」のミュージックビデオが、明日10月16日(金)21:00〜 YouTubeのさくらしめじチャンネルでプレミア公開される。

この楽曲は2015年にリリースした楽曲で、5年の時を経てアコースティックギターアレンジver.として本日リリースされた。

リリースされた直後からSNSでは、
『5年越しの「きみでした」素敵すぎて鳥肌だった…』
『感想文リアルに原稿用紙20枚くらい書ける』
と《#きみでした》をつけた感想が続々投稿され、Twitterのトレンドになるほど盛り上がっている。

今回、新MVの脚本はさくらしめじの田中雅功と、さくらしめじのライブカメラマンとしてお馴染みの鈴木友莉がタッグを組んで担当。
キャストには、さくらしめじと昨年に同じ舞台で共演してから交友のある小西はるが出演。
切なすぎるストーリーと、映像美をスマホ全画面でぜひ堪能して欲しい。

明日プレミア公開前の20:45頃から、さくらしめじ本人もチャットに参加する予定。
また本日から公開までの間には、さくらしめじのSNSでMVのティザーも順次公開予定。
ファンは楽しみにしておこう。

【さくらしめじコメント】
・田中雅功
「きみでした」という楽曲を、またリリースできるというだけでも本当に嬉しいのに、MVまで撮ることができて本当に感動しています。
しかも、初めてMVの脚本にも携わることができて、さくらしめじにとっても、僕にとっても、とても意味のあるリリースだったと思います。
MV自体も、友莉さんにやりたいことをたくさん叶えて貰い、とっっても美しい世界が広がりました。
そして、出演していただいた小西はるさんにはその世界をさらに色鮮やかにしていただいて、本当に感謝してもしきれません。笑
僕達だけじゃない、たくさんの方の技術、世界観、想いが込められたMVです。
絶対に見てください!

・髙田彪我
今回のMVでは、いつもライブ写真などでお世話になっているカメラマンの友莉さんや宮下太輔さん、そして出演してくださった小西はるさんなど、たくさんの方と力を合わせて完成した作品です。「きみでした」という僕達やみなさんの想いが沢山詰まった楽曲だからこそ、こんなに素敵な方々とまた1歩進んだ「きみでした」を制作することが出来てとても嬉しく思っています。ストーリーにも十分こだわりましたが、撮影場所や時間帯、そして映像の表現にもこだわりましたので、ぜひみなさんなりの想いを浮かべながらお楽しみください。

【鈴木友莉(脚本・監督)コメント】
「きみでした」誰しもが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。そこには「改めての気づき」や「後悔」など様々な感情がのっていると思います。
このMVを見終わったときにふと頭の中に浮かぶ人が現れたらいいなと思いました。もしかしたら苦しみや悲しみに包まれるかもしれませんが、それはとても儚く美しいものだと思います。
あの時も今も、変わらない景色、伝えられない歯痒さ、移りゆく気持ち、言葉にしなくても届く思いは半信半疑だからこそ言葉にすることの大切さ、今のしめじとだから完成することができた物語です。


「きみでした Acoustic Version」MUSIC VIDEO
2020年10月16日(金)21:00〜
YouTubeプレミア公開
https://youtu.be/8RStPSLukgY


□■リリース情報■□
さくらしめじ「きみでした Acoustic Version」
2020年10月15日(木)
各配信サイトにて配信中!
https://ssm.lnk.to/Kimideshita_AcousticVer


□■ライブ情報■□
さくらしめじ夜の配信ライブ
「それでも進むから、少しの勇気を。」
配信日時:2020年10月23日(金)
OPEN 20:45 / START 21:00〜(22:15終了予定)
視聴チケット:3,900円(税込)
全席くつろぎグランドシート
※11月1日(日)23:59までアーカイブ視聴可能
https://l-tike.com/sakurashimejiyorushimejidazo/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top