shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 第33回東京国際映画祭にてアニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」舞台挨拶に登壇!

六本木ヒルズ、日比谷エリア他で開催中の第33回東京国際映画祭にて、特別招待作品(※)選出、中川大志声優出演、アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」の上映が11/7(土)に行われた。

同作は、芥川賞作家・田辺聖子氏の名編で、2003年に実写映画化もされた「ジョゼと虎と魚たち」のアニメーション映画化。趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼが、夢を追いかけながらバイトに明け暮れる勤労学生・恒夫との出会いをきっかけに、外の世界に飛び出していくことを決意。瑞々しく真っすぐな純愛の中、互いと自分自身を知って前に進んでいく姿が描かれる。

中川は、大阪の大学に通う4年生、鈴川恒夫の声を担当する。メキシコに生息する魚に魅せられ、海洋生物学を専攻している恒夫は、卒業後に留学するべく、ダイビングショップをはじめいくつものバイトを掛け持ち中。ジョゼと出会い、彼女の祖母からあるバイトを頼まれることになる、という役どころ。

上映前に行なわれた舞台挨拶にて中川は、「僕自身、東京国際映画祭の場に立たせていただくのが初めてなので、すごく光栄で嬉しいです。そして、今日初めて日本でお客様にこの映画を観ていただけるということで、タムラコータロー監督と朝から取材をしていたのですが、ドキドキしています。楽しみです。」と笑顔。

アフレコ収録を振り返り、「鈴川恒夫君は自分と同い年の設定で、素の自分のトーンに近い話し方で、わりとニュートラルにお芝居をさせていただきました。」と話すと共に、ジョセの声を担当した清原果耶さんとの共演について、「清原さんも僕も声優のお仕事を専門にしているわけではないので、不安や分からないことを共有しながらやりました。とにかく清原さんが演じたジョゼは、魅力的でかわいいんです。どんどん惹き込まれていって、自然と気持ちを乗せて演じることができました。」と語った。

注目ポイントについて、「この映画の中の空気感というか温かい世界観や色がすごく優しくて好きです。ジョゼは世界をカラフルに、普段見えないような視点から捉える女の子なのですが、ジョゼが想像する世界や夢の中が出てくるシーンがすごく綺麗な映像でとても感動したので、ぜひ大きなスクリーンで観ていただきたいです。」とPRした。

同作で恒夫とジョゼが様々な場所に移動するところが見どころの1つだが、中川がこの冬行きたい場所は?と聞かれ、「この映画を観て思ったのですが、大阪が舞台なんですね。監督がいろいろとロケハンをして場所を決めていったということで、この映画を観たらふたりが出かけるスポットに行ってみたくなると思います。僕も大阪にお仕事で行くことはありますが、なかなかプライベートでゆっくり遊ぶことがないので、この映画に出てくるスポットに行く“ジョゼ巡り”をしたいです。」と目を輝かせた。

そして最後に、「監督と共にこだわって細かいところまで収録していきました。監督の指示が細かすぎて途中から“前のテイクと何が違うんだろうな”と分からなくなりながら(笑)絶妙なお芝居をしました。思い返せば、自分もそういった気難しいアニメーション監督の役をやったことがあるので(笑)、アニメーション作品の一部になれたこと、この作品に参加できたことが本当に幸せです。この後皆さん楽しんで観てください。感想を楽しみにしています。ありがとうございました。」とメッセージを送った。

アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」は、12/25(金)公開。
ぜひご期待ください!

【物語】
趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。
幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになったところを、大学生の恒夫に助けられる。
海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコにしか生息しない幻の魚の群れをいつかその目で見るという夢を追いかけながら、バイトに明け暮れる勤労学生。
そんな恒夫にジョゼとふたりで暮らす祖母・チヅは、あるバイトを持ち掛ける。
それはジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をすること。
しかしひねくれていて口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たり、恒夫もジョゼに我慢することなく真っすぐにぶつかっていく。
そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていくふたりの心の距離。
その触れ合いの中で、ジョゼは意を決して夢見ていた外の世界へ恒夫と共に飛び出すことを決めるが……。

※特別招待作品
日本公開前の最新作をプレミア上映する特別招待作品は、大作や話題作が揃う華やかな部門。作品ゲストの参加も多数予定しており、会期中に開催されるイベントを大いに盛り上げる。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top