shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

本郷奏多 「GUNPLA EXPO TOKYO 2020 feat. GUNDAM conference」オープニングセレモニーに出席!

本郷奏多が、11/12(木)に行われた「GUNPLA EXPO TOKYO 2020 feat. GUNDAM conference」オープニングセレモニーに出席した。

株式会社 BANDAI SPIRITSは、今年40周年を迎えた「ガンプラ」のファンの皆さまへの感謝として、未来のガンプラ工場「GUNPLA FACTORY NEXUS」をテーマに、ファンの皆さまにこれからのガンプラを感じることができるイベント『GUNPLA EXPO TOKYO 2020 feat. GUNDAM conference』を、新宿住友ビル三角広場にて11/12(木)~11/15(日)に開催する。

本イベントは、未来のガンプラ工場「GUNPLA FACTORY NEXUS」をテーマに、ガ
ンプラ40周年記念アイテムの初展示やさまざまなガンプラ新商品の発表、組み立て体験会などをお楽しみいただけるほか、会場内には1/1スケールのビームサーベルとシールドを展示、巨大スクリーンと合わせた 1/1 スケールガンプラをテーマにしたスペシャルオープニング映像を上映。また、さまざまなガンダム・ガンプラの新情報を解禁するステージも開催する。

この日、本郷が『ガンプラ40周年ビルドアンバサダー』に就任することが発表された。本郷は、日頃からガンプラ好きを公言し、ガンプラの製作にも精通、さらにガンプラが主役のアニメ『ガンダムビルドファイターズ』の声優も務めている。任命状を授与されると、「まずはガンプラ40周年おめでとうございます。40周年という節目の年にビルドアンバサダーという大役をいただいて恐縮しておりますが、大好きなガンプラに関わることが出来て非常に嬉しいです。僕自身もたくさんガンプラを作っていますし、ガンプラを初めてからずっと大好きなので、今回こういう形で任命していただいて非常に嬉しく思います。ガンプラは作るところにたくさんの魅力があると思うので、これからもビルドアンバサダーとして、ガンプラの魅力を発信していけたらいいなと思います。この度はありがとうございました。」と喜びを語った。

その後行われたオープニングセレモニーに登壇した本郷は、「僕自身ガンプラが大好きでずっと作っておりまして、『GUNPLA EXPO』にもプライベートで何度か来たことがあります。なので、今日はこの場に招待していただいて非常に嬉しく思います。今日はよろしくお願いいたします。」と挨拶。

ガンプラとの出会いについて聞かれると、「ガンプラを初めて作ったのは、小学生ぐらいのときにSDガンダムのガンプラを買ってもらったのが最初なので、ガンプラ歴は20年ぐらいになりますが、ガンプラ40周年はすごい歴史だなとあらためて思います。生まれる前から一代ムーヴメントを起こして人気だったコンテンツで、時代とともにどんどん進化するガンプラも楽しくて見ています。ガンプラは常に大好きですし、これから先も大好きだと思います。」と熱く語った。

ガンダムシリーズで好きな作品について、「僕は宇宙世紀作品が好きです。ガンダムを知ったきっかけがガンプラだったのですが、大人たちがガンダムの話をずっとしているのを見て、こんなに皆が夢中になっているコンテンツは絶対面白いはずだと思って、ファースト、Z(ゼータ)、ZZ(ダブルゼータ)と順番を経て見ました。それを踏まえたうえでのUC(ユニコーン)が一番熱いですかね。もうたまらないですよね、過去作品へのリスペクトやらなんやらも含まれていて、あの人もこの人も出るみたいな。UCは全話の台詞をほとんど言えるぐらい、10周20周ぐらいは見ています。4が一番好きです。」と明かした。

この日いち早く「GUNPLA EXPO TOKYO 2020 feat. GUNDAM conference」を楽しんだという本郷は、「まずゲートをくぐると1/1サイズのビームサーベルとシールドがあって、さらに3分ぐらいの大迫力の映像があって、すごく夢中になってしまいました。1/1のビームサーベルがすごくでかくて、こんなの出てきたら怖いなと思いました。」と笑顔。会場内には、各界の著名な方がカラーリングやデザインをした機体を展示する『ガンプラサポーターズ』のコーナーがあり、本郷も参加。「皆さん、すごくオリジナリティがあって素敵でした。僕もシナンジュ・スタインをカラーリングさせていただいて置いてあります。」と語った。

さらに、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のその後を描く、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が、2021/5/7(金)に公開されることが発表され、「大好きな宇宙世紀ものの新規映像作品なので、めちゃめちゃわくわくしています。閃光のハサウェイという作品があることは知っていたのですが、小説版はなかなかハードルが高くて踏み出しづらかったりするので、映像作品でやってくれるのは嬉しいです。ぜひ初日に観にいきたいです。」と笑顔を見せた。

最後に、「今日は非常に楽しかったです。僕は結構ガンプラが好きだと思ってるんですけど、そんなガンプラファンに対してどんどん期待を越える新しいガンプラを作ってくださるのがバンダイさんです。これからも進化していくと思いますし、皆さんにもガンプラに夢中になっていただけたら嬉しいです。ガンプラビルドアンバサダーという役割もいただいたので、これから僕ももっとガンプラの魅力を発信できるようにがんばります。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

「GUNPLA EXPO TOKYO 2020 feat. GUNDAM conference」は、新宿住友ビル三角広場にて11/12(木)~11/15(日)に開催!
ぜひお楽しみください!

■「GUNPLA EXPO TOKYO 2020 feat. GUNDAM conference」公式サイト
https://bandai-hobby.net/gunplaexpo-tokyo2020/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top