shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 映画「さくら」公開記念舞台挨拶!

北村匠海出演映画「さくら」が11/13(金)公開初日を迎え、翌14日(土)新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に北村が登壇した。

同作は、累計60万部を突破する直木賞作家・西加奈子氏の同名小説の映画化で、さくらと名付けられた1匹の犬と、5人の家族、そして彼らにとって大切な人たちの物語。
長男の死にきっかけにバラバラになってしまった家族が悲しみを乗り越え、家族の愛と絆を再び取り戻し、生きていく姿が描かれる。

音信不通だった父が2年ぶりに家に帰ってくる。スーパーのチラシの裏紙に「年末、家に帰ります」と綴られた手紙を受け取った長谷川家の次男・薫は、その年の暮れに実家へと向かった。母のつぼみ、父の昭夫、妹の美貴、愛犬のサクラとひさびさに再会する。けれど兄の一(ハジメ)の姿はない……。薫にとって幼い頃からヒーローのような憧れの存在だったハジメは、2年前のあの日、亡くなった。そしてハジメの死をきっかけに家族はバラバラになり、その灯火はいまにも消えそうだ。その灯火を繋ぎ止めるかのように、薫は幼い頃の記憶を回想する。それは、妹の誕生、サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋……長谷川家の5人とサクラが過ごしたかけがえのない日々、喜怒哀楽の詰まった忘れたくない日々だ。やがて、壊れかけた家族をもう一度つなぐ奇跡のような出来事が、大晦日に訪れようとしていた─。

北村は同作の主人公で長谷川家の次男、長谷川薫を演じている。

上映前に行われた舞台挨拶にて北村は、「間を空けずに皆さんが座って映画を観る場所に舞台挨拶で立つことができて、そして朝からこの作品を選んで観に来てくださって嬉しく思います。今日は最後まで楽しんでください。」と挨拶。

この日は、長男・一を演じた吉沢亮さん、次男の北村、そして末っ子の美貴を演じた小松菜奈が久しぶりに顔を合わせた。北村は、「顔面が強い、濃いです(笑)。当時の撮影の空気感や思い出がよみがえってくる感覚があります。」と笑顔で話した。

薫はストーリーテラーとしての役割もあったが、「観てくださった皆さんも感じてくれているであろう、何とも言えない温かい愛情みたいなものを込められたらというのと、薫を演じる上で主観性と俯瞰性が大事だなと思いました。撮影が終わってからそのまま仮で録ったナレーションは結構感情が出てしまって、音声さんも含め、やりながら泣いてしまいました(笑)。改めて録り直した時は、観てくださる方々の目線に僕もなれるようにと意識しましたし、なにより自分の声が良いと監督がおっしゃってくださったので、そこは自信を持ちながらやりました。個人的には僕の声で眠くなる人がいるんだろうなとは思ったのですが(笑)、改めて映画を振り返って小説のように語れたので楽しかったです。」と振り返った。

同作が年末に薫が実家に帰ってきてから年が明けるまでの数日間を描いていることから、理想の年末年始の過ごし方を聞かれ、「朝まで飲んで、その後に食べるラーメンが一番おいしいですし、明日を気にしなくていいのは、この瞬間しかないかなと。年末は音楽イベントとかに行きたいです。翌日からは這いつくばる毎日(笑)。泥のような生活を送りたいです。」と答えた。

この日は、長谷川家の愛犬・サクラを演じたちえちゃんが登場。北村は、「サクラが長谷川家5人を振り回すじゃないですけど、芝居でも芝居ではないところでもあざとかったりして。芋がないと僕のところに来てくれなかったので、さびしく見ていました。」と苦笑いでエピソードを語った。

そして最後に、「この映画の中で描かれるひとつの家族は、いわゆる普通の幸せというか、笑顔に溢れ、みんなでご飯を囲むという日々が過ぎていく中で、いろいろなことが起こって、愛という形が崩壊してしまうけれど再生していく物語です。きっと家族の形は人それぞれで、皆さんには産んでくれた父・母がいて、僕にもいて、そういう存在を改めて感じることができたり、兄弟、友達、恋人といった身近な存在を改めて感じることができる作品になっているのかなと思います。今日観てくださった皆さんが、そういったことを少しでも思ったり、純粋に映画が面白かったとか、そういうことでもいいので、いつまでもずっと温かいものが胸に残る作品になればと思います。今日は本当にありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「さくら」は現在公開中。
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top