shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中川大志 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」出演決定!

中川大志が2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演することが発表された。

同作は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか、新都鎌倉を舞台に繰り広げられるパワーゲームが、三谷幸喜氏の脚本により描かれる。

平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車は回り始める。
1180年、頼朝は関東武士団を結集し平家に反旗を翻した。北条一門はこの無謀な大博打ばくちに乗った。
頼朝第一の側近となった義時は決死の政治工作を行い、遂には平家一門を打ち破る。
幕府を開き将軍となった頼朝。だがその絶頂のとき、彼は謎の死を遂げた。偉大な父を超えようともがき苦しむ二代将軍・頼家。“飾り”に徹して命をつなごうとする三代将軍・実朝。将軍の首は義時と御家人たちの間のパワーゲームの中で挿すげ替えられていく。
義時は、二人の将軍の叔父として懸命に幕府の舵かじを取る。源氏の正統が途絶えたとき、北条氏は幕府の頂点にいた。都では後鳥羽上皇が義時討伐の兵を挙げる。武家政権の命運を賭け、義時は最後の決戦に挑んだ──。

中川は、武士の鑑と言われた鎌倉幕府の誇る若武者・畠山重忠を演じる。

出演にあたり中川は、「畠山重忠と名前を聞いてもあまりピンと来ず、馴染みのない武将だったので、初めて知ることばかりで、楽しく勉強しています。知勇兼備で武士の鑑とも呼ばれた男ということで、大河ドラマであまり戦に参加したことのない僕は、ようやく戦えるのか!とワクワクしています……。そのあたりの準備もしっかりとしていきたいです。」とコメント。

大河ドラマには4度目の出演となるが、「大河ドラマという場所に、初めて立たせていただいたのは中学1年生のときでした。着物を着て、カツラをかぶり、スタジオに初めて入ったときの緊張、匂い、温度、今でも鮮明に思い出せます。それからたくさんの、忘れられない特別な瞬間を大河ドラマという世界の中で過ごさせていただきました。俳優としての僕の血となり肉となり、なにより骨になっていると思います。」と語った。

また、三谷幸喜作品への出演について、「『真田丸』を終えた後に、現場ではほとんどお会いできなかった三谷さんと、少しだけお電話でお話する機会があり、その時に「またいつかご一緒したいです」と想いを伝えさせていただき、自分自身も、また戻ってきたい、その為にもっと大きくなろうと、決意しました。三谷さんの作品で、大河ドラマにまた立てること、何よりうれしいです。身が引き締まります。」と話すと共に、「いつかご一緒したいと憧れ続けた方々ばかりで、高揚しています。豪華な先輩方の芝居を特等席で受け取れることが何より楽しみで、今から緊張してしまいます。」と期待を寄せた。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は2022年1月より放送予定。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top