shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 映画「天外者」完成披露舞台挨拶!

森川葵出演映画「天外者」完成披露舞台挨拶が、11/30(月)TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、監督・キャストとともに森川が登壇した。

激動の幕末から明治初期、日本の未来のために駆け抜けた男がいた ——
五代友厚(ごだいともあつ)武士の魂と商人の才を持つこの男、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都大阪の基礎を作り上げた。東の渋沢栄一、西の五代友厚とも評される功績を挙げながらも、長らく歴史に埋もれていた。近年、多くの人の研究により、その真価が再認識される。「名もいらぬ、実もいらぬ、ただ未来のために」とひたすら大いなる目標に向かったその志と熱い思いが、時代を超えて今、解き放たれる。混沌と不安の時代に問う、新たなる青春群像劇が誕生した。

江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き二人の青年武士が全速力で駆け抜ける ——
五代才助(後の友厚、三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。二人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見据える二人の人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷か、開国かー。五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志を共にするのであった ——

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した森川は、女性から見た五代の魅力について、「自分のためにではなく、人や国のために率先して道を切り開く姿です。なかなか人のために生きるって難しいと思うので、素敵だなと思いました。」とコメント。

三浦春馬さんとの共演を振り返り、「私は春馬さんとの2人きりのシーンばかりだったのですが、毎回お芝居をするたびに、“今の芝居すごい良かったよ”と必ず一言をかけてくださいました。なかなか人にそういう言葉を掛けるのは難しいと思うんです。だからその言葉で“次のシーンも頑張ろう”と思えました。最後のシーンはいろいろあるので、私は4日間ぐらい食べるのを辞めていて、春馬さんに“実は食べていなくて…”とポロっと言ったら、“その意識がすごいよ”と言ってくださったり、本当に一言一言が優しかったです。私もこれからは人に対して、恥ずかしいから言わないとかではなくて、春馬さんを見習って、思ったことがあったら伝えていこうと思いました。」と明かした。

映画「天外者」は、12/11(金)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top