shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

松雪泰子 M&Oplaysプロデュース「そして春になった」開幕!

松雪泰子出演、M&Oplaysプロデュース「そして春になった」が12/8(火)本多劇場にて開幕した。

同作は、人間の内部で無意識に動く感情を説明的なせりふを排し、物語の核を隠しながらもリアルに生々しく描き出すことに定評のある劇作家であり演出家、岩松 了さん待望の新作。
ある映画監督の妻である女性と、その監督の愛人であった女優という、かつて一人の男をめぐって憎みあったが時を経て、共感とも友情ともとれる感情を抱くようになった二人の女による、ダイアローグのような朗読劇のような、モノローグで築かれる回想ドラマで、松雪、ソニンさん、瀧内公美さん、片桐はいりが2組にわかれ、それぞれの「そして春になった」を創り上げる。

映画監督の別荘は別荘地の林の中にあった。別荘の窓からは湖が見え、その岸辺には一本の木が立っている。 監督の妻(松雪泰子/片桐はいり)と愛人であった女優(ソニンさん/瀧内公美さん)は、かつてこの別荘で互いを憎しみ の目線でうかがいあったこともあった。いや、それは若い新しい愛人が監督につきっきりになった今でも憎し みの残骸となって二人に纏わりついてはいたのである。しかし、ある日、ある出来事がきっかけで二人の関係 が変化していく……。

開幕に際し松雪は、「岩松さんワールド全開の中、新しいアプローチでお贈りする演劇ができました。岩松さんの書く言葉は詩的で美しく、でも生々しくてすごく人間的です。感情のエネルギーがとてつもなく、俳優としてはそれがやりがいになり、どうしたらこの山を越えられるんだろうと、必死に脚本と演出にかじりついています。 初共演となるソニンさんは、すごく多彩な魅力と才能を持っている方という印象があり、ご一緒できるのが楽しみでした。パワーあふれる俳優さんで、お稽古自体は短かったですが、とても濃密な時間を過ごせました。朗読とも演劇とも違うものになりましたが、脚本を持たずお芝居としてやりたいと思うくらい素敵な作品です。多くの方にご覧いただき、どう感じていただけるか、どう受け取っていただけるかとても楽しみです。新しいものを体験しに、ぜひ本多劇場へ足を運んでいただけると嬉しいです。私たちも全力で頑張ります。」とコメントを寄せた。

M&Oplaysプロデュース「そして春になった」は、12/13(日)まで東京・本多劇場にて上演。
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top