shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 「映画 えんとつ町のプペル」初日舞台挨拶!

窪田正孝声優出演、「映画 えんとつ町のプペル」が12/25(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木で行われた舞台挨拶に窪田が登壇した。

同作は、厚い煙に覆われ、空を知らない“えんとつ町”を舞台に、星を信じ続けるえんとつ掃除屋の少年・ルビッチとゴミから生まれたゴミ人間・プペルの物語を描いた絵本「えんとつ町のプぺル」の映画化。原作者のキングコング西野亮廣さんが自ら製作総指揮・脚本を手がけ、絵本では描かれなかったえんとつ町の“本当の物語”を描き出す。
アニメーション制作は圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃。設定開発にとことんこだわり、町の創設からエネルギー構造までを再構築し、ファンタジックな町並みと魅力的なキャラクターを立体的に映像化する。

厚い煙に覆われた“えんとつ町”。煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしなかった。一年前、この町でただ一人、紙芝居に託して“星”を語っていたブルーノが突然消えてしまい、人々は海の怪物に食べられてしまったと噂した。ブルーノの息子・ルビッチは、学校を辞めてえんとつ掃除屋として家計を助ける。しかしその後も父の教えを守り“星”を信じ続けていたルビッチは町のみんなに嘘つきと後ろ指をさされ、ひとりぼっちになってしまう。そしてハロウィンの夜、彼の前に奇跡が起きた。ゴミから生まれたゴミ人間・プペルが現れ、のけもの同士、二人は友達となる。そんなある日、巨大なゴミの怪物が海から浮かび上がる。それは父の紙芝居に出てきた、閉ざされたこの世界には存在しないはずの“船”だった。父の話に確信を得たルビッチは、プペルと「星を見つけに行こう」と決意する。しかしこの町の治安を守る異端審問官が二人の計画を阻止するために立ちはだかる。それでも父を信じて、互いを信じあって飛び出した二人が、大冒険の先に見た、えんとつ町に隠された驚きの秘密とは?

窪田は、ゴミから生まれたゴミ人間・プペルの声を担当している。

上映前に行なわれた舞台挨拶にて窪田は、「今日という日を楽しみにしていました。短い時間ですがよろしくお願いします。」と挨拶。

本日0時に開催された最速上映会での上映終了後にスタンディングオベーションが起こっていたという話題があがり、窪田は笑みを浮かべながら、「先ほど西野さんに“あれはこうなんですか?、どうなっているんですか?”といろいろ聞いていて、それだけでもワクワクしましたし、何回でも観ることができる作品だと思いました。そして何より(ルビッチの声の芦田)愛菜ちゃんが素晴らしすぎて、僕は頭があがりません!本当に素晴らしかったです。」と絶賛した。

プペルを演じるにあたり、「西野さんと最初に打ち合わせをさせていただいて、“お爺ちゃんみたい”とか“子どもっぽい”とか、“人間”って名前についているけどゴミだしとか、人じゃないから声にしたらいけないのか、といった大きな的からやっていきました。プペルは愛菜ちゃん演じるルビッチの影響を受けて形成されていくので、僕にとっての監督というか導いていただいたのは西野さん、廣田裕介監督、そして愛菜ちゃんの3人です。」と話した。

その後、ルビッチとプペルが星が見たいという夢に向かって冒険に出るストーリーであることから、2021年チャレンジしたいことをフリップに書いて発表することに。窪田は『キャンプ』と書き、「周りにキャンパーが増えていまして…。この前、音尾琢真さんとご一緒させていただいたのですが、キャンプの話で盛り上がりました。あとは、ひとりキャンプの動画を観たりしています。サバイバルに強くなって自然の中でも生きられる能力を身に付けたいのと、温かいお茶を飲みながらキレイな星を見たいなと思っています。」と願望を語った。

そして最後に、「2020年は誰も予期せぬ事態で、この作品で煙が町を覆っているように、思考がネガティブになったり、人との距離ができてしまった年だったなと。ルビッチが言う“信じる力”って本当にすごいと思っていて、皆さんが信じたいと思ったことは絶対いつか実ると思います。「映画 えんとつ町のプペル」は、信じれば絶対に叶うんだと背中を押してくれる、2020年の集大成にふさわしい作品だと思うのでたくさんの方に観ていただきたいです。今日は本当にありがとうございました。」と話し、舞台挨拶を締めくくった。

「映画 えんとつ町のプペル」は、絶賛公開中。
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top