shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

板垣瑞生 映画「胸が鳴るのは君のせい」出演決定!

板垣瑞生が、6月4日(金)全国公開の映画「胸が鳴るのは君のせい」に出演することが発表された。

累計発行部数250万部突破の名作少女コミック「胸が鳴るのは君のせい」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)が遂に映画化!
物語の主人公・転校生の有馬隼人(浮所飛貴さん[美 少年/ジャニーズ Jr.])と、有馬を想い続ける篠原つかさ(白石聖さん)が繰り広げる、親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリーは、瞬く間に読者の心を掴み、人気を獲得。

そして、この度、本作の追加キャストが解禁!
板垣が、主人公・有馬の中学時代の同級生であり、いつも女子に囲まれているモデル風イケメン・長谷部泰広を演じる。最初は面白半分でつかさを茶化していたが、有馬を一途に想い続けるつかさの姿に徐々に惹かれていくという役どころ。つかさに対するまさかの恋心にもどかしい想いを抱える長谷部と、つかさを気に掛ける有馬との間でバトルが勃発!?原作でも人気のキャラクターを、感情豊かに繊細に描き出す。
さらに、泰広のいとこであり有馬の元カノ、お嬢様女子高に通う美少女・長谷部麻友を原菜乃華さんが演じる。有馬の転校を機に別れてしまったが、いとこの泰広が有馬と同じ高校と知ったことで有馬に対する思いが再燃してしまう麻友。同じく有馬に思いを寄せるつかさと、有馬を巡ってバチバチな関係に!?

板垣は、同作出演について、「長谷部はいじわるでチャラくて一見嫌な男にみられがちですが、心に抱えた闇、明るさ、チャーミングさ、素直さ、多面的な魅力があります。普段はチャラいのにいざ正面から向き合った時のピュアさは長谷部のかわいいところだと思いますし、真正面から生きられない長谷部の“弱さ”みたいなことも観て下さる方々に伝わったらいいなと思います。恋愛青春映画なので、キュンとするようなシーンがたくさん詰まっていますが、それと同時に、高校生のリアルな部分だったり、人を好きになることやその辛さもちゃんと描かれている作品です。ストーリーを楽しんいただくのは勿論、ぜひ、我らが座長の浮所飛貴を映画館に観に行ってください。本当にかっこよくてすてきなので、ぜひよろしくお願いします!」とコメントを寄せた。

映画「胸が鳴るのは君のせい」は、6月4日(金)全国ロードショー!
片思いから始まるたった一度しかない高校最後の一年間。それぞれの思いを抱える4人が繰り広げる四角関係!?まぶしくもほろ苦い青春の1ページに是非ご期待ください!


▼映画「胸が鳴るのは君のせい」公式HP
https://munekimi-movie.com/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top