shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「CUBE」出演決定!

岡田将生が、10月公開の映画「CUBE」に出演することが発表された。

同作は、密室サスペンスの先駆けとして、世界中でカルト的人気を誇るヴィンチェンゾ・ナタリ監督による「CUBE」(1997年)をヴィンチェンゾ・ナタリ初の公認リメイクとして公開。
撮影は昨年の10月~11月に都内で行われ、謎の立方体CUBEの1セット、メイン出演者は6人のみ、全員お揃いの囚人服のような衣装と…オリジナルの「CUBE」へのリスペクトあるものとなった。

突然閉じ込められた男女6人。エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員…彼らには何の接点もつながりもない。理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。
体力と精神力の限界、極度の緊張と恐怖と不安、そして徐々に表れていく人間の本性…終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。果たして彼らは無事に脱出することはできるのか?!

岡田は6人のひとりで、フリーターの越智真司を演じる。

撮影を振り返り岡田は、「ほんとに楽しかったです。
こんな素敵な方々と一緒に映画を作れて幸せでした。
CUBEの空間は異様で、あのセットも僕たち同様にキャストでした。色々な想像をさせてくれてお芝居の手助けをたくさんいただきました。クランクアップをした時は本当に脱出した感覚でしたし、この映画を見てくれる方も映画館から脱出する感覚で見てもらえる作品なのではと思います。」とコメントを寄せた。

この度、ディザービジュアルが解禁。赤く染まったCUBEの中にトラップの一つである針、そこにお揃いで履いているブーツが刺さっており、これが一体何を表すのか謎を呼ぶ、刺激的なものになっている。CUBEが赤く染まる時は、誰かの殺意を感知する時…同じく解禁になったキャラビジュアルにもそれぞれのキャラクターに合った色が使用されており、今後要注目だ。

映画「CUBE」は、10/22(金)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top