shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

坂井真紀 映画「痛くない死に方」完成披露舞台挨拶!

坂井真紀出演映画「痛くない死に方」の完成披露舞台挨拶が、2/2(火)渋谷ユーロライブにて行われた。

同作は、在宅医療スペシャリスト・長尾和宏のベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」を原作に、高橋伴明監督がメガホンをとり映画化。日々仕事に追われ、家庭崩壊の危機に陥っている在宅医・河田仁(柄本佑)が、大病院でなく在宅医だからこそできる医療を模索し、人と向き合うことを実践していく成長物語が描かれる。

上映後に行われた舞台挨拶で坂井は、「今日はありがとうございます。私も佑君と同じように伴明さんの映画に出られて、とても嬉しく思います。また、大好きな役者さんの中に今立てていることがすごく嬉しいです。よろしくお願いします。」と挨拶。

末期がん患者を父に持つ井上智美を演じ、「他人事ではないシチュエーションですので、智美と同じような気持ちでおりました。」と話した。

MCから、自身が映っているシーンと映っていないシーンでは泣き方に変化を付けていたという現場のエピソードを振られると、「集中して毎日を重ねていたので、時を重ねた部分がどうなっているのかなというのが自分の中でありまして、今まで持っていた感情を全部出し切りたいなと思ったんです。きっと涙も枯れているんだろうなと、そういう風に思って(泣き方に変化を付けて)やっていました。」と明かした。

映画「痛くない死に方」は、2/20(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。
ぜひご覧ください。

【STORY】
在宅医療に従事する河田仁(柄本佑)は、日々仕事に追われる毎日で、家庭崩壊の危機に陥っている。そんな時、末期の肺がん患者である井上敏夫(下元史朗)に出会う。敏夫の娘の智美(坂井真紀)の意向で痛みを伴いながらも延命治療を続ける入院ではなく“痛くない在宅医”を選択したとのこと。しかし、河田は電話での対応に終始してしまい、結局、敏夫は苦しみ続けてそのまま死んでしまう。「痛くない在宅医」を選んだはずなのに、結局「痛い在宅医」になってしまった。それなら病院にいさせた方が良かったのか、病院から自宅に連れ戻した自分が殺したことになるのかと、智美は河田を前に自分を責める。在宅医の先輩である長野浩平(奥田瑛二)に相談すると、病院からのカルテでなく本人を見て、肺がんよりも肺気腫を疑い処置すべきだったと指摘される河田。結局、自分の最終的な診断ミスにより、敏夫は不本意にも苦しみ続け息絶えるしかなかったのかと、河田は悔恨の念に苛まれる。
長野の元で在宅医としての治療現場を見学させてもらい、在宅医としてあるべき姿を模索することにする河田。大病院の専門医と在宅医の決定的な違いは何か、長野から学んでゆく。2年後、河田は、末期の肝臓がん患者である本多彰(宇崎竜童)を担当することになる。以前とは全く違う患者との向き合い方をする河田。ジョークと川柳が好きで、末期がんの患者とは思えないほど明るい本多と、同じくいつも明るい本多の妻・しぐれ(大谷直子)と共に、果たして、「痛くない死に方」は実践できるのか。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top