shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」完成報告会!

山﨑賢人主演映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」の完成報告会が2/13(土)イイノホールで行われ、清原果耶さん、藤木直人さん、三木孝浩監督と共に山﨑が登壇した。

同作は、1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される伝説的なSF小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)を初実写映画化。舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語として描かれる。

将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京――。宗一郎は、研究もピートも、すべてを失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知る。愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボットの力を借り、未来を変えるために動き出す。璃子を絶対救うという、信念とともに。

山﨑は、孤独な科学者・高倉宗一郎を演じる。騙され奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を30年の年月を超えて取り戻しにいく。

イベントに登壇した山﨑は、「本日は完成報告会にお越しいただきありがとうございます。『夏への扉』というタイトルだけではどういう話なのか分からないかもしれませんが、SFで、恋愛もあり、バディも友情もあります。1995年と2025年という時代を描いていて、どんな世代の人にも楽しんでいただける作品になっていますので、今日はその魅力を伝えられるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

オファーをいただいたときの心境について、「最初に『夏への扉』というタイトルを聞いたとき、“どういうこと?季節に扉ってあるの?”と思ったのですが、SFだと聞いてすごく楽しみにしていました。また、デビュー映画以来、三木さんとご一緒できるというのと、とても信頼できるチームの皆さんと映画が作れるということで、ワクワクする要素がたくさんありました。」と語った。

同作では宗一郎と璃子の時を超えた純愛が描かれるが、「久々にピュアな恋愛ものをやらせていただいて、撮影中もそうでしたが、完成した作品を観て、ちょっと恥ずかしかったです(笑)。ピュアな恋愛ものを結構やってきたはずなのに、いい意味で恥ずかしいという気持ちになるのは久々の感覚でした。家族としての愛、恋人としての愛、友達としての愛とかいろいろとあると思うのですが、どんな形であれ、ずっと愛が続いていくという、宗一郎と璃子の関係性がすごく素敵だなと思いました。」と明かした。

宗一郎の愛猫ピートとの撮影エピソードを聞かれると、「現場に猫がいるだけですごく癒されました。猫にちゃんとお芝居をしてもらえるように皆で協力し合う感じも楽しかったです。初めてお芝居と同時に、猫のエサを持って引き付けながら“お~来てくれた!”みたいなこともやっていたので、我ながら器用なことをやっていたなと思います(笑)。」と笑顔を見せた。

改めて『夏への扉』というタイトルについては、「“冬に夏への扉を探す”というのは、どんなに逆境でも進み続けるという素敵な意味があるなと思っていて、自分も共感ができるのですごく好きなタイトルです。」とコメント。また『夏への扉』が“諦めないこと”の象徴として描かれていることにちなみ、“諦めないと決めていること”を聞かれ、「どんな状況でもOKが出るまで諦めない(笑)。自分が100%出来たと思ってもOKにならないことがあったときはくじけそうになるんですけど、そこは総合芸術だと考えて諦めないという信念を持ってやっています。」と明かした。

最後に、「この作品にはいろいろな愛が詰まっています。監督から最初にレトロでチャーミングなみんなに愛されるような映画ができたらいいねと言われましたが、本当にそんな映画になっていると思います。公開は延期になってしまいましたが、タイトルと同じように、いい扉を開けて公開ができる日を楽しみにしていてくださったら嬉しいです。ありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」は近日公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top