shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

青木崇高 ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」出演決定!

青木崇高が、3/30(火)放送予定のドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」(カンテレ・フジテレビ系)に出演することが発表された。

同作は、2018年にカンテレ・フジテレビ系で放送した連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の3年ぶりの続編。謎の無線機が“現在”と“過去”の二人の刑事を繋ぎ、さまざまな未解決事件を解決していくヒューマンサスペンスだ。

物語は、2018年に大山(北村一輝)が死を回避したことで、過去が変ったことを知った健人(坂口健太郎)と美咲(吉瀬美智子)が、大山の入院している病院へ向かうところからはじまる。しかし、そこに大山の姿はなかった。大山の身に一体何が起こったのか。健人と美咲が改めて事件を調べると、大山は中本警視庁管理官(渡部篤郎)殺害の容疑者として指名手配されていた。そして2020年、「20年前に死んだはずの婚約者が、生きているんです」と、カメラマン・武田寿士(古川雄輝)が、未解決班に最愛の恋人・上杉胡桃(桜井ユキ)の捜索願いを出したことを発端に、新たな未解決事件と大山の謎が動き出すー。

原作の中でも珠玉のエピソードである同作で青木は、元警察官で建設会社社長・石川匠を演じる。警察官時代に警察上層部と関わるなど、重要な過去を持つ男で、現在は、警察の権力をバックに好き勝手に生きており、健人と対峙する悪の存在、という役どころ。

自身の役について青木は、「「かなり難しい」と思いました。今回の日本版は、原作の韓国ドラマに無いオリジナルの設定が加わっています。重要な過去の秘密もあります。プロデューサーや監督とは、石川がその過去の秘密とどう向き合っているかをたくさんお話しさせていただきました。健人(坂口健太郎)達が悪を追い詰めるための原動力にならないといけないのですが、都合の良い悪者に立ち回りたくはない。石川の考えや哲学が滲み出るようなキャラクターにしたいと思いました。」とコメント。

撮影を振り返り、「『シグナル』は無線機が現在と過去をつなぐドラマですので、自分も現在と過去の石川を演じることになります。石川がどうやって現在の彼になったのかということは、物語の中で重要だと思うので、僕なりに考え、いろいろと提案させていただきました。監督がそれを受け入れてくださったのは、すごくありがたかったです。」と話した。

また、坂口さん演じる健人と対峙するシーンについて、「一対一のバチバチとした対決を期待されるかもしれませんが、石川にとっては、自分を転覆させようとする脅威は日常的なことなのかもしれません。弱みを見せることなく、順風満帆な毎日を過ごしている。だから健人に対してはちょっと赤子の手を捻るくらいにしか思っていない。“脅威を余裕でかわし、なかなか追い詰められない悪”っていう存在が石川じゃないかなと思います。」と言及。

最後に、「組織によっては黒幕がいることがあるかもしれませんが、真実が悪を暴きだすというような世の中であってほしいと思います。こんな役を演じていましたけど(笑)。だからこそ思うのかもしれません。」と思いを語った。

ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」は、3/30(火)21:30~カンテレ・フジテレビ系にて放送予定。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top