shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中島広稀 映画「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」生配信トークイベント!

中島広稀出演映画「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」の生配信トークイベントが3/15(月)都内で行われ、監督・キャストと共に中島が出演した。

同作は、目的を忘れ、全く知らない相手と毎日戦争をしている町を舞台に、そんな日々をなんの疑問もなくやりすごす一人の兵隊と、周囲の人々の暮らしが変化していく様を淡々と、ユーモアたっぷりに描き上げた作品。

町境である一本の川を挟んで「朝9時から夕方5時まで」規則正しく戦争をしている二つの町。川の向こうの太原町をよく知るひとはいない。だけど、とてもコワイらしい。そんな津平町に暮らす真面目な兵隊・露木がある日突然言い渡されたのは、音楽隊への人事異動?!明日からどこへ出勤すればいいのやら…。そんな中、偶然出会った向こう岸の音楽に、露木は少しずつ心を惹かれていく。一方、町では「新部隊と新兵器がやってくる」噂が広がっていて̶̶。

中島は、新入りの兵隊・三戸を演じる。

この日のイベントは、同作の主人公・露木を演じる前原滉さん、メガホンをとった池田暁監督がMCを務め、キャスト陣が3チームに分かれて登壇。中島は、平一役の清水尚弥さん、煮物屋店主・板橋役の嶋田久作さんと共にステージに登場し、撮影当初を振り返り、「煮物屋のシーンのリハーサルをした時に、役者同士、どういう出方をするかというのと、池田監督の演出とでちょっとフワフワしながら探り探りやっていました。でも、クランクインして現場に入った時に、ピタッとはまった感じがして、すごく胸が熱くなったのと踊ったような気持ちになったのを憶えています。」とコメント。

嶋田さんをはじめとする先輩方との共演について、「お芝居を見ていて、僕が考えていた枠を超えてきてはいるのですが超えていないというか…」と話すと前原さんが大きくうなずきながら“監督の世界観に収まっているけど、自分たちよりも遥に広いところで演じられている”、清水さんも“探っている範囲が違う”と同調した。

その後、同作の注目ポイントを聞かれ、「食堂のシーンで(定食屋の店主・城子役の)片桐はいりさんがご飯をよそう場面があるのですが、よそうタイミングやご飯を受け取る間が絶妙ですごく好きです。」と笑顔で話した。

映画「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」は、3/26(金)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー。
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top