shadow

prev

next

ニュースNEWS

AWARD

奥平大兼 「第44回日本アカデミー賞」授賞式に出席!

奥平大兼が、「第44回日本アカデミー賞」新人俳優賞受賞し、3/19(金)に行われた授賞式に出席した。

日本アカデミー賞は1978年(昭和53年)から毎年催されている日本の映画賞で、日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のため設けられた。第44回目を迎える今回は、2019/12/16~2020/12/31までに公開された映画が選考の対象で、賞の選出は日本アカデミー賞協会会員の投票によって行われる。

今回奥平は、映画「MOTHER マザー」(2020年7月公開)の演技を受けて賞が贈られた。同作は、大森立嗣監督による、母と息子、ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作。男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきた秋子(長澤まさみさん)。シングルマザーの彼女は、息子の周平(奥平)に奇妙な執着を見せ、忠実であることを強いる。そんな母からの歪んだ愛の形しか知らず、翻弄されながらも応えようとする周平。彼の小さな世界には、こんな母親しか頼るものはなかった。やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子の間に生まれた“絆”。それは17歳に成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせる…。何が周平を追い込んだのか?彼が罪を犯してまで守ろうとしたものとは——?事件の真相に迫るとき、少年の“告白”に涙する。

授賞式にて奥平は、「この現場で初めて演技をさせていただき、演技の楽しさというものを教えてもらいました。僕にとって大事なデビュー作品で共演してくださった長澤まさみさんと、こういう舞台に一緒に立てるのはすごく光栄で有難いことだと思っています。この賞に満足することなく、またこの場に戻ってこられるように頑張りたいと思います。」と喜びを語った。

映画「MOTHER マザー」は、NETFLIXにて全世界190か国で配信中!
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top