shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

泉里香 映画「まともじゃないのは君も一緒」公開記念舞台挨拶!

泉里香出演映画「まともじゃないのは君も一緒」公開記念舞台挨拶が、3/20(土)TOHOシネマズ六本木で行われ、監督・共演者とともに泉が登壇した。

同作の監督、脚本は『婚前特急』『わたしのハワイの歩きかた』でタッグを組んできた前田弘二×高田亮。作品全体を優しい雰囲気で包みながらも、日常の中での人と人のコミュニケーションのすれ違いや距離感のズレ、不器用さを、毒気とコミカルさを交えて描くオリジナルストーリー。普通に結婚したいけど、世の“普通”と大きくズレてる<普通が分からない男>大野。恋愛初心者のくせにSNSなどで得た情報で“普通”に溶け込む<普通を知ったかぶる女>香住。大野が何もしらないことをいいことに、言いたい放題、やりたい放題の香住。「女の人と付き合えるようになる練習」と言って、自分の恋敵に大野を接近させることで、物語は、おかしな方向へ進んでいく。

泉は、香住が想いを寄せる玩具メーカー社長の宮本の婚約者・美奈子を演じる。

上映後の舞台挨拶に登壇した泉は、「こんなに素晴らしい作品に携わることが出来て、本当に嬉しく思っています。こうやって公開の日が迎えられてすごく嬉しいです。」とコメント。

成田凌さんとの共演の感想を問われると、「私はこの作品に後から(撮影)参加だったのですが、引っ張っていただいて楽しい撮影でした。」と笑顔で振り返った。

新年度を迎えるにあたって、今年やってみたいことを聞かれると、「私は野菜にハマっていて、最近種とか土に凝って家庭菜園をしたいなと思っています。今ちょっと始めていて、ベビーリーフとか育てています。昔からやってみたいという興味はあったので、家にいる時間が増えてきて、新しいことを始めたいなということで始めました。そういうところで何か楽しさを見つけられたらと思っています。」と明かした。

映画「まともじゃないのは君も一緒」は、全国公開中!
ぜひご覧ください!

【ストーリー】
外見は良いが、数学一筋で<コミュニケーション能力ゼロ>の予備校講師・大野(成田凌さん)。彼は普通の結婚を夢見るが、普通がなんだかわからない。その前に現れたのが、自分は恋愛上級者と思い込む、実は<恋愛経験ゼロ>の香住(清原果耶さん)。全く気が合わない二人だったが、共通点はどちらも恋愛力ゼロで、どこか普通じゃない、というところ。そして香住は普通の恋愛に憧れる大野に「もうちょっと普通に会話できたらモテるよ」と、あれやこれやと恋愛指南をすることに。香住の思いつきのアドバイスを、大野は信じて行動する。香住はその姿に、ある作戦を思いつく。大野を利用して、憧れの存在である宮本(小泉孝太郎さん)の婚約者・美奈子(泉里香)にアプローチさせ、破局させようというのだ。絶対にうまくいくはずがないと思っていたが、予想に反して、少しずつ成長し普通の会話ができるようになっていく大野の姿に、不思議な感情を抱く香住。ある時、マイペースにことを進める大野と衝突した香住は「もうやめよう」と言い出す。すると大野は「今変わらないと、一生変われない。僕には君が必要なんだ!」と香住に素直な気持ちを伝える。
初めて誰かに必要とされた香住は、そんな大野の言葉に驚き、何か心に響くものがあり、
初めての感情に「これって何!?」と悩み始める。
二人の心がかすかに揺らぎ始めた時、事態は思わぬ方向へと動き出す。二人が見つけた《普通》の答えとは?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top