shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 映画「決戦は日曜日」主演決定!

窪田正孝が2022年公開予定の映画「決戦は日曜日」で主演を務めることが発表された。

同作は、選挙活動をコミカル&シニカルに描いた、笑っている場合・・・じゃないかもしれない社会派コメディ。『東京ウィンドオーケストラ』、『ピンカートンに会いにいく』等、オリジナル脚本で次々コメディ作品を世に発表してきた坂下雄一郎氏が、脚本・監督を務める。

とある地方都市。谷村勉は、この地に強い地盤を持ち当選を続ける衆議院議員・川島昌平の事務所で私設秘書として働いている。秘書として中堅になり、川島の完璧な“サポートをするだけ”のこの仕事に満足していた。ところがある日、川島が病に倒れてしまう。そんなタイミングで衆議院が解散。次の選挙に川島の地盤を引き継ぎ、選挙に出る人間として白羽の矢が立ったのは、川島の娘・有美。自由奔放、世間知らず。だけど謎の熱意だけはある有美に振り回される秘書たち。でもまあ、父・川島の地盤は盤石。よほどのことがない限り当選は確実・・・だったのだが――

窪田は、そつなく仕事をこなすが政治への熱意は今やない、衆議院議員・川島昌平の私設秘書・谷村勉を演じる。

自身が演じる役柄について窪田は、「谷村は何でも卒なくこなす事ができるけど、何かが欠けていてどこか屈折しています。
そこが魅力的で演じる楽しみを感じてました。
この仕事なんてこんなもんだとあきらめてる谷村も、有美と出会い少しずつ成長していき、忘れかけていた正義感に変化が起きます。」とコメント。

共演の宮沢りえさんについて、「有美役の宮沢りえさんとは今作が初でしたが、一緒に芝居するのが本当に刺激的で毎日現場に行くのが楽しみでした。
こんなりえさんを今まで誰も見た事がないのではないでしょうか。笑」と話した。

そして、「坂下監督とは、いつかご一緒させていただきたいと思ってたのでとても幸せです。
監督の描く人の醜さ、谷村の視点から見る景色が滑稽すぎて笑いが止まりませんでした。
ぜひ劇場にて坂下ワールドにどっぷり浸かってほしいと思います。」とメッセージを送った。

映画「決戦は日曜日」は、2022年公開予定。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top