shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

板垣瑞生 映画「胸が鳴るのは君のせい」完成報告イベント!

板垣瑞生出演映画「胸が鳴るのは君のせい」の完成報告イベントが4/29(木)に行われ、監督・キャストと共に板垣が登壇した。

同作は、累計発行部数250万部を突破する名作コミック「胸が鳴るのは君のせい」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)原作が遂に映画化!6月4日(金)より全国公開となる。
物語の主人公・転校生の有馬隼人(浮所飛貴さん[美 少年/ジャニーズ Jr.])と、有馬を想い続ける篠原つかさ(白石聖さん)が繰り広げる、親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。

板垣は、主人公・有馬の中学時代の同級生であり、いつも女子に囲まれているモデル風イケメン・長谷部泰広を演じる。最初は面白半分でつかさを茶化していたが、有馬を一途に想い続けるつかさの姿に徐々に惹かれていくという役どころ。

完成報告イベントに登壇した板垣は、「こんにちは、板垣瑞生です。僕の中でも本当に大好きな映画になったので、日本中の皆さんの胸を鳴らしに行きたいと思います!宜しくお願いします。」と挨拶。

同世代のキャストが集まった現場で、流行ったことや撮影の合間にやっていたことを聞かれると、「たわいもない話をしていました。そのくらい学校生活でした。なにかしなきゃとかじゃなくて、本当に一生徒として話していた感じですね。」と振り返った。

お互いに“うっきー”、“みっきー”と呼び合う仲になったという、主演の浮所さんについて、「うっきーにしかできない座長だったと思います。うっきーが全員に対して『仲良くなりましょう!楽しんでいきましょう!』とやってくれたから、現場もみんな盛り上がったんだと思います。」とコメント。

完成した作品について、「たくさんキュンキュンさせてもらいました。恋愛とか人間の複雑なところがしっかり描かれていたのですごく勇気も貰えるし、ちゃんと考えさせられる映画だったので、素敵だなと思いました。」と感想を語った。

事前にSNSで募集をしていた質問コーナーも行われ、『出演者のみなさんは、何のせいで胸が高鳴ることがありますか?』との質問に、「最近すごくはまっているものがありまして、ハンバーガーにはまっているんです。ハンバーガーの漫画があるんですけど、その漫画を読むときが一番胸が高鳴っている瞬間ですかね。食べるのも好きで、同じハンバーガーをアレンジしたりして、色んな味を試しています。」と力説。

また、キャストそれぞれが選んだ“胸が鳴る”シーン( https://youtu.be/624mOrCgYfc )が発表され、板垣は『つかさに思いきりビンタされるシーン』を選択。
このシーンについて、「(ビンタをされて)イヤーカフが宙に浮いたんです。狙っていなくて、本番一発でピーンと飛んで行って、そのイヤーカフに失恋の花言葉が彫ってあって、それが飛んでいくというのが悲劇的!と思いました。」とエピソードを話した。

映画「胸が鳴るのは君のせい」は、6月4日(金)全国ロードショー。ぜひご期待ください!

▼映画「胸が鳴るのは君のせい」公式HP
https://munekimi-movie.com/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top