shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

永野芽郁 映画「地獄の花園」祈願イベント!

永野芽郁主演映画「地獄の花園」祈願イベントが、5/2(火)東京・花園神社で行われ、菜々緒さんとともに永野が登壇した。

真面目に働き、日本の経済を支える日本のOLたち。花園のようにも見える華やかな彼女たちの世界では、実は裏で地獄のような覇権争いが行われているーー拳(こぶし)で。
日本中のOLが抗争を繰り広げる壮大なストーリーをオリジナル脚本で手掛けたのは、お笑い界の鬼才バカリズム。その世界観を唯一無二の映像美で表現するのは、Perfume 、サカナクション、星野源のMVを手掛ける関和亮監督。
<地上最強のOLに成り上がれ!>喧嘩上等空前絶後のOLバトルロワイヤルが始まる-

普通のOL生活を送る直子(永野芽郁)の職場では、裏で社内の派閥争いをかけOL達は日々喧嘩に明け暮れている。ある日、一人のカリスマヤンキーOLが中途採用されたことをきっかけに、全国のOL達から直子の会社は狙われることに。テッペンをかけた争いから直子は平穏無事なOLライフを全うすることができるのか!?

この日はまず本殿での御祈願が行われ、「映画が大ヒットしますように、とお願いしましたが、今上映されている映画も多い中、すべての劇場が開いているわけではないので、全国の劇場が無事に開いて、『地獄の花園』を観て笑ってもらえる作品になればいいなという思いを込めました。」とコメント。個人的なお願いはしましたか?という質問に、「続編ができますようにとお願いしました。まだ大人の方も続編をやりましょう、とは言ってくれていないので、ここで圧をかけておこうかなと思います(笑)。」と笑顔を見せた。

また、同作で面白いと思ったポイントは?と聞かれ、「脚本がバカリズムさんで、監督が関さんと聞いた時点で、私は読まずともやりたいという話をしていました。その気持ちが高ぶったまま台本を読んで、設定の斬新さやテンポ感の良さ、いろんなものに惹かれて、すごく現場が待ち遠しかったです。この脚本をどうしたら面白くやれるかなと考えながら撮影をしていて、すごく楽しかったです。」と語った。

注目してほしいシーンについては、「あれだけの暴言を吐いて、人を殴り飛ばし蹴り飛ばしている狂暴な私は、きっとこの作品でしか見られないですし、今までの私とは全然違う姿をお見せすることができたと思います。普通のOLとして生きていきたい自分と葛藤しながら誰かを守るために動く自分、一人の女性としての生き様がすごく面白いので、全編通して注目してほしいです。」と明かした。

最後に、「キャスト、スタッフの皆さんでとにかく楽しく、自分たち自身も、そして観てくださる方たちも楽しめる作品を作ろうということで毎日がむしゃらに過ごした夏でした。また暖かくなってきたこの季節に、皆さんに楽しんでもらえる作品になったらいいなと思います。ぜひ対策をしながら、観ていただけたら嬉しいです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「地獄の花園」は、5/21(金)全国公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top