shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中川大志 ドラマ「ボクの殺意が恋をした」主演決定!

中川大志が7月より放送のドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系)で主演を務めることが発表された。

同作は、最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋しちゃう!?殺意と恋が入り混じる、スリリング・ラブコメディ。

同作の主人公は、自分の育ての親が、“伝説の殺し屋”とは知らない、男虎柊(おのとらしゅう)。
ある日、その“伝説の殺し屋”が何者かに殺されたことで日常が一変!
育ての親の仇を討つため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意する。
そして柊は用意周到に暗殺ターゲットの女・鳴宮美月に近づくが…
殺し屋としての身体能力は申し分ないにも関わらず、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない…!
逆に、危険が迫るターゲットを守ってしまうことに…!?

中川は、男虎柊を演じる。
柊は、伝説の殺し屋の後を継ぐことになる、殺し屋初心者のルーキー。身体能力100点、ルックス100点、でも、殺しの才能は0点で、肝心な時に必ず失敗してしまう“間が悪い男”。

同作が、地上波GP帯ドラマ初主演となる中川。出演が決定し、「「いつかゴールデンプライムタイムで主演をやりたい」という想いは、この仕事に出会った小学生の頃から、1つの目標として持ち続けてきました。今このタイミングで、新しいステップにチャレンジ出来る事を感謝しています。ここまで、自分の引き出しに何を入れられてきたかは分かりませんが、片っ端から開けて挑んでみたいと思います。正直ビビりまくっている事は、上手いこと隠していきたいです。」とコメント。

自身が演じる男虎柊について、「"殺意"と"恋"を共存させるという難しいチャレンジを成立させる為には、柊というキャラクターをどう育てていけば良いか、嬉しい悲鳴をあげながら、台本と向き合っています。殺したいのに肝心なところでヘマしてしまう間の悪さ、しまいにはターゲットに心惹かれてしまうピュアさを大切に、視聴者の皆さんが、「こいつまたやっちゃったよ」とテレビの前で笑って呆れてくれるような、愛おしい男の子にしたいなと思っています。」と話した。

そして、「僕は幼い頃から、沢山のドラマに胸を躍らせて、待ちきれない1週間を過ごして育ちました。先の見えないこんな今だからこそ、明日が、1週間後の今日が、少しだけ楽しみになるような、そんな時間を作りたいです。楽しい夏にします。待っていてください!」とメッセージを送った。

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」は、日本テレビ系にて7月より毎週日曜22:30~23:25放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top