shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

柳楽優弥 ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」10月放送スタート!

柳楽優弥主演ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(日本テレビ)が10月より放送されることが決定した。

同作は、中学受験の実態をリアルに描いた同名人気マンガのドラマ化。

中学受験生のうち「約7割が第一志望に受からない」といわれる昨今。東京都は特に激戦区で、4人に1人が中学受験を経験、しかしいわゆる“都内トップ校”に合格するのは10人に1人程度。ドラマの舞台となる「桜花ゼミナール」は、難関校合格者を数名出してはいるものの、合格実績はあまりふるわない中堅中学受験塾。一方、都内トップ校合格者の6割を輩出しているという隣接する業界最大手の名門中学受験塾は、一部の優秀な生徒を中心に事業を展開し、下位者はバッサリ切る方針で好実績を叩き出している。桜花ゼミナールは、あくまで生徒一人一人に合った指導と進路指導を展開していた。しかし、今年は、御三家(開成、麻布、武蔵)合格者はゼロという惨敗の結果となっていた。そんな桜花ゼミナールのテコ入れの為に新たな塾長がやってくる。
それが、このドラマの主人公・黒木蔵人。
黒木は業界最大手の名門中学受験塾の元カリスマ講師だった。バケモノ級トップ塾のトップ講師がなぜこんな中堅塾の桜花ゼミナールに…?そんな皆の疑問をよそに、黒木は着任早々、とんでもないことを言い放つ。「塾は“子どもの将来”を売る場所。生徒は“金脈”、その親たちは“スポンサー”だ」と。しかし、黒木は生徒たちの前で堂々と「ここにいる全員を、絶対に第一志望校に合格させる」と宣言するのだった。
戸惑う塾講師たちに黒木は問う。子供を合格へ導くのに一番大切なことは何か?黒木は言い放つ、その答えは「父親の経済力」と「母親の狂気」だと。
果たして黒木は、どんな指導で生徒を導くのか。本当に子供たち全員を合格させることができるのか。そして、その先に何を見るのか。

柳楽は同作の主人公・黒木蔵人を演じる。

昨年7月期放送予定も、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため放送延期を発表していた同作。放送が決定し柳楽は、「とてもドキドキしています。「二月の勝者」という作品に主演として取り組めることがとにかく幸せです。井上(真央)さん、加藤(シゲアキ)さん、共演者のみなさんと良いチームワークを築き、素晴らしい作品をお届けしたい一心です。」とコメント。

黒木蔵人に扮し、「正直まだ手探りな部分がありますが、これから放送に向けて“黒木蔵人”を自分なりに完成させていきたいと思います!(黒木蔵人は)痛烈な言葉をズバッというキレ者です。その魅力的なキャラクターをしっかり掴んでいきたいです。黒木のストイックな部分を自分の中に組み込んで、しっかり表現できるように意識していきたいです。」と話した。

そして最後に、「刺激的なセリフと痛烈なキャラが魅力の塾講師・黒木蔵人を演じます。とても面白いドラマになりそうです。受験生やその親御さんだけでなく、多くの視聴者のみなさんの心に響く作品だと思いますので楽しみにお待ちいただきたいです!」とメッセージを送った。

ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」は日本テレビにて10月より毎週土曜22:00~放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top