shadow
ホリエタカヒロ

堀江貴大

ニュースNEWS

MOVIE

堀江貴大 監督作品・映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』舞台挨拶!

堀江貴大監督映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』の舞台挨拶が10/3(日)新宿ピカデリーで行われ、黒木華さん、柄本佑さんと共に堀江が登壇した。

同作は、「嘘を愛する女」(18)や「哀愁しんでれら」(21)などの作品を輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA
CREATORS' PROGRAM FILM」(2018)の準グランプリ作品を映画化。
脚本・監督は、シンガーソングライター優里の大ヒットソング「ドライフラワー」と「かくれんぼ」の世界をドラマ化、8/13(金)からHuluで独占配信が決定した『ドライフラワー-七月の部屋-』の監督を務め、ドラマ・映画と活躍の場を広げている新進気鋭の映画作家・堀江貴大。また、劇中漫画を漫画家・アラタアキと「サターンリターン」(小学館刊)が好評連載中の鳥飼茜が担当。映画ファンだけでなく、漫画好きも見逃せない一作に仕上がっている。

結婚5年目の夏。夫が不倫をした。それはよくある夫婦の出来事、のはずだった・・・
漫画家・佐和子の新作漫画のテーマは・・・「不倫」
そこには、自分たちとよく似た夫婦の姿が描かれ、佐和子の担当編集者・千佳と不倫をしていた俊夫は、「もしかしたらバレたかもしれない!」と精神的に追い詰められていく。さらに物語は、佐和子と自動車教習所の若い先生との淡い恋へ急展開。この漫画は、完全な創作?ただの妄想?それとも俊夫の不貞に対する、佐和子流の復讐なのか!?恐怖と嫉妬に震える俊夫は、やがて現実と漫画の境界が曖昧になっていく・・・

上映後に行われた舞台挨拶にて堀江は、「10月から客席が100%に戻って、こんなにたくさんの方に観ていただけて嬉しいです。本日はよろしくお願いします。」と挨拶。

公開から約一ヵ月が経つが、意外だった反響は?と聞かれ、「この映画は田舎で人がたくさん出てくるわけではないですし、結構静かな映画なのですが、“劇場でお客さんが笑っていたよ”と知り合いの方から聞いたりして、劇場で笑いが起きている映画なんだと、すごく嬉しかったです。」と明かした。

続いて、柄本佑さん演じる早川俊夫のユーモラスなセリフ回しの演出について問われると、「事前に決まっているわけではなくて、(早川佐和子役の)黒木さんと柄本さんが段取りをやるまではどういうシーンになるのか分からないというか、僕もそれが楽しみでもありましたし、お二人がその場でお話した通りに間合いも進んでいくので、ちょっとしたところが変わるとそこが笑いに転じたり、ホラーに転じたりするので面白かったです。」と語った。

また、撮影中にキャスト陣の予想もしていなかった表現などはあったか?という質問に、「お二人が演じると、僕の思っていたイメージよりもっと面白い形で表れてくるのですが、佐和子が俊夫に“先生、私の隣に座っていただけませんか?”と言うところは僕自身が動かされましたし、これで本当にこの映画が終わる可能性もあるというくらい感動しました。また、その先で俊夫が言う“うそん?”というセリフは絶望をイメージしていたのですが、柄本さんが最初の時点で“うそん?”だったので転げ落ちました(笑)。最高でした。」と笑顔で振り返った。

そして最後に、「先ほど二回も観に来てくださっている方がいると聞いてすごく嬉しかったです。この映画はいろいろな見方ができる作品だと思っていまして、観る時や気分によっても感じ方が違う映画になっていますので、二回目、三回目と観ていただけると嬉しいです。ぜひ周りの方にも広めていただけたらと思います。本日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』は絶賛公開中!
ぜひご覧ください。

■公式サイト
https://www.phantom-film.com/watatona/
  • はてなブックマーク

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」オンライン開催!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」が、9月20日(月・祝)STAR CULTURE YouTubeチャンネルにて配信された。

同イベントは、新型コロナウイルス感染対策の観点から有観客での開催が見送られた「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」を、STARDUST DIRECTORSに所属する監督陣の超激レア座談会として配信。

はじめに、若手監督発掘のために広く一般から短編作品を募集したコンペティション部門にて【STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞】を受賞した、金澤勇貴監督『雨のまにまに』、安村栄美監督『WAO』、晴日カシュ監督『時雨さんの渡世』をオンライン上映。
上映終了後には、川崎僚が司会進行となって受賞監督とのティーチインを実施し、受賞監督から作品の制作経緯や制作過程でこだわった点などが語られた。

続いて、1回目の監督座談会は金井純一、中島良、松本花奈が出演。中島が司会進行を務め、質問コーナーにてクロストークを展開した。
“映画を製作する過程の中で一番緊張するタイミングは?”という質問に松本は、「衣装合わせです。そのタイミングで初めてお会いするキャストの方もいるので、そのときが一番ドキドキしているかもしれないです。」と話した。
また、途中で吉野主がコメントを寄せ、「クランクイン前日が緊張します。遠足の前日のような緊張感で眠れないです。」と回答した。
“映画のクランクインまたはアップ時にするルーティンは?”という質問では、中島が、「一つ決めていることがあって、ロケ地で泊まるようにしています。家に帰ると映画が終わってしまう気がするので、自分を映画の中に留めるためにそうしています。」と明かした。
“撮影中に食べたロケ弁No1.は?”という質問には、金井が、「ムロツヨシさん主演の映画『マイ・ダディ』(9月23日(木・祝)公開)の撮影中にムロさんが鰻弁当を差し入れしてくださって、本当に鰻が分厚くて美味しかったです。それが最高のロケ弁でした。」と語った。

2回目の座談会では、川崎僚、竹内里紗、山元環、堀江貴大が出演し、堀江が司会進行を務めた。
質問コーナーにて、“映画を製作する過程の中で一番緊張するタイミングは?”という問いに、八重樫風雅が事前にコメントを寄せ、「いまだに前日は眠れません。撮影初日はいつもフワフワした感じです。テスト明けの部活みたいな感じです。」と回答。
続いて、山元は、「衣装合わせと本読みのときに、初めましての役者さんと(作品の)世界観の共有や、限られた時間で人間性をつかまないといけないのでプレッシャーがあります。」と答えた。
また、竹内が、「撮り終わって全部の素材を観るときです。それまでは現場で起こったことを取り入れながら作っていくのですが、素材を観るときは撮ったものしかないので緊張します(笑)。」と明かした。
“映画のクランクインまたはアップ時にするルーティンは?”はという質問では、堀江が、「クランクアップのときに、家で一人でビールを飲みます(笑)。撮影中は飲まないとお守りのように決めています。」と回答。
“撮影中に食べたロケ弁No1.は?”という質問には、川崎は、「一般の方の古民家で撮影をしたときに、(その家の)お母さんが揚げたてのフライドポテトを出してくれて最高でした(笑)。あれがMVPです。」と笑顔を見せた。

3回目となる座談会は、三木孝浩、瀬田なつき、落合賢、Yuki Saitoが出演。
“映画を製作する過程の中で一番緊張するタイミングは?”という質問では、司会進行を務める三木が、事前に寄せられた月川翔のコメントを、「撮影初日です。スタッフ、キャストが想像で準備してきたものが具体になる日なので、作品のトーンや撮影ペースが方向づけられます。想像通りに進むこともあれば、想定外だけれども想像を超える瞬間にも出会えたり、とにかくスリリングな一日です。」と読み上げた。
また、落合が、「脚本の初稿を提出するときのプレッシャーが半端ないと思います。撮影や編集はいろいろな要素が関わってきますが、脚本だけは自分一人の責任なので、どう反応されるか、いろいろな意味でプレッシャーです。」と答えた。
“映画のクランクインまたはアップ時にするルーティンは?”という質問には、Yukiが、「クランクアップをした瞬間に皆さんに感謝の気持ちを伝えます。また、いまはコロナ禍なので難しいですが、関わってくださった方のところに握手しにいきます。」と語った。
続いて、三木は、「メインキャストにお手紙を書きます。この作品をどう見せたいかと、どう演じてほしいかを書くことで自分の中でも整理できますし、キャストの皆さんにも現場中に読み返していただけるといいなと思って、映画『僕等がいた』からずっとやっています。」と明かした。
“撮影中に食べたロケ弁No1.は?”という質問では、瀬田が、「肉と魚のお弁当って選べるじゃないですか。それで本当に悩んでしまう日があって(笑)、数が少ないほうを選んでしまったりします。」と話した。
そして最後に、三木が、「ご視聴ありがとうございました。来年はぜひ会場でお会いしましょう。」と述べ、監督座談会を締めくくった。

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」の監督座談会は、9月27日(月)18:59まで期間限定配信中!
ぜひご覧ください。

■金井純一・中島良・松本花奈
http://youtu.be/Su27MFxUmC4

■川崎僚・竹内里紗・山元環・堀江貴大
http://youtu.be/pVDgLYNTGYs

■三木孝浩・瀬田なつき・落合賢・Yuki Saito
https://youtu.be/g79p-WRsJO4
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域修了。
初の長編映画『いたくても いたくても』は、「第16回TAMA NEW WAVEコンペティション」にてグランプリ、ベスト男優賞、ベスト女優賞を受賞。その後、渋谷ユーロスペースを始め、全国公開される。
文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2015」に参加し、短編映画『はなくじらちち』を監督。
「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」のオープニング作品 『ANIMAを撃て!』で商業長編デビュー。
TSUTAYA CREATORS' PROGRAM 2018にて準グランプリを受賞した、オリジナル長編映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』を公開準備中。
映画、ドラマ、広告と幅広く活動している。

WORKS

 
【映画】
◆「先生、私の隣に座っていただけませんか?」(2021)
◆「花と雨」※脚本(2020)
◆「君と、徒然」※脚本(2019)
◆「ANIMAを撃て!」(2018)
◆「どんぐりの女たち」(2018)
◆「らぶたんコバトン散歩でドン」(2018)
◆「ナギョンとキヌカワ」(2017)
◆「はなくじらちち」(2016)
◆「いたくても いたくても」(2015)
◆オムニバス映画「リスナー」内「電波に生きる」(2015)

【ドラマ】
◆BSテレ東「高嶺のハナさん」第3話、第4話、第5話(2021)
◆MBS『カカフカカ』2・5・6・7話(2019)
◆『サバイバルファミリー』矢口史靖の「映画の常識・それほんと!?」第2弾(2018)

【WEBムービー】
◆はかた一番どりプレゼンツ短編映画「どまんなか!」(2017)
◆M.ナイト・シャマラン監督「スプリット」インスパイアショートムービー「MANICURE」(2017)

【広告】
◆「山手線Ver.2020 by東京感動線」まど上チャンネル放映動画「東京感動線物語」(2020)
◆LSMR LESS MOREレスモアスポーティサンダル・リボンサンダルWEBCM(2020)

【MV】
◆滝沢朋恵「傘」(2016)

pagetop

page top