shadow
カミヤケイスケ

神谷圭介

メディアMEDIA

INFORMATION

◆コントユニット「テニスコート」のメンバー
テニスコート HP  ⇒ http://tenusugawa.com/index2.html
【Twitter】 ⇒  @tennis_court

TV

TBS 「病室で念仏を唱えないでください」#️4 (2020)
CX「テレビ特区」 ※テニスコートとして (2019)
NHK Eテレ「ごちそんぐDJ パリパリおむすび」 (2019)
TX「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」 #6 (2019)
TX「デザイナー渋井直人の休日」#11 (2019)
NHK Eテレ「シャキーン!」 (構成作家&出演)

STAGE

玉田企画 「今が、オールタイムベスト」 作・演出:玉田真也 (2020@東京芸術劇場シアターイースト)
東葛スポーツ 「71年生まれ、光浦靖子」 構成・演出:金山寿甲 (2019@シアター1010稽古場1)
犬飼勝哉 「ノーマル」 (2019@三鷹市芸術文化センター)
東葛スポーツ 「平成のいちばん長い日」 構成・演出:金山寿甲 (2018@3331ARTS CHIYODA)
弱い人たち第四回公演 「ドント・ストップ・ミュージック」(2018@渋谷ユーロライブ)
フロム・ニューヨーク 「サソリ退治に使い棒」作・演出:ブルー&スカイ(2018@駅前劇場)
ワワフラミンゴ 「脳みそ歩いてる」作・演出:鳥山フキ(2017@ギャラリー・ルデコ)
玉田企画 「今が、オールタイムベスト」 作・演出:玉田真也 (2017@アトリエヘリコプター)

◆テニスコート公演  (詳細はテニスコート公式ページ参照  http://tenusugawa.com/index2.html)◆
《最新公演》 テニスコートのコント 「出汁が出る出る」 (2019@渋谷ユーロライブ)

EVENT

「やついフェス」(2019・2020)
「香魚荘」(2019@O-nest)
男性ブランコ公演「DanBlaCircus」(2019@3331ARTS CHIYODA)
「馬喰町ART +EATへのラストワルツ」(2019@馬喰町ART +EAT)
「やさしいズとテニスコートの激なかよしライブ」(2019@小劇場楽園)
「倉本美津留の太鼓判」第4弾(2018@渋谷ユーロライブ)
「いとうせいこうフェス」 (2016@東京体育館)
「テアトロコント」(不定期出演@渋谷ユーロライブ)

CM

IKEA (2019)
明治オリゴスマートミルクチョコレート「ありがとうオリゴ糖ダンス篇」 (2019)
BASE「バンドマン篇」(2018)
森永乳業MOW「高橋店長、愛を伝える篇」(2018)
3Mスコッチガード「大丈夫男」(2016)

WEB

HOKTO「きのこおじさん」(2019)
乃木坂46松村沙友理個人PV「うそつき」 (2018)

WORKS

【脚本】
TX「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」 #8、#10 (2019)
マレビトの会 フェスティバル/トーキョー18「福島を上演する」(2018)

【著書】
「あたらしいみかんのむきかた1・2」(小学館)
「はじめてのトリック野郎」(ポプラ社)
「おとなのおりがみ」(山と溪谷社)

【連載】
毎日小学生新聞 15歳のニュース内「空理空論」
毎日新聞社 月刊ニュースがわかる内コーナー 「答えよ」
web cafeglobe「妙な年齢」

【寄稿】
BRUTUS No,838 「危険な読書」
GINZA No,227 「ファッションお悩み解決」
relax復刊号「テニスコートのはじめての雑誌作り」
This「うらやましい結婚」
Maybe「理想の結婚」
BIRD第4号 エッセイ「朝の女」
歩きながら考える エッセイ「寄りがちな道」
私物

【映像制作】
TX「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」オープニング (2019)
MX「創作話芸バラエティ ソーゾーシーやつら」 オープニング (2019)
MBS/TBS「マジで航海してます。」第二シーズン オープニング (2018)
TX「インベスターZ」 オープニング/劇中イラスト (2018)
MV MAGiC BOYS「ハッピーエンドマジック」 (2018)
tvk 「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」オープニング (2018)
WOWOW「ムロテレ」オープニング (2018)
NHK「探検バクモン season1〜5」オープニングアニメーション(2012〜2015)
NHK「集まれ田中」オープニングアニメーション (2015)
NHK「はに丸ジャーナル」オープニングアニメーション (2014)
NHKみんなのうた 「つもりヤモリ」イラスト/アニメーション (2015)
JsportsラグビーWcup2015宣伝番組「15」オープニング(2015)
TX「つっこみTHEワールド」オープニング/番組デザイン(2015)
NHK「ミステリーハウス」オープニングアニメーション (2013)
NHKBS 「ニッポンマンガ創世記」オープニングアニメーション (2013)
NHK「爆問学問 season5」オープニングアニメーション (2011)
NHKBS 「ミステリー遺産」オープニングアニメーション (2011)
NHK「よかよか音頭」 (2011)

ニュースNEWS

OTHER

北村匠海、中川大志、三木孝浩、中島良脚本【リレー空想映画】第1弾「嘘とマーガレット」サウンドドラマ化決定!

北村匠海、中川大志、三木孝浩、中島良が、脚本をリレー形式でつないだ企画・【リレー空想映画】の第1弾「嘘とマーガレット」がサウンドドラマ化されることが発表された。

【リレー空想映画】は、スターダストに所属する映画監督・役者らが、5/10(日)よりスタートした、脚本をリレー形式でつないでいく企画。この度、【リレー空想映画】で完成した2つの脚本を完全リモートでサウンドドラマ化、デジタルコンテンツとしてリリースすることが決定した。

同企画は、SNSで公開しながらリレー形式でつないでいく脚本を読んで脳内に再生される空想映画を楽しんで頂くというもの。ステイホームの時間を少しでも楽しんでもらいたい、そして自分たちも楽しめるコンテンツを作りたいという思いから、新作映画の公開や撮影が次々と延期・中止するなか、何か新しいことにチャレンジしようとスタートした。
1つの脚本をリレーで書いていくことで、それぞれの解釈や好みが加わり、思いもよらない方向へストーリーが展開し、脚本を書いている筆者自身もその過程を楽しむことができ、今回のサウンドドラマ化で、映画監督・役者・アーティスト・ナレーター・芸人・作家など、多彩な才能が集まるスターダストならではの、所属者だけで完成させることができるコンテンツとなった。また、ステイホームにより生まれた企画という想いから、デジタルコンテンツの収益の一部を公益社団法人日本医師会へ寄付される。

そんな同企画から生まれた脚本・第1弾「嘘とマーガレット」は、高校生のリクが主人公の物語。
リクはある日、机の上に置かれていた一輪のマーガレットと手紙を見つける。さっぱり分からないリクは同級生のシュウヘイに相談し、もしかして告白かもとリクがニヤけているところに、幼馴染でリクに恋心を寄せるアヤミが来てからかう。妄想ばかりを並べるリクの様子を心配し、シュウヘイとアヤミはリクの行動を見張っていると、フワッと花の香りが・・・。リクは幼いころに起きた出来事を思い出して――。

「嘘とマーガレット」の脚本リレーに参加したのは、以前よりクリエイティブなことに興味を持っていると公言している北村匠海と中川大志。
北村はDISH//のメンバーとして音楽活動をしながらも、今年は映画『東京リベンジャーズ』や『とんかつDJアゲ太郎』などの主演作がめじろおしだ。中川はNHK連続テレビ小説『なつぞら』でお茶の間を虜にした記憶も新しく、先日出演することが発表されたNTV日曜ドラマ『親バカ青春白書』の期待が高まっている。
北村は実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』(8/14(金)公開)、中川は『坂道のアポロン』(2018)で三木監督作品に出演しているつながりもあり、この企画にきっと興味をもってもらえるのではと思った監督は二人に声を掛けた。
北村と中川は小学生のレッスン生時代から交流があることも功を奏して両者は快諾。北村・中川・三木・中島の4人のチームが結成された。
自分たち自身もとことん楽しむことを目的としているこの企画では、リレーの順番やタイトルを決めるにもユニークな手法を取り入れた。
脚本で一番悩むのは最初と最後ということで、1番に三木、4番に中島を配置。残り2番と3番は、なんと電子あみだくじを使って決定。①三木→②北村→③中川→④中島の順番となった。
タイトルはSNSの投票システムを使い、これから書くストーリーのタイトル候補3つを挙げ、投票数が一番多いタイトルに決まった。
1日1話更新、500文字程度、リレー2周して完成させる。一切の打ち合わせもなくリレーがスタートした。
自分の番が来たらその日に脚本の続きをアップしないといけないというプレッシャーのなか、次の人にバトンを渡す際に無茶ぶりをするなど、それぞれが楽しんでいる様子がうかがえる。
北村は脚本の中に新キャラクター「アヤミ」を登場させてすぐに中川へバトンを渡す。必然的に中川は「アヤミ」のことを書かないといけなくなる。中川が担当の日になかなか脚本がアップされない様子が気になり聞いてみると「1000文字ぐらいになった・・・笑」と、筆が止まらなくなったようだ。
最終話を書くにあたり、2つの終わり方を思いついた中島は、フォロワーの皆さんへアンケートを実施。「爽やかなハッピーエンド」「切ないハッピーエンド」のうち「切ないハッピーエンド」が多数となり、その意見を取り入れてストーリーをしめくくった。

サウンドドラマのキャストは、リク役を北村、シュウヘイ役を中川が担当。そしてアヤミ役はドラマ『ゆるキャン△』など近年多数の話題作で活躍中の田辺桃子、ミサキ・ナギサ役はドラマ『インハンド』にも出演した新進気鋭の女優・高橋春織が一人で二役にチャレンジ。ナレーションには、EBiDAN応援番組『スタダ☆ゲート』のナレーションを担当、男性キャスターユニット、イケキャス.の川津武大が抜擢された。リクとミサキの幼少期を演じた谷垣有唯と柴山愛理はセリフの言い方のニュアンス違いを監督に聞かせすっかり大人の役者さながらだ。三木は本作でサウンドドラマの監督は初挑戦となる。収録は完全リモートで、和気あいあいとした雰囲気で行われ、三木の編集により完成させた。

脚本をリレー形式でつなぐのは、監督らもましてや役者らも初めてのこと。それぞれがどんな感想を抱いたのか、話を聞いてみようと、リレー終了後に各チームでリモート座談会を開催。
ストーリーに関して一切の打ち合わせもなく、流れるままリレーでつながっていくストーリーは、いったいどう考えてこのような展開になったのか、新キャラクターはどういうつもりで登場させたのか、執筆にどれくらいの時間を費やしていたのか、バトンを渡す時に答えを求めるような無茶ぶりなど、お互いの頭の中を探るべく話が尽きない様子の音声が収録されている。

さらに、リモートにこだわるこの企画では、劇伴音楽に至っても、自宅で作れるということを条件に、スターダスト所属のアーティストに依頼。
「嘘とマーガレット」の劇伴音楽をつとめたKは、ドラマ『1リットルの涙』の主題歌『Only Human』が大ヒットし、昨年公開された映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』で書き下ろした主題歌「光るソラ蒼く」では多くの感動を与えたシンガーソングライター。
リレー空想映画では、完成した脚本を読んで、リモートで三木監督と直接打ち合わせをし、そのイメージに沿って書き下ろした劇伴音楽を提供している。
また、「嘘とマーガレット」のジャケットイラストは、ナンセンスコメディをベースにしたコントを展開するコントグループ「テニスコート」のメンバーである神谷圭介が担当。NHK Eテレ『シャキーン』の構成作家、連続ドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』の脚本家、イラストレーターとしても活躍中だ。

【リレー空想映画】 第1弾「嘘とマーガレット」は、6/18(木)リリース。
完全リモートという限られた環境の中でチーム一丸となって作りあげた作品を、ぜひお楽しみください!

■コメント
【北村匠海】
サウンドドラマという形で芝居をするのは初めてでした。リモートで実際距離は遠いものの、三木監督の下、心の距離は近く作品をみんなで作れたかなと思います。
自分たちの関わった脚本だし、とっても愛着がある物語です。ふんわりマーガレットのように優しく包んでくれるものになっていると思います。

【中川大志】
初めて現場から長い期間離れ、家で多くの時間を過ごしていた時に、こんな時だからこそ何か発信できないかと声をかけてもらったプロジェクトでした。
頭を抱えながらストーリーを繋いでいった経験は、表現者として沢山の学びもあり、めちゃくちゃ楽しかったです!
この時代を過ごした記憶と共に、この作品が残っていったら嬉しいです。

【三木孝浩】
世界規模で大変な状況が続く中、出来ることが限られた状況下で、少しでも皆さんにエンタテイメントをお届けできないかと、始まったこの『リレー空想映画』。でもひょっとしたら創った僕たちが一番楽しんでたかもしれません(笑)。
想像は力になります。未来を暗いイメージで埋めるのではなく、明るくワクワクするような空想をすることで明日がちょっとでも楽しみになってくれたら嬉しいです。

【中島良】
これまで物語を作るときは、結末からの逆算で作ってきました。しかし、リレー形式で作っていくということで、他の皆さんがどんな続きを描くのか、毎日ドキドキしながら取り組みました。
そしてリレーに参加されたキャストの皆さんがサウンドドラマにも出演されたことで、より物語の面白さが表現されていると思います。
ネットで読んでくださった方々の応援によって作られた部分も大きいと思います。ありがとうございました。ぜひお楽しみください。

■作品情報
◆リレー空想映画「嘘とマーガレット」
2020/6/18(木)発売
●シナリオ版 (シナリオ)
●スタンダード版 (サウンドドラマ)
●デラックス版 (シナリオ+サウンドドラマ+リモート座談会音声+ジャケットイラスト)
・脚本&リモート座談会:北村匠海、中川大志、三木孝浩、中島良
・ボイスキャスト:北村匠海、中川大志、田辺桃子、高橋春織、谷垣有唯、柴山愛理、川津武大(イケキャス.)
・監督・編集:三木孝浩
・劇伴音楽:K
・ジャケットイラスト:神谷圭介(テニスコート)

※全てデジタル商品です。

◇リレー空想映画(store)
https://relaykuusoueiga.stores.jp

◇リレー空想映画(オフィシャルサイト)
http://www.stardust-directors.jp/relaykuusoueiga
  • はてなブックマーク

STAGE

神谷圭介 舞台『玉田企画「今が、オールタイムベスト」』開幕!

神谷圭介出演舞台『玉田企画「今が、オールタイムベスト」』が3/19(木)東京芸術劇場 シアターイーストで開幕した。

同作は、玉田真也氏が作・演出を手がける2017年初演作。結婚式を控え、別荘地に前乗りすることになった家族と関係者たち。彼らは、それなりに財力があり、それなりにいけ好かない人々で……。

舞台『玉田企画「今が、オールタイムベスト」』は、3/26(木)まで東京芸術劇場 シアターイーストにて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。

舞台公式HP: http://tamada-kikaku.com/info.html
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

※プロフィールは準備中です。

pagetop

page top