shadow
マツモトハナ

松本花奈

ニュースNEWS

MOVIE

松本花奈 映画「Eggs 選ばれたい私たち」トークショー!

松本花奈が、4/13(火)テアトル新宿で行われた映画「Eggs 選ばれたい私たち」のトークショーに登壇した。

同作は、子どものいない夫婦に卵子を提供するエッグドナー(卵子提供者)をテーマにした映画。
監督の川崎僚は、自身の経験や体験を織り交ぜなら、結婚や出産を希望していない30歳目前の女性、そしてレズビアンの女性という対照的な2人の人物を通して、社会から求められる女性像と実像のずれに悩みながらも、それでも「母になりたい」と願う彼女たちを等身大に描いてみせた。また同作は、2018年タリン・ブラックナイツ映画祭で日本映画唯一のコンペティション作品に選出。同年の招待上映作品「万引き家族」とともに、日本の社会問題を扱った話題作となった。

派遣で事務の仕事をしている近藤純子(29)(寺坂光恵さん)は独身主義者。将来、結婚する気も、子どもを産む気もない。しかし、このまま独身を貫き、10年後20年後に子どもを産まなかったことをいつか後悔するのかもしれないと考え、その後悔が少しでもやわらげばと思い、エッグドナーに登録することにした。
エッグドナーとは、子どものいない夫婦に卵子を提供するドナー制度のこと。プロフィールを提出して、選ばれれば、ハワイやマレーシアなどの海外で卵子を摘出し、謝礼金がもらえる。年齢制限の30歳までわずか数ヶ月だったが、純子は登録することにした。
その登録説明会で、純子は偶然、従姉妹の矢野葵(25)(川合空さん)に再会する。彼女は恋人と別れて同棲していた家を出て、行くところがないという。その恋人というのが女性だと知り、驚く純子。レズビアンの葵に対して「偏見はない」と伝えるが、ぎこちない雰囲気になってしまった。
そんな葵に、エッグドナーに登録したことを母親に内緒にする代わりに居候させて欲しいと言われ、純子は断れなかった。こうして、二人の奇妙な共同生活が始まった。
久しぶりの再会ということ、そして葵の少しワガママな態度から、二人の生活はなかなかうまくいかなかった。そんなある日、二人は偶然、同じ時期に生理になった。
葵が「生理はムダだ」というのを聞き、純子はレズビアンの葵も自分も子どもを産まない=女性としての役割の一つを果たさないという意味で、同士であることに気付いた。
それをきっかけに、二人は意気投合し、ともにエッグドナーに選ばれ、遺伝子上の母になることで、生物学上の女としての義務を果たそうと誓い合ったのだが…

この日、松本はゲストとして、同作主演の寺坂光恵さん、川合空さん、監督を務めた川崎僚と共にトークショーに登壇した。

寺坂光恵さんは松本の初監督作品『真っ赤なポピー』や『真夏の夢』に出演。また川合空さんは同じく松本が監督した『過ぎて行け、延滞10代』、『21世紀の女の子』「愛はとどこにも消えない」のタイトルデザインを手掛けていたこともあり、冒頭ではそれぞれその当時を振り返った。

同作については、「純子と葵の性格が全然違っていていいなと思いました。二人がかみ合いそうでかみ合わないというか、きっと意見がちゃんと一致したら仲良くなるんだろうけど、そううまくはいかないという感じがもどかしくて切なくなりました。」と感想を語った。

また、「まさにこの映画を観る直前の出来事だったのですが、知り合いに赤ちゃんが生まれて、その方が“奥さんが美容院に行っているから代わりに自分が子守をやっているんだ。でも美容院に行ったきり帰ってこなくてどうなってるんだ”みたいなことを言っていて、そういうのを聞くと結婚って怖い!と思ってしまって(笑)。結婚とか子育てって自分にできるのかな?とちょうど思い始めたタイミングでこの映画を観たのですごく救われました。絶対に結婚をしないといけないとか、子供を産まなければならないわけではないというか、いろいろな道とか考え方があるということを知れて良かったなと思いました。」と明かした。

映画「Eggs 選ばれたい私たち」はテアトル新宿ほか公開中!
ぜひご覧ください。
  • はてなブックマーク

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」開催決定!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」を、9月19日(日)、20日(月・祝)に渋谷ユーロライブで開催することが決定した。

今年はなんと二日間にわたってイベントを開催!所属監督の作品上映はもちろん、若手監督発掘のために一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションも継続して行う。

■上映作品
三木孝浩は、2016年に公開された映画『青空エール』の上映が決定。同作は、2008年の連載開始当初から人気を博し、2015年に惜しまれつつも堂々のフィナーレを迎えた河原和音さんの漫画「青空エール」を実写映画化。「好きな人の夢を全力で応援したい」、支えあい、惹かれあい、成長する二人の姿を描く青春傑作ストーリーとなっている。吹奏楽部でトランペットを始めたヒロインには土屋太鳳さん、甲子園を目指し奮闘する野球部員を竹内涼真さんが演じている。キラキラ輝く二人の演技にも大注目!
また、月川翔は、「劇場版 そして、生きる」の上映が決定。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など数々のヒューマンドラマを執筆してきた脚本家・岡田惠和さんが紡いだオリジナルストーリー。2019年WOWOW連続ドラマWで放送され「まるで映画作品のようだ」「ひとりでも多くの人に観てもらいたい」という熱烈な声に答え、再編集を施すことで満を持して映画化された。有村架純さん演じる気仙沼でボランティア活動に参加する瞳子と、坂口健太郎さん演じる学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清隆が、気仙沼での日々を共に過ごすなかでやがて互いに特別な感情を抱いていくという物語。不思議な縁により出会う二人が壮大な物語のなかどのような逆境に遭遇し、どんなふうに力強く生きていくのか。2人の運命を見届けよう。
さらに上映後には、毎年恒例監督×豪華ゲストによるティーチインも実施予定!
豪華ゲストは完全シークレット!当日ご来場のお客様のみ知ることができるとっておきのサプライズをお楽しみに。
ティーチインでは、準備の期間から、公開に至るまでの様々な思いやエピソードを振り返る。お客様からの質問にも答え、アットホームな空気で進むこのイベントだからこそ聞き出せる裏話が飛び出すこと間違いなし!!

■ショートフィルムコンペティション部門を開催
30分以内の短編作品を募集し、審査員の厳正なる審査により上位4作品を決定。上位4作品は<STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞>としてイベント内でスクリーンにて上映されることが決定している。
さらにその中から、当日の審査員・ご来場のお客様の評点でグランプリ作品を決定し、グランプリに選ばれた若手監督には<STARDUST賞>として、スターダストグループ全面バックアップのもと<ショートフィルム>と<ミュージックビデオ>の2作品を監督するチャンスが与えられる。

【イベント概要】
開催日時:2021年9月19日(日)、20日(月・祝)
場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
上映作品:『青空エール』、『劇場版 そして、生きる』、ほか
ショートフィルムコンペティション応募受付期間:2021年4月1日(木)12:00〜2021年5月31日(月)23:59
詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」オフィシャルサイトへ!
http://www.stardust-directors.jp/sdff2020
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1998年生まれ、大阪府出身。 慶應義塾大学総合政策学部在学中。

初長編監督作品 映画「真夏の夢」が史上最年少の16歳でゆうばり国際ファンタスティック映画祭に正式出品。
翌年、同映画祭にて映画『脱脱脱脱17』が審査員特別賞・観客賞を受賞。
第29回東京国際映画祭フェスティバルナビゲーターに就任。
2018年4月にTBS『情熱大陸』に出演する。

山戸結希監督が企画・プロデュースを手掛け、総勢15名の新進映画監督が集結したオムニバス映画『21世紀の女の子』にも参加し、映画、TV、MV、広告、写真と幅広いジャンルで活動をしている。

WORKS

 
【映画】
◆『キスカム!~COME ON,KISS ME AGAIN!~』(2020/葉山奨之、掘田茜、八木アリサ、塚本高史)
◆短編「またね」 SUNTORY なっちゃん×SHISHAMO (2019/今泉佑唯、青木柚、大野いと)
◆オムニバス映画『21世紀の女の子』「愛はとどこにも消えない」(2019/橋本愛、南沙良)
◆東映 presents HKT48×48人の映画監督たち「血まみれ Bitter Sweets」(2017/田中美久)
◆『過ぎて行け、延滞10代』(2017/掘春菜、井之脇海)
◆『スクールアウトサイダー』(2017/アバンティーズ)
◆『脱脱脱脱17』(2016/北澤ゆうほ(the peggies)、鈴木理学)
◆「真夏の夢」(2014/東條裕輝、寺坂光恵)

【ドラマ】
◆WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」(2020/竹内涼真)
◆AbemaTV「僕だけが17歳の世界で」第5話(2020/飯豊まりえ、佐野勇斗)
◆テレビ東京「死役所」第6話、第9話(2019/松岡昌宏、黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでん)
◆朝日放送テレビ「ランウェイ24」(2019/朝比奈彩、犬飼貴丈、白石隼也)
◆フジテレビ「平成物語 なんでもないけれど、かけがえのない瞬間」(2019/山崎紘菜、笠松将、清水くるみ)
◆テレビ東京「Friend-Ship Project 祝!春日、結婚します!~おまえ!オードリー解散って本気で言ってんのか?~」(2019/オードリー)
◆フジテレビ「平成物語 平成が終わる。僕たちは何者になれたのだろう。」(2018/岡山天音、松本穂香、片山友希)
◆テレビ東京「恋のツキ」(4.9話) (2018/徳 永えり、神尾楓樹、渡辺大知)
◆TBS「中学聖日記」スピンオフムービー「聖ちゃんと会う前の僕たち」(2018/岡田健史)
◆NHK BSプレミアム「新日本いいね!」 (芋生遥、笠松将)

【広告】
◆「愛のあるウソ」 ケアリッツ・アンド・パートナーズ
◆HONDA 「バイクに乗っちゃう?」
◆ホットペッパービューティー「春、変わる時」
◆Xperia5 「Pursue your passion」 
◆東京タワー天の川イルミネーション&CITYRIGHTFANTASIA
◆ロリエ40周年スペシャルムービー
◆富士通キャンパスPC Webムービー
◆講談社「楽しかったよね」(橋爪駿輝著)スペシャルムービー
◆Simeji 「片思い送信中」
◆Cancam LOVEVIDEO特集
◆キットカット ネスレシアター「運命と出会うまでの一週間」(第2話)

【MV】
◆井上苑子 「ぜんぶ。」
◆東京少年倶楽部「flipper」
◆みゆはん「一年半の僕ら」
◆みゆはん「綺麗になったよ」
◆Chou(HKT48)「キスの花びら」
◆HKT48「キスは待つしかないのでしょうか?」「Just a moment」
◆≠ME「君の音だったんだ」
◆Someday Somewhere「いつの日かどこかで」
◆EMMA HAZY MINAMI 「Plastic Love 」(原曲:竹内まりや)
◆崎山蒼志「国」 
◆羊文学「ロマンス」
◆羊文学「Step」
◆井上苑子「大切な君へ」
◆室井雅也「A GIRL BY SEASIDE」
◆おとぎ話「ONLY LOVERS
◆TrySail「FreeTurn」
◆はちみつロケット「花火と漫画とチョコと雨」
◆花澤香菜「ざらざら」
◆Softly「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」

【写真】
◆NMB48太田夢莉ファースト写真集「ノスタルチメンタル」
◆祷キララファースト写真集「はじめての三人」
◆「私が撮りたかった女優展Vol.2」(小西桜子)

pagetop

page top