shadow
ミキ タカヒロ

三木孝浩

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 監督作品『フォルトゥナの瞳』初日舞台挨拶!

三木孝浩監督作品『フォルトゥナの瞳』が2/15(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ 日比谷で行われた舞台挨拶に三木が登壇した。

“フォルトゥナ”とは運命の女神のことで、その瞳を持った者には、「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な力が宿る。同作は、そんな不思議な能力を身に着けてしまった青年【木山慎一郎】を主人公とした物語。幼少期の飛行機事故で、家族を失い一人生き残ってしまった【木山】。友人も作らず孤独に仕事のみに生きてきた彼は、ある日「死が近い人が透けて見える能力」を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。
“なぜこんな能力を手に入れてしまったのか―?”自らの不思議な力に葛藤する折、彼が出会ったのは【桐生葵】という女性。明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、初めて彼の孤独だった人生に彩りが生まれる。【葵】も【木山】の真っ直ぐな人柄に惹かれていき、やがて2人は互いに必要な存在となっていく。しかし、幸せの絶頂の中、彼女の体が透け始めてしまう。

上映後の舞台挨拶にて三木は、「本日は平日にも関わらずこんなに沢山のお客様にお集まりいただきありがとうございます。キャスト・スタッフと本当に大切に作った作品ですし、いろいろなメッセージも込めています。ラブストーリーではありますが、家族や身の周りにいる自分の大切な人を思うきっかけになるような映画になっていれば嬉しいです。本日はよろしくお願いします。」と挨拶。

過去の監督作とは異なる作風の映画だが、改めて同作で注目してほしい点について、「今まで作った映画の中で一番死の匂いがする作品になったと思います。死を感じる事がマイナスな面だけではなく、今生きている時間をどう過ごすか、生の尊さをどう感じるかという所も原作を読ませていただいた時に強く感じました。普段の日常生活ではそこまで身近に死を感じる事はなかなか無いと思いますし、このようなファンタジー映画だからこそ込められるメッセージだと考えています。自分が死を感じたらどう行動するかをこの映画を通して考えるきっかけになればと思います。」と語った。

この日は、神木隆之介さん演じる木山が『死を目前にした人間が透けて見える能力』を持っていることにちなみ、登壇者が『神木の持つ特別な能力』をそれぞれフリップに書いて発表する企画を実施。三木は、「人生を楽しむ力」と書いたフリップを披露し、「皆さんも神木くんは周りを明るくしてくれるとお話されていましたが、それはおそらく神木くん本人が一番楽しんでいるからだろうと現場で感じました。やはり人に気を遣って楽しませようとすると、それを受けている側は逆に気を遣ってしまうと思うのですが、神木くんの場合はおそらくご本人が楽しんでやっていて、それが周りに伝播していってこちらも楽しくなるんです。また、プライベートの話をしていても仕事の話をしていてもどちらも分け隔て無く楽しそうにお話をされていて、その楽しんでいる様子が変わらないという所が神木くんの一番の能力なのではないかと思います。」と持論を展開した。

監督作品・映画『フォルトゥナの瞳』は、大ヒット上映中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

MOVIE

三木孝浩 監督作品『フォルトゥナの瞳』完成記念イベント&舞台挨拶!

三木孝浩監督作品『フォルトゥナの瞳』完成記念イベント&舞台挨拶が、1/8(火)TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、三木が登壇した。

“フォルトゥナ”とは運命の女神のことで、その瞳を持った者には、「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な力が宿る。同作は、そんな不思議な能力を身に着けてしまった青年【木山慎一郎】を主人公とした物語。幼少期の飛行機事故で、家族を失い一人生き残ってしまった【木山】。友人も作らず孤独に仕事のみに生きてきた彼は、ある日「死が近い人が透けて見える能力」を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。
“なぜこんな能力を手に入れてしまったのか―?”自らの不思議な力に葛藤する折、彼が出会ったのは【桐生葵】という女性。明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、初めて彼の孤独だった人生に彩りが生まれる。【葵】も【木山】の真っ直ぐな人柄に惹かれていき、やがて2人は互いに必要な存在となっていく。しかし、幸せの絶頂の中、彼女の体が透け始めてしまう。

舞台挨拶にて三木は、「今日は寒い中、お集まりいただきありがとうございます。僕にとっても今までと少しカラーの違う新たなチャレンジがたくさん出来た作品です。素敵なキャストの皆さんと一緒に一生懸命作った映画ですので、最初にご覧になる皆さんの感想に少しドキドキしています。ぜひゆっくりと楽しんでいただきたいです。よろしくお願いします。」と挨拶。

主人公・木山慎一郎を演じた神木隆之介さんと木山の恋人・桐生葵役の有村架純さんの共演シーンについて、「海辺でじゃれ合っているシーンで、最初はカップルではなく兄弟かな?というくらい本当に仲が良すぎてしまって二人はカップルだよという話をしました(笑)。お二人の共演が四度目ということで、やはり相性や呼吸が合っていてキャッチボールが上手くいっているなという気がしました。特にデートシーンでは、決まったセリフよりもアドリブでやってみたいと思っていたのですが、そのあたりも上手く二人で空気感を作り上げてくれたので演出側としてはすごく楽でした。」と振り返った。

同作はこれまで青春・恋愛映画を手掛けてきた三木にとって異なる作風の映画となるが、演出面でこだわったポイントを、「サスペンス要素も入ったファンタジーな設定ではありますが、描きたい部分の根本は、人が人を思う気持ちや愛情、愛する人のために自分は何が出来るのかということ。ご覧いただく方が自分の状況に置き換えて、自分だったらこうするかなとか、愛する人のために何が出来るのかということをこの映画を通じて考えていただけたら成功かなと思っています。今回は二人がお互いを思い合う気持ちを特に大事に描きました。」と語った。

また、神木さんの印象を聞かれ、「神木くんは運動神経が素晴らしい方。走りやアクションも美しいのですが、大画面で見たときのちょっとした目の瞬きだったり、微細なミリ単位の動きもちゃんと自分でコントロール出来ていることも運動神経がいいからだと思います。自分のイメージを表現することが100パーセントコントロール出来ていて本当にアスリートだなという印象でした。あと、神木くんをイメージするときに、スケート選手の羽生結弦さんとかぶるんです。普段カメラが回っていないときはリラックスしてみんなと楽しそうにしゃべっているのですが、いざ本番となった時にギアを0から100に切り替えられるところが他にはいないなと思っています。羽生選手も演技が終わった後の表情と本番中ではまったく違っているように見えるので。現場での集中力の高さが本当に素晴らしかったです。」とコメント。

さらに、有村さんについても、「架純ちゃんが出演した作品を拝見し、以前からご一緒したいと思っていました。いろいろなラブストーリーも演じてこられて、女性の揺らぐ気持ちや繊細な感情を豊かに演じている印象でしたが、今回の物語ではご本人が持っている芯の強さが活きるのではないかと思って、キャスティングさせていただきました。そしてそれを見事に作品の中で表現してくれたと思います。」と話した。

監督作品・映画『フォルトゥナの瞳』は、2/15(金)全国公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1974年8月29日生まれ。徳島県出身。映画監督。
早稲田大学第一文学部卒。

大学在学中、自主映画『青空』で早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリを受賞。
卒業後、多数のミュージックビデオを監督し、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞、SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEOなどを受賞。以降、ショートムービー、ドラマ、CM等、活動を広げる。
JUJU feat. Spontania『素直になれたら』のプロモーションの一環として制作した世界初のペアモバイルムービーでカンヌ国際広告祭2009/メディア部門金賞などを受賞。
2010年、映画『ソラニン』で長編監督デビュー。
長編2作目となる映画『僕等がいた』(2012)が、邦画初の前・後篇2部作連続公開。
その他の長編作品として『陽だまりの彼女』(2013)、『ホットロード』(2014)、『アオハライド』(2014)、『くちびるに歌を』(2015)、『青空エール』(2016)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(2017)、『坂道のアポロン』(2018)などがあり、最新作『フォルトゥナの瞳』(2019年2月15日(金)公開)が公開待機中。

【Movie】
◆『フォルトゥナの瞳』(2019年2月15日(金)公開)
◆『坂道のアポロン』(2018)
◆『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(2017)
◆『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)
◆『青空エール』(2016)
◆『くちびるに歌を』(2015)
◆『アオハライド』(2014)
◆『ホットロード』(2014)
◆『陽だまりの彼女』(2013)
◆『僕等がいた』後篇 (2012)
◆『僕等がいた』前篇 (2012)
◆『管制塔』(2011)
◆『ソラニン』(2010)

【TVCM・広告ムービー】
◆資生堂ベネフィーク「リセットタイムのスキンケア」
◆資生堂マシェリ×Nissy「永遠という名の花」
◆パナホーム
◆MIZUNO RUNNING
◆資生堂マキアージュ Short Movie
◆資生堂 マキアージュ
◆株式会社ワオ・コーポレーション 個別指導Axis
◆大塚ベバレジ微炭酸ビタミン飲料 MATCH

【Drama】
◆WOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」(全5話)
◆WOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者」(全5話)
◆TBS ドラマNEO『イロドリヒムラ』 第4話「海辺の犬」
◆MBS・TBS「ドラゴン青年団」
◆WOWOW ミッドナイトドラマ/ 藤子・F・不二雄のパラレル・スペース「あいつのタイムマシン」

【Short Movie】
◆back number「それでもなおできることのすべてを君に」
◆「空色物語」全4編(「虹とシマウマ」「ニケとかたつむり」「アリと恋文」「王様と羊」)
◆LISMO! オリジナルドラマシリーズHappy! School Days! 「Hello Goodbye」
◆JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー
◆福原美穂「優しい赤」
◆pieces of love vol.2「It’s so quiet.」

【Music Video】
◆いきものがかり「花は桜 君は美し」「プラネタリウム」「YELL」「キミがいる」「風が吹いている」「笑顔」
◆FUNKY MONKEY BABYS「Lovin’ Life」「もう君がいない」「ヒーロー」「あとひとつ」「サヨナラじゃない」
◆YUI「LIFE」「Rolling star」「CHE.R.RY」「LOVE&TRUTH」「fight」
◆ORANGE RANGE「ロコローション」「花」「*~アスタリスク~」「SAYONARA」
◆木村カエラ「happiness!!」「L.drunk」「You bet!!」
◆ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」「マジックディスク」
◆mihimaruGT「かけがえのない詩」「Future Language」
◆UVERworld「Colors of the Heart」「君の好きなうた」「SHAMROCK」「恋いしくて」
◆K「over...」「抱きしめたい」「Only Human」「ファースト・クリスマス」
◆遊助「ひまわり」
◆supercell「さよならメモリーズ」
◆平井堅「アイシテル」
◆柴咲コウ「ホントだよ」
◆清水翔太「君が好き」
◆Galileo Galilei「管制塔(acoustic)」
◆Aimer「Re:pray」「花の唄」「I beg you」
◆back number「手紙」
◆Nissy「花cherie」
他、250作品以上を制作。

【Live DVD】
◆Every Little Thing
◆ORANGE RANGE
◆FUNKY MONKEY BABYS


【Others】
◆月刊タウン情報トクシマ「三木孝浩の歩き方~あの頃、僕らは映画と出会った~」コラム連載(2016年12月号~2017年11月号)

【Award】
◆早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリ(映画『青空』)
◆SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEO(ORANGE RANGE「ロコローション」)
◆MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞(ORANGE RANGE「花」)
◆カンヌ国際広告祭2009 メディア部門金賞/サイバー部門銅賞(JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー)
◆広告電通賞2009/クロスメディア・モバイル他部門最優秀賞(JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー)

pagetop

page top