shadow
マツオタカシ

松尾太陽

メディアMEDIA

PROFILE

両親の影響で幼い頃より1970年、80年代の音楽に慣れ親しんで育ち、2012年6月に超特急のボーカルとしてCDデビュー。
伸びやかな歌声と、ソウルフルなファルセットから艶やかに響く低音までを使い分ける表現力には定評があり、
2019年9月に開催した自身初となる単独公演「Utautai」のチケットは完売。
平成生まれながらJ-POPの黎明期に根差した音楽ルーツと豊富な知識さらに、
どんな楽曲世界にも没入して登場人物を演じ切る七色の歌声で、今、大きな注目を集めている。

ニュースNEWS

ALBUM

松尾太陽・1stアルバム「ものがたり」リリース決定!

昨年9月にソロデビューを果たした松尾太陽が、初のフルアルバム『ものがたり』を9月8日にリリースすることが決定。最新のビジュアル写真も同時に公開された。デビューから1年越しで到着する待望のフル作には、2021年に注目を集める新鋭クリエイターも多数集結。磨きをかけた表現力で、さらに多彩な歌物語を綴ってゆく。

自身の音楽ルーツである“City Pops”をテーマにしたデビューミニアルバム『うたうたい』(2020年発売)でも、VaundyやShe Her Her Hersなど気鋭のクリエイター陣とコラボし、自身が初めて作詞・曲を手掛けた「掌」もUSENヒットチャートの上位ランクインを果たした。今年に入ってからもファンクなダンスチューン、ブラックな要素も入った濃厚ラブバラード、ポップかつ叙情的な応援ソングと、ジャンルの異なる3枚の配信作をリリースし、アーティストとしての幅と深みを追求している。

今回の1stフルアルバムには、初の全英詞作「Magic」、3人組ピアノバンドOmoinotakeによる「体温」、セルフプロデュース作「ハルの花」という配信3作に加えて、新曲もふんだんに収録。オルタナティブな音楽が武器のシンガーソングライターOHTORA、オレンジ髪のChi-によるパンクなソロユニットのカメレオン・ライム・ウーピーパイ、1989年生まれの3人によるニューノスタルジックバンドTHREE1989、さまざまなカルチャーを飲み込み咀嚼する異色のポップスバンドBialystocks、アーバンでスタイリッシュな男女3人組macicoら、今作も新進アーティストたちの参加が決まっている。

幼い頃より自分が生まれる前の音楽にも慣れ親しんで、時代を超える感性を備える松尾だけに、アートでどこかレトロが香る音を鳴らす面々と、いかなる化学反応を起こしてくれるのか興味津々。さらに、さかいゆう、山口寛雄ら、松尾自身も敬愛する作家陣によるエヴァ―グリーンな楽曲も加わって、盛りだくさんの内容になる予定だ。歌い手から語り手へと進化する松尾の表現と世界観が凝縮された意欲作に、ぜひご期待いただきたい。

▼松尾太陽・コメント
初めてのフルアルバム「ものがたり」をリリースさせて頂きます。一つ一つの曲が点となって、全ての曲が揃った時に線になって様々なものがたりを紡いでいく。ちょっと不思議だけどドラマティックな作品となっています。今年は僕にとって音楽に向き合って、新しい自分と対面出来た年だったので、その第一歩を踏み出せる逞しい一枚になっていると思います。色彩豊かな音符が聴いて下さる皆様にとっての笑顔になれますように。

商品概要
1st Album「ものがたり」
発売日: 9月8日 / 品番: ZXRC-2080 / POSコード: 4582465230858 / 価格: 税抜¥2,800 / 税込¥3,080
収録曲: 「Magic」「体温」「ハルの花」他、全10曲収録予定

松尾太陽 OFFICIAL SITE:https://matsuo-takashi.jp
  • はてなブックマーク

SINGLE

松尾太陽・全英詞の「Magic」配信リリース!

9月にソロシンガーとしてデビューを果たした松尾太陽が、3ヶ月連続で新曲を配信リリースすることが発表された。第一弾となる楽曲は「Magic」を1月15日に配信リリース。丁寧に言葉を紡いできたデビュー作『うたうたい』とはガラリと一転、なんと今回は初の全英詞に挑戦。純粋な“音”勝負で新境地を開拓する。

自身の音楽ルーツである“City Pops”をコンセプトに、大塚愛や堂島孝平、Vaundyらの豪華クリエイター陣を迎えて制作され、好評を博したミニアルバム『うたうたい』。中でも松尾自身が作詞・曲を手掛けた「掌」は、発売翌月もUSENのヒットチャートで上位を獲得するなど、スマッシュヒットを記録した。そんな期待の中で到着する待望の新曲「Magic」は、運命の女性と出会い、恋に落ちる喜びを全英詞で描いたラブソング。十八番の透き通ったファルセットで幕開け、クラップも交えた軽快なR&Bダンスチューンとなっており、魔法のように魅惑的な“Magic Love”の世界へと誘ってくれる。

新たに公開されたアーティストビジュアルも、明るい色をしたヘアとアイブロウ、そしてアンニュイな眼差しが印象的な仕上がりに。どことなくファンタジックなムードを醸すのは、Moonlight(=月の光)やShooting Star(=流れ星)といった天体ワードが散りばめられたリリックともイメージピッタリだ。真っ白な壁を背に座るシチュエーション自体は前作同様なので、見比べてみるのも楽しいだろう。

自身の公式YouTubeチャンネルでは、さまざまなアーティストの楽曲カバーを発表するなど、自宅でも楽しめるエンタメを次々に提供してきた松尾太陽。この「Magic」リリースによって、その幅はさらに広がっていきそうだ。

▼松尾太陽・コメント
Magicは、僕にとって挑戦的な楽曲で、2021年は僕にとっても沢山挑める年にしたいなと思っているので大きな一歩を踏み出せたような気がします。
いちアーティストとして、曲に向き合っていけたらなと思っています。
是非この曲を聴いてクラップをしたり、楽しんでもらえると嬉しいです。


▼Teaser
https://youtu.be/o5HmPmagyxs

▼「Magic」リンクファイア
https://ssm.lnk.to/Magic_MT
  • はてなブックマーク

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

※ディスコグラフィーは準備中です。

pagetop

page top