shadow
タケウチリサ

竹内里紗

ニュースNEWS

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」開催決定!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」を、9月19日(日)、20日(月・祝)に渋谷ユーロライブで開催することが決定した。

今年はなんと二日間にわたってイベントを開催!所属監督の作品上映はもちろん、若手監督発掘のために一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションも継続して行う。

■上映作品
三木孝浩は、2016年に公開された映画『青空エール』の上映が決定。同作は、2008年の連載開始当初から人気を博し、2015年に惜しまれつつも堂々のフィナーレを迎えた河原和音さんの漫画「青空エール」を実写映画化。「好きな人の夢を全力で応援したい」、支えあい、惹かれあい、成長する二人の姿を描く青春傑作ストーリーとなっている。吹奏楽部でトランペットを始めたヒロインには土屋太鳳さん、甲子園を目指し奮闘する野球部員を竹内涼真さんが演じている。キラキラ輝く二人の演技にも大注目!
また、月川翔は、「劇場版 そして、生きる」の上映が決定。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など数々のヒューマンドラマを執筆してきた脚本家・岡田惠和さんが紡いだオリジナルストーリー。2019年WOWOW連続ドラマWで放送され「まるで映画作品のようだ」「ひとりでも多くの人に観てもらいたい」という熱烈な声に答え、再編集を施すことで満を持して映画化された。有村架純さん演じる気仙沼でボランティア活動に参加する瞳子と、坂口健太郎さん演じる学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清隆が、気仙沼での日々を共に過ごすなかでやがて互いに特別な感情を抱いていくという物語。不思議な縁により出会う二人が壮大な物語のなかどのような逆境に遭遇し、どんなふうに力強く生きていくのか。2人の運命を見届けよう。
さらに上映後には、毎年恒例監督×豪華ゲストによるティーチインも実施予定!
豪華ゲストは完全シークレット!当日ご来場のお客様のみ知ることができるとっておきのサプライズをお楽しみに。
ティーチインでは、準備の期間から、公開に至るまでの様々な思いやエピソードを振り返る。お客様からの質問にも答え、アットホームな空気で進むこのイベントだからこそ聞き出せる裏話が飛び出すこと間違いなし!!

■ショートフィルムコンペティション部門を開催
30分以内の短編作品を募集し、審査員の厳正なる審査により上位4作品を決定。上位4作品は<STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞>としてイベント内でスクリーンにて上映されることが決定している。
さらにその中から、当日の審査員・ご来場のお客様の評点でグランプリ作品を決定し、グランプリに選ばれた若手監督には<STARDUST賞>として、スターダストグループ全面バックアップのもと<ショートフィルム>と<ミュージックビデオ>の2作品を監督するチャンスが与えられる。

【イベント概要】
開催日時:2021年9月19日(日)、20日(月・祝)
場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
上映作品:『青空エール』、『劇場版 そして、生きる』、ほか
ショートフィルムコンペティション応募受付期間:2021年4月1日(木)12:00〜2021年5月31日(月)23:59
詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」オフィシャルサイトへ!
http://www.stardust-directors.jp/sdff2020
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
立教大学現代心理学部映像身体学科にて教授の万田邦敏のもとで劇映画の演出を学び、ゼミや自主映画製作サークル「シネマトグラフ」にて映画製作を開始する。
同級生2人と共同制作した卒業制作作品『みちていく』は2014年の第15回TAMA NEW WAVEにてグランプリを受賞。
東京芸術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域へ進学し、修了作品として『みつこと宇宙こぶ』を制作。
その後山戸結希監督が企画・プロデュースを手掛け、総勢15名の新進映画監督が集結したオムニバス映画『21世紀の女の子』にも参加するなど活躍の場を広げている。

WORKS

 
【映画】
◆ANA オリジナルショートムービー 星の都 第3弾「再見」(2020)
◆オムニバス映画『21世紀の女の子』「Mirror」(2019)
◆「みつこと宇宙こぶ」(2018)
◆東映 presents HKT48×48人の映画監督たち「ハズレときどき恋」(2017)
◆「渦」(2017)
◆「FOLLOW」(2016)
◆「感光以前」(2015)
◆「みちていく」(2015)

pagetop

page top