shadow
ユウキサイトウ

Yuki Saito

ニュースNEWS

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2022」開催決定&コンペ作品募集!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2022」を、9月17日(土)、18日(日)に渋谷ユーロライブで開催することが決定した。

2017年からスタートしたこのイベント、今年はなんと二日間!所属監督の作品上映はもちろん、若手監督発掘のために一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションも継続して行うことが決定している。

■参加監督
今年7月29日(金)には『今夜、世界からこの恋が消えても』が公開、8月には『TANG タング』、『アキラとあきら』の公開を控える・三木孝浩。まだ記憶に新しい大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』を監督し、昨年岡田惠和がオリジナル脚本を手掛けたヒューマンラブストーリー「連続ドラマW そして、生きる」(WOWOW)を監督し、号泣の嵐を巻き起こした・月川翔。Amazon製作初の邦画で世界配信中の『HOMESTAY(ホームステイ)』を監督した瀬田なつき。2018年社会現象にもなったドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日)の演出に参加し、公開するやいなや感想があがりSNSで大きな反響を呼んだ映画「君が落とした青空」を監督した新鋭・YukiSaito。ベトナムで制作した映画『サイゴン・ボディガード』が『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を抑えて初週1位を獲得した後、映画『パパとムスメの7日間』をベトナムで実写化しまたしても爆発的大ヒットを叩き出した落合賢。ムロツヨシ初主演の映画『マイ・ダディ』を監督し、今後の作品も目が離せない金井純一。次々に活躍の場を増やす中島良、吉野主らが所属している。
さらに、昨年公開された映画『明け方の若者たち』を監督し、三木孝浩監督作品『今夜、世界からこの恋が消えても』の脚本にも参加し大注目を集めている松本花奈。
川崎僚、竹内里紗、八重樫風雅、山元環、堀江貴大、高橋朋広、三川音璃ら若手監督の勢いも止まらない!
次に出てくるのは誰なのか!三木孝浩、月川翔はもちろん、スタダ監督から目が離せない!
所属監督16名の作品も上映予定!懐かしいあの作品も、スクリーンでみたかったあの作品の上映もあるかも!上映作品の解禁までしばしお待ちください。

■ショートフィルムコンペティション部門を開催
30分以内の短編作品を募集し、審査員の厳正なる審査により上位3作品を決定。上位3作品は<STARDUST DIRECTORS film fes. 2022賞>としてイベント内でスクリーンにて上映されることが決定している。
さらにその中から、当日の審査員・ご来場のお客様の評点でグランプリ作品を決定し、グランプリに選ばれた若手監督には<STARDUST賞>として、スターダストグループ全面バックアップのもと<ショートフィルム>と<ミュージックビデオ>の2作品を監督するチャンスが与えられる。

<三木孝浩 コメント>
コロナ禍で延期になったり、オンラインでの開催もありましたが、やっと有観客で再び開催できることを本当に嬉しく思います!
このフィルムフェスティバルは、観客の皆さんとの交流の場であることはもちろん、監督同士が志を高め合う場でもあります。
今回は2日間にわたっての開催となり、第一線で活躍するプロデューサー&脚本家が審査員として参加するショートフィルムコンペも行われます。
新たな才能との出会いを一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです!

【イベント概要】
開催日時:2022年9月17日(土)、18日(日)
場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
ショートフィルムコンペティション応募受付期間:2022年4月2日(土)12:00〜2022年5月31日(火)23:59
詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2022」オフィシャルサイトへ
http://www.stardust-directors.jp/sdff2022
  • はてなブックマーク

MOVIE

Yuki Saito 監督作品・映画『君が落とした青空』大ヒット御礼舞台挨拶!

Yuki Saito監督映画『君が落とした青空』の大ヒット御礼舞台挨拶が2/28(月)TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、福本莉子さん、松田元太さんと共にYukiが登壇した。

同作は、全国女子中高生に大人気の小説アプリ「野いちご」にて発表され、“切ない小説ランキング”第1位を獲得、現在発行部数23万部を記録している櫻いいよ氏の「君が落とした青空」を実写映画化。

付き合いはじめて2年が経つ高校3年生の実結(福本莉子さん)と修弥(松田元太さん)。
“毎月1日は何があっても一緒に映画を観に行く”という約束通り、その日もデートへ向かった2人。
しかし、修弥は突然「急用ができた」と言い、どこかへ行ってしまう。最近何かを隠しているような彼の態度に不安を感じていた実結。
気まずさの残る中、「もう一度話したい」と連絡してきた修弥に会うため向かった待ち合わせ場所で、彼は実結をかばって交通事故に遭ってしまう──。
実結は突然の出来事にパニックになるが、目が覚めると自分の部屋のベッドで朝を迎えていた。
時間が経つにつれて自分がタイムリープをしていることに気がつき、何度も未来を変えようと1人奔走する中で、彼が隠していたある秘密を知る・・・。
果たして、実結は修弥を救うことができるのか?そして実結が知った真実とは─?

上映後に行われた舞台挨拶にてYukiは、「公開から十日が経ち、本当に多くの方に観ていただいて、こうしてお礼という形でもう一度お客さんと直接会える場を迎えられたことが嬉しいです。ありがとうございます。」と挨拶。

同作の主演を務めた福本莉子さんと松田元太さんの関係について、「現場のときはお互いに役を演じることに一生懸命だったのですが、秋からの宣伝期間を通して会うたびに仲良くなっていったように感じます。この映画は実結と修弥のすれ違いを描く作品なので、撮影ではあえて距離を取っていて、いざ宣伝が始まると一気に仲良しになるんだなと改めて思いました。」と話した。

また、実結が修弥からの手紙を読むシーンでは、松田さんが実際に手紙を読んだ音声を流しながら撮影を行ったといい、「きっと修弥の思いが声から伝わりやすいと思ったので、まず本番で一回やってみて、もしもうちょっと気持ちが欲しいなと感じたら音声を流そうと思って用意していただきました。」と明かした。

イベント終盤では、Yukiが福本さん、松田さんに向けてサプライズで手紙を朗読。お二人にそれぞれメッセージを送ったあと、最後に“何度タイムリープをしても僕は福本莉子と松田元太を選びます。そして、実結と修弥はスクリーンの中で、観てくれた人の心の中で生き続けると思います。心からありがとうございました”と読み上げ感謝を伝えた。

映画『君が落とした青空』は全国公開中!
ぜひお楽しみください。

■公式サイト
https://happinet-phantom.com/kimiao/
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1979年6月21日生まれ。千葉県出身。監督。
Columbia College-Hollywood 卒

高校卒業後に渡米し、本場ハリウッドで8年間映画を学ぶ。
2015年、短編映画『ゴッサム ジャンブル パフェ』でショートショートフィルムフェスティバル&アジア史上初となる4度目の「観客賞」を受賞後、世界各国20以上の映画祭で上映。2012年には、被災地のペット達の救援活動をドキュメントした『インスタントペットハウス』がカンヌ国際広告祭「Direct部門」でシルバーとブロンズ、「Design部門」でもブロンズを受賞し、2013年、サンシャイン水族館『ペンギンナビ』がカンヌ国際広告祭「Mobile部門」でシルバーとブロンズを受賞。翌2014年にも同作が「Design部門」でゴールドを受賞し、3年連続のカンヌ受賞を達成するなど、CM監督としても国内外で高い評価を受ける。ドラマでは『ロボサン』(TX)ではVFXアニメーションと実写をコラボさせた新しい試みで話題を集め、第68回日本映画テレビ技術協会VFX部門映像技術賞を受賞。2016年4月クールに放送された「昼のセント酒」(TX)が話題を呼ぶ。
2016年秋には商業長編デビュー作として川端康成原作「古都」を現代版にアレンジし、松雪泰子(一人二役)を主演に迎え、橋本愛、成海璃子、伊原剛志、奥田瑛二など実力派俳優が出演し、原作の未来を描く映画『古都』で商業長編デビューを果たし、文部科学省特別選定映画に選出される。2018年「おっさんずラブ」(テレビ朝日)第6話放送後、Twitterの世界トレンド1位をとなる大反響を読んだ。

WORKS

 
【MOVIE】
◆「君が落とした青空」(2022年初春公開)
◆「軍艦少年」(2021年12月10日公開)
◆「たぶん」(2020)
◆ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-『Our Birthday』(2018)
◆「Matcha!!!」(2016)
◆「古都」(2016)
◆「ゴッサム ジャンブル パフェ」(2015)
◆「しゃぶしゃぶスピリット」(2015)
◆「あのときのFlavor...」(2014)
◆「胸にTATTOOなんかいれて」(2012)
◆「桐生人」(2012)
◆「Re:Play-Girls」(2010)
◆AI監督「Take Action」脚本・Associate Director(2009)
◆「カクレ鬼」(2008)
◆「帽子屋さんのお客様」(2007)
◆「返り討ち」(2007)
◆「AMERICAN DEAL」(2005)

【DRAMA】
◆テレビ朝日金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』第5話、第7話(2021)
◆テレビ朝日オシドラサタデー「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第7話、第8話、スピンオフ(2021)
◆テレビ朝日 「おっさんずラブ in the sky」第3話、第6話、第7話(2019)
◆テレビ朝日「私のおじさん~WATAOJI~」第2話、第5話、第7話(2019)
◆テレビ朝日「あなたには渡さない」第3話、第4話(2018)
◆テレビ朝日「おっさんずラブ」第3話、第6話(2018)
◆AbemaTV「会社は学校じゃねぇんだよ」第5話、第6話(2018)
◆AbemaTV「オトナ高校 エピソード0」(2017)
◆TX「昼のセント酒」(2016)
◆UULA「ソイカレ」(2015)
◆TX「甲殻不動戦記ロボサン」(2014)
◆TokyoMX,BS11「BATTLE☆DISH//」(2014)
◆DVD 小学館「ドーリィ♪カノン」(2013)

【CM】
◆クラッシュオブキングス「五つの掟」
◆損保ジャパン日本興亜「off!」
◆ブルボン「ズルイよ、甘杉くん!」全8本
◆福屋不動産販売「東京ローカルプロモーション」 ブランデットムービー
◆NifMo by Nifty「轟満の先入観」 ブランデッドムービー
◆LIVEMAX「LIVEMAX」(2013)
◆バンダイ「スマトモ」(2013)
◆池袋サンシャイン水族館「ペンギンナビ」(2013)
◆どうぶつ救援本部「インスタントペットハウス」(2012)

【MUSIC VIDEO】
◆スキマスイッチ「吠えろ!」
◆ケツメイシ「さくら」(2021年ver.)
◆まいきち「どこでもスタート」
◆GReeeeN (GReeeeN Tea)「ノスタルジア」
◆スキマスイッチ「Revival」
◆KOBASOLO「背中合わせ(feat.安果音)」
◆MACO「Sweet Memory」
◆忘れらんねえよ「いいひとどまり」
◆K「桐箪笥のうた」
◆K「ハラボジの手紙」(2013)
◆Kanon「がんばれシンデレラ」(2013)
◆WAZZ UP「Be My Love」(2013)
◆香音「花粉デビルをやっつけろ!」(2013)

【OTHER】
◆DISH// 2015.1.1 日本武道館ライブ 総合演出
◆DISH// 2014.5.11 日比谷野外音楽堂ライブ 総合演出

pagetop

page top