STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
アベ シンノスケ

阿部進之介

メディアMEDIA

MOVIE

「キングダム」
監督:佐藤信介
2019年4月19日(金)公開
https://kingdom-the-movie.jp/



「デイアンドナイト」
監督:藤井道人
2019年1月26日(土)公開
※企画・主演
https://day-and-night-movie.com/


「アウト&アウト」
監督:きうちかずひろ
2018年11月16日(金)ロードショー
http://out-and-out.jp/

「栞」
監督:榊原有佑
2018年10月26日(金)公開
https://shiori-movie.com/

TV

02/21(木)
20:00~20:54
「刑事ゼロ」
テレビ朝日
第7話
https://www.tv-asahi.co.jp/keiji-0/

EVENT

『デイアンドナイト』舞台挨拶付き先行上映 開催決定!
■鹿児島県先行上映 詳細
【登壇者】阿部進之介、藤井道人監督、山田孝之プロデューサー(敬称略)
※登壇者やイベント内容は、予告なく変更・中止となる場合がございます。
2019/01/12(土)
【会場】TOHOシネマズ 与次郎
◎10:10 の回(上映後に舞台挨拶を行います。)
【会場】鹿児島ミッテ 10
◎13:10 の回(上映後に舞台挨拶を行います。)
【会場】薩摩川内市国際交流センター
◎17:00 の回(上映後に舞台挨拶を行います。)
2019/01/13(日)
【会場】天文館シネマパラダイス
◎9:00 の回(上映後に舞台挨拶を行います。)
【会場】シネマサンシャイン姶良
◎12:10 の回(上映後に舞台挨拶を行います。)

■秋田県先行上映 詳細
【登壇者】阿部進之介、安藤政信、清原果耶、藤井道人監督、山田孝之プロデューサー(敬称略)
※登壇者やイベント内容は、予告なく変更・中止となる場合がございます。
2019/01/19(土)
【会場】文化の杜交流館「コモッセ」
◎9:00 の回(上映後に舞台挨拶を行います。)
【会場】琴丘総合体育館
◎17:20 より開始
2019/01/20(日)
【会場】TOHOシネマズ 秋田
◎9:20 の回(上映後に舞台挨拶を行います。)
【会場】ルミエール秋田
◎12:00 の回(上映後に舞台挨拶を行います。)

詳細はこちら

DVD

映画「信長協奏曲」DVD&Blu-ray
発売日:2016/07/20(水)
DVDスペシャル・エディション価格:5,700円(税抜)
DVDスタンダード・エディション価格:3,800円(税抜)
Blu-rayスペシャル・エディション価格:7,600円(税抜)
Blu-rayスタンダード・エディション価格:4,700円(税抜)
発売元:フジテレビジョン
販売元:ポニーキャニオン
★スターダストショッパーズにて通販受付中>>>
※スペシャル・エディション(Blu-ray&DVD)のみの販売となります。

ニュースNEWS

MOVIE

阿部進之介 映画「デイアンドナイト」初日舞台挨拶!

阿部進之介企画・主演映画「デイアンドナイト」が1/26(土)公開初日を迎え、シネマート新宿で行われた舞台挨拶に阿部が登壇した。

同作は、山田孝之が一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦し、山田とは旧知の仲である阿部が企画・主演を務める完全オリジナル作品。そんな本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出す。
監督を務めるのは、ドラマ「100万円の女たち」や映画『7s/セブンス』『光と血』などを手掛け、映画、ドラマ、MV、CM など様々な分野で映像表現の幅を広げ活躍する若手監督の最注目株とも呼び声の高い藤井道人氏。
同世代のメンバーが熱い思いをぶつけ合いながら、昨年11月にクランクインし、秋田県の秋田市、鹿角市、三種町で同年11 月末まで撮影が行われ、遂にこころ揺さぶる人間ドラマが完成した。

上映後に行われた舞台挨拶にて、「監督と映画を作ろうとなり、“阿部さん、どんな映画を作りたいですか?”と監督が話してくれてから6年が経ちます。そこからたくさんの仲間が集まってくれて、素晴らしいチームで作り上げた映画だと思っています。今日こうやって皆さんの元にお届けすることができてとても嬉しいです。秋田では先行上映をしていますが今日を皮切りに全国の皆さんに観ていただくことができるということで、とてもワクワクしているのですが自分たちの手を離れてお客さんの映画になっていくことが少し寂しくもあります。でも劇場に足を運んでくださった皆さんの顔を見ると、本当に作って良かったと思いました。」と感慨深い様子で語った阿部。

公開までの6年を振り返り、「“ああいうのがいいね、こういうのもいいね”というやりとりから始まり、孝之が一緒に作りたいと入ってくれて、ゼロから話していったところに安藤(政信)さんや清原(果耶)さん、そしてスタッフの皆さんなどいろいろな人が集まってくれて。ゼロから作る過程を経験することで、大切な作品だという気持ちがどんどん芽生え、言葉で言い表せないのですが、1つの作品をお客様に届けるということはこういうことだし、思いを込めるというのはこういうことなんだと体感してきたので感無量です。」と語った。

同作の主題歌はヒロイン・奈々を務めた清原果耶さんが担当。藤井監督から音源が完成した際に“聞きます?”と何度も言われたそうで、「僕は映画を観てその流れで聞きたかったのに、“すごくいいんですよ。聞かないんですか”と何度言われました(笑)。」と明かすと、藤井監督が“鹿児島のキャンペーンの移動中に流したら泣きそうになっていた”と暴露され、「奈々が歌っているのでどうしても(自身が演じた)明石の気持ちになってしまうんです。明石が知らなかったその後の奈々や、奈々の気持ちを歌で知ることができて、そういう気持ちになってしまいました。でもそれをニヤニヤしながら監督が僕のことを見ていました。」とエピソードを語った。

さらに、山田がプロデューサーを務めたことについて、「役者がどうやったら役に集中できるかに重きを置いていろいろと調整をしてくれました。そういった配慮は役者の気持ちを理解していないと出来ないこと。山田孝之は素晴らしい俳優なので、自分だったらこうしてほしいということを全てやってくれたと思います。集中しやすい現場でしたし、何より深く役に入り込むことを知っている人間がプロデューサーとして居てくれるだけで、心のよりどころになりました。」と感謝した。

そして最後に、「答えを出さないでおくことを大切にして作った作品です。僕たちが皆さんの元に映画を届けた時点からお客様のものになって、皆さんが感じたものが「デイアンドナイト」です。こういうテーマを普段話すことってないじゃないですか。でもこの映画が家族や友達、大切な人と話し合うきっかけになり、共有してくださったら嬉しいです。もしもう一度観てくださることがあったとしたら、“こいつ嫌なヤツだな”とか“こいつは悪いヤツだ”と思う人に注目して観ていただきたいです。今回は明石が主役でしたので明石目線で描かれているところがありますが、人生って皆さんそれぞれが主役で生きていると思うんです。なので、嫌なヤツだと思った人に注目して、その人の人生がどうなのかという目線で観ていただいたら違う見え方があるのかなと思います。僕らもチェックしていますので、SNSで感想などつぶやいて下さったら嬉しいです。今日はありがとうございました。本当に感無量です。」と締めくくり、舞台挨拶は終了した。

映画「デイアンドナイト」は絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていく——。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

阿部進之介 映画「デイアンドナイト」先行上映舞台挨拶!

阿部進之介主演映画「デイアンドナイト」の鹿児島先行上映舞台挨拶が1/13(土)薩摩川内市国際交流センターで行われ、阿部が登壇した。

同作は、山田孝之が一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦し、山田とは旧知の仲である阿部が企画・主演を務める完全オリジナル作品。そんな本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出す。
監督を務めるのは、ドラマ「100万円の女たち」や映画『7s/セブンス』『光と血』などを手掛け、映画、ドラマ、MV、CM など様々な分野で映像表現の幅を広げ活躍する若手監督の最注目株とも呼び声の高い藤井道人氏。
同世代のメンバーが熱い思いをぶつけ合いながら、昨年11月にクランクインし、秋田県の秋田市、鹿角市、三種町で同年11 月末まで撮影が行われ、遂にこころ揺さぶる人間ドラマが完成した。

公開を間近に控え、山田の故郷・鹿児島県にある薩摩川内市国際交流センターほか全5か所で公開記念イベントを開催し、上映後の舞台挨拶に登壇した阿部は、「孝之の地元に来て、すごく温かく迎えてくださって感動しております。」と挨拶。

オリジナル作品である同作は、脚本完成までに4年の月日を数え、28稿にも及んだという。阿部は、「藤井監督の作品を観ていて、いつか一緒に仕事がしたいと思っていたので、僕から「飲みに行きましょう」と監督に近づいたのが始まりです。お互いのことだったり、好きな映画の話だったりをしていくうちに企画開発が始まっていった。そのあとすぐに孝之が参加してくれた。」と経緯を振り返った。

そして最後に1/26(土)の公開を控え、一足先に鑑賞した来場者へ「もう一度作品を楽しむため」のポイントについて、「劇中にニュース報道のシーンが出てきます。何かしらの事件が起こった時、ニュースで知ることが多いと思いますが、そこで報じられていることはひとつの側面で、そこをもうすこし掘り下げたものが今回の映画だと思います。ひとつのニュース報道にはたくさんの人たちが関係している。その人たちに何が起こって、どういう感情だったのか、そんなことを考えながら、もう一度観ていただくと違った見え方になるのかなと思います。」とPRした。

映画「デイアンドナイト」は1/19(土)秋田県先行公開後、1/26(土)全国公開。
ぜひ劇場でお楽しみください!

【ストーリー】
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていく——。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

2003年
「ラヴァーズ・キス」
監督:及川中
配給:東宝
2005年
「Bon Voyage!」
監督:及川拓郎

「メノット」
監督:及川中
2006年
「カミュなんて知らない」
監督:柳町光男

「明日の記憶」
監督:堤幸彦
2007年
「APT#1303」
監督:及川中

「大帝の剣」
監督:堤幸彦
配給:東映

「ラストラブ」
監督:藤田明二
配給:松竹
2008年
「テケテケ2」
監督:白石晃士
2009年
「クローズZERO Ⅱ」
監督:三池崇史
配給:東宝
2010年
「十三人の刺客」
監督:三池崇史
配給:東宝
2011年
「BADBOYS」
監督:窪田崇

「DOG×POLICE」
監督:七高剛
2013年
「恐竜を掘ろう」
監督:大和田伸也
配給:東京テアトル
 
「風俗行ったら人生変わったwww」
監督:飯塚健
配給:セディックインターナショナル、電通
2014年
「オー!ファーザー」
監督:藤井道人
配給:ワーナー・ブラザース映画
 
「小川町セレナーデ」
監督・脚本:原桂之介
2015年
「罪とバス」
監督:藤井悠輔
2016年
「信長協奏曲」
監督:松山博昭
配給:東宝
2017年
「狂い華」『優しい日常』
監督:湯浅典子
配給:パロマプロモーション
2018年
「神さまの轍 -checkpoint of the life-」
監督・脚本:作道雄
 
「デイアンドナイト」
監督:藤井道人
 
「栞」
監督:榊原有佑

TV

2003年
「奥様レンジャー」(TX)

「世界ウルルン滞在記 タンザニア編」(TBS)
2004年
「超星神グランセイザー」(TX)
※インパクター・ロギア役
2005年
「哀しい天罰」(CX)

「刑事部屋」(ANB)
※第2話
※梶 竜一役
2006年
「十津川警部36」(TBS)
※竹内 建治役

「警視庁捜査一課9係」(ANB)

「信濃のコロンボ・埋もれ火」(TX)

「仮面ライダーカブト」(ANB)
※第29・30話

「PS羅生門」(ANB)
※第11話
2007年
「週刊・赤川次郎 美しい闇」(TX)

「愛の迷宮」(東海テレビ)

元旦スペシャル「夢の旅 にっぽん絶景百選」(NHK)
2008年
「東京ゴーストトリップ」(MXTV)
※第3話

「家政婦は見た!26ファイナルスペシャル」(ANB)

「人情質屋・萬屋長兵衛の隅田川事件ファイル」(TBS)
※野村 秀一役
2009年
「メイちゃんの執事」(CX)
※神田役

「あべ一座」(NHK Hi BS開局20周年特番)

「トリハダ5 気づくことが恐怖のはじまり」(CX)
2010年
「853~刑事・加茂伸之助」(EX)
※第1話

「赤かぶ検事 京都編」(TBS)
※磯貝有紀役

「相棒season9」(EX)
※第1・2話

「仮面ライダーオーズ」(EX)
※第11・12話
※筑波敬介役
2011年
「世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編~分身~」(CX)

「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(CX)
※第5・6話
※蒔田高巳役

「ろくでなしブルース」(NTV)
※第10・11・12話
※鬼塚役
2013年
「女と男の熱帯」(WOWOW)
※西岡役
 
「臥竜の天~伊達政宗 独眼竜と呼ばれた男~」(BS-TBS)
 
「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」(TBS)
 
土曜ワイド劇場「ホゴカン 熱血保護司・村雨晃司の事件簿」(EX)
 
「Oh,My Dad!!」(CX)
※第10話
2014年
「相棒 season12」(EX)
※第19話
 
「ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~」(CX)
※第9話
 
「ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~」(TBS)
※第10話
 
大河ドラマ「軍師官兵衛」(NHK)
※第26回~
※加藤清正役
 
「信長協奏曲」(CX)
2015年
「REPLAY&DESTROY」(TBS)
 
「下町ロケット」(TBS)
 
「スペシャリスト4」(ANB)
2016年
「わたしを離さないで」(TBS)
2017年
ドラマスペシャル「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」(EX)
 
「ソースさんの恋」(NHK BSプレミアム)
2018年
「BG~身辺警護人~」(EX)

DVD

2008年
「ハイウェイバトルR&R」
監督:池田哲也
※小山田浩司役
2009年
「ハイウェイバトルR&R2 マキシマムスピード」
監督:池田哲也
※小山田浩司役

CM

2017年

08月

キングス3周年ドラマ「CLASH OF KINGS ~五つの掟~」

OTHER

2011年
携帯ドラマ LISMO
「REPLAY&DESTROY」
監督:飯塚健

pagetop

page top