STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
ハギワラミノリ

萩原みのり

メディアMEDIA

MOVIE

「佐々木、イン、マイマイン」
2020年秋に劇場公開予定
監督:内山拓也
公式サイト

「街の上で」
2020/05/01(金)より全国順次公開
監督:今泉力哉
公式サイト

「37セカンズ」
第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門正式招待決定
2020/02/07(金)より全国公開
監督:HIKARI

「転がるビー玉」
2020/02/07(金)より全国公開
監督:宇賀那健一
配給:「転がるビー玉」製作委員会
公式サイト

「普通は走り出す」
2019/10/25(金)~
アップリンク吉祥寺にて公開
監督・脚本:渡辺紘文

「もぎりさん session2」
2019/10/04(金)~10/24(木)
第11話「もぎりさんところどころ」
キネカ大森にて上映
監督・脚本:瀬田なつき

「お嬢ちゃん」
2019/09/28(土)より
東京・K's cinemaほか全国で順次公開
監督:二ノ宮隆太郎
※主演

「正しいバスの見分けかた」
2019/08/23(金)〜08/29(木)
シネマート新宿にて公開
監督・脚本:高橋名月

「僕の好きな女の子」
2019/04/21(日)
監督:玉田真也
配給:よしもと・クリエイティブ・エージェンシー
※第11回沖縄国際映画祭上映作品
公式サイト

TV

2019/12/05(木)
23:45~25:14
「37セカンズ」
NHK BSプレミアム

2018/12/21(金)
毎週金曜21:00~
ドラマ『I”s(アイズ)』
磯崎泉役
BSスカパー!・スカパー!オンデマンド
公式サイト

2019/03/30(土)
21:00~22:00 前編
2019/03/31(日)
21:00~22:00 後編
「演劇人は、夜な夜な、下北の街で呑み明かす」第21夜
BSスカパー!

2018/12/14(金)
21:00~22:00
事前特番~ 連続ドラマ「I”s(アイズ)」徹底ガイド
BSスカパー!

2019/03/22(金)スタート!
毎週金曜22:00~
「虫籠の錠前」
WOWOW
公式サイト

2019/01/19(土)スタート
毎週土曜18:05~(連続7回)
「幕末グルメ ブシメシ!2」
NHK
公式サイト

STAGE

「裏切りの街」
・新国立劇場 中劇場
 2020年5月31日(日) ~ 2020年6月16日(火)
・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
 2020年6月20日(土) ~ 2020年6月22日(月)
公式サイト

RADIO

2018/11/27(火)
23:30頃~
「レコメン!白石聖のわたくしごとですが・・・」
文化放送

WEB

2019/01/30(水)
HUSTLE PRESS
公式サイト

DVD

「I"s アイズ」Blu-ray BOX
発売日:2019/07/17(水)
Blu-ray BOX価格:20,000円(税抜)
発売元:カルチュア・パブリッシャーズ
通販ページはこちら>>

ドラマ「虫籠の錠前」DVD・Blu-ray BOX
発売日:2019/06/21(金)
価格:Blu-ray BOX 14,000円(税抜)
価格:DVD-BOX 12,000円(税抜)
販売元:アニプレックス
スターダストショッパーズでご注文受付中!
通販ページはこちら>>

ニュースNEWS

MOVIE

萩原みのり 映画「転がるビー玉」先行公開初日舞台挨拶!

萩原みのり出演映画「転がるビー玉」先行公開初日舞台挨拶が、1/31(金)渋谷シネクイントで行われ、萩原が登壇した。

同作は、カエルム株式会社より発行している女性ファッション誌「NYLON JAPAN」の創刊15周年プロジェクトとして製作。新しいファッションやカルチャーを生み出し続け、時代の流れと共に常に変化しているカオスな街、渋谷。かつてないほどの大規模再開発中の渋谷で、いずれ取り壊されることが決まっている古いマンションをシェアして生活する、3人の女の子の物語となっている。

再開発が進む、渋谷。その片隅にある古い家の床は少し傾いている。ここで共同生活する愛(吉川愛さん)、瑞穂(萩原)、恵梨香(今泉佑唯さん)の三人は夢を追い求めながら、悩み、もがき、飲んで、愚痴って、笑っては、泣いた。
彼女たちが手にいれたのは、〈宝石〉なんて眩しいものではなくて、どこかで紛れ込んだ一つの欠けた〈ビー玉〉だった。そんなある日、部屋の立ち退き勧告の通達が来る。街の再開発で家の取壊しが決定したのだ。 これは、いずれ出て行かなくてはならないその部屋で三人が過ごした、ささやかな日常の物語。絶え間なく変化するこの街で埋もれてしまいがちな幸せは確かにそこにあった。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した萩原は、「出来たばかりの映画館にこうして立てることが嬉しいです。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

撮影を振り返って、「就職をしてきちんと働いている役を頂いたのが初めてで嬉しかったです。会社だとワクワクして大人になった気分で(笑)。」と笑顔を見せた。

瑞穂を演じるにあたって心掛けていたことを問われると、「帰る場所を作らず居場所を作らないようにすることです。劇中の1番好きな台詞で『どこに帰りたいんだろうね』という言葉があるのですが、それが凄く印象に残っていて、3人でいるのは楽しいけど落ち着かないし、会社でも何となく居場所が無いし、(笠松将さん演じる)啓介のことを好きなのに彼女がいるみたいな。それをずっと大事にしていました。」とコメント。

啓介とのシーンについて話題が挙がると、「最初に1番重たいシーンを撮ることになって、(撮影前に)啓介のことをちゃんと好きになれるかなと心配していました。家でずっと笠松さんの写真を見ながら好きにならなきゃ!と(笑)。それが瑞穂にとって核になる部分だと思ったので必死でした。」と明かし、「(撮影は)2日間しかなかったので一気に撮ったのですが、安心感というかお芝居のキャッチボールは画に映っていないところでも出来たかなと思います。」と振り返った。

映画「転がるビー玉」は、2/7(金)より全国順次公開!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

MOVIE

萩原みのり 映画「転がるビー玉」完成披露舞台挨拶!

萩原みのり出演映画「転がるビー玉」完成披露舞台挨拶が、1/14(火)渋谷シネクイントで行われ、萩原が登壇した。

同作は、カエルム株式会社より発行している女性ファッション誌「NYLON JAPAN」の創刊15周年プロジェクトとして製作。新しいファッションやカルチャーを生み出し続け、時代の流れと共に常に変化しているカオスな街、渋谷。かつてないほどの大規模再開発中の渋谷で、いずれ取り壊されることが決まっている古いマンションをシェアして生活する、3人の女の子の物語となっている。

再開発が進む、渋谷。その片隅にある古い家の床は少し傾いている。ここで共同生活する愛(吉川愛さん)、瑞穂(萩原)、恵梨香(今泉佑唯さん)の三人は夢を追い求めながら、悩み、もがき、飲んで、愚痴って、笑っては、泣いた。
彼女たちが手にいれたのは、〈宝石〉なんて眩しいものではなくて、どこかで紛れ込んだ一つの欠けた〈ビー玉〉だった。そんなある日、部屋の立ち退き勧告の通達が来る。街の再開発で家の取壊しが決定したのだ。 これは、いずれ出て行かなくてはならないその部屋で三人が過ごした、ささやかな日常の物語。絶え間なく変化するこの街で埋もれてしまいがちな幸せは確かにそこにあった。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した萩原は、「皆さん、こんにちは。今日こうしてたくさんの方に観ていただけることが楽しみであり、緊張しています。短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

同作は渋谷が舞台であることから、渋谷の印象について、「渋谷は人がいっぱいいるし、見られてないけど見られているような謎の緊張感がありました。上京してきた身からするとお邪魔しているという感覚がありましたが、最近は帰ってきたというか、撮影したこともあって、愛着がわく場所になりました。」と明かした。

これから映画をご覧いただく皆さんへ、「私自身もそうでしたが、自分が今どこにいるのか、どこに向かいたいのか、何が好きなのか、自分自身のことすら分からなくて。でも、この作品は“それでもいいじゃん”って言ってくれるような、“悩んでないで進めよ”ではなくて、“悩んでいてもいいから進んでみようよ”という作品になっていますので、今から皆さんに観ていただくのがとても楽しみです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「転がるビー玉」は、2/7(金)より全国順次公開!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

MOVIE

2013年
「ルームメイト」(東映)
2014年
「劇場版 零~ゼロ~」(KADOKAWA)
 
「神さまの言うとおり」(東宝)
2015年
「正しいバスの見分け方」
 
「人狼ゲーム クレイジーフォックス」(AMGエンタテインメント)
2016年
「鬼談百景 どろぼう」(日本出版販売)
 
「64 -ロクヨン- 前編・後編」(東宝)
 
「何者」(東宝)
2017年
「ブルーハーツが聴こえる」(ティ・ジョイ)
 
「昼顔」(東宝)
 
「ハローグッバイ」(アンプラグド)
 
「心が叫びたがってるんだ。」(アニプレックス)
 
「ゆらり」(ベストブレーン)
 
「一礼して、キス」(東急レクリエーション)
2018年
「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」(ギャガ)
 
「お嬢ちゃん」
 
「普通は走り出す」
2019年
「僕の好きな女の子」(よしもと・クリエイティブ・エージェンシー)
 
「正しいバスの見分けかた」
 
「お嬢ちゃん」※主演
 
「もぎりさん session2」※第11話「もぎりさんところどころ」
 
「普通は走り出す」
2020年
「転がるビー玉」
 
「37セカンズ」
 
「街の上で」

TV

2013年
「放課後グルーヴ」(TBS)
2014年
「鼠、江戸を疾る」(NHK)
 
「さよなら私」(NHK)
2015年
「REPLAY&DESTROY」(TBS)
 
「表参道高校合唱部!」(TBS)
2016年
「狙撃」(EX)
2017年
「ソースさんの恋」(NHK BSP)
2018年
「幕末グルメ ブシメシ2!」(NHK BSP)
 
ドラマ『I”s(アイズ)』(BSスカパー!・スカパー!オンデマンド)※磯崎泉 役
2019年
「虫籠の錠前」(WOWOW)

pagetop

page top