STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
ハギワラミノリ

萩原みのり

メディアMEDIA

MOVIE

「N号棟」
2022/04/29(金)公開予定
監督・脚本:後藤庸介
<完成披露上映会開催決定!>
【日時】2022/04/12 18:30~上映前イベント
【会場】新宿ピカデリー
【登壇者】萩原みのり/山谷花純/後藤庸介監督
※登壇者は変更となる場合がございます。
チケットぴあにてプレリザーブ受付

「成れの果て」
2021/12/03(金)
新宿シネマカリテ他全国順次公開
監督:宮岡太郎

「そして、バトンは渡された」
2021/10/29(金)
監督:前田哲
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

「花束みたいな恋をした」
2021/01/29(金)
監督:土井裕泰
公式サイト

「街の上で」
2021/04/09(金)より全国順次公開
監督:今泉力哉
公式サイト

「アンダードッグ」
劇場版【前編】【後編】
2020/11/27(金)同日公開
公式サイト

「佐々木、イン、マイマイン」
2020/11/27(金)に劇場公開予定
監督:内山拓也
公式サイト

「13月の女の子」
2020/08/15(土)池袋シネマ・ロサにて公開
監督・編集:戸田彬弘

「僕の好きな女の子」
2020/08/14(金)
新宿シネマカリテ他にて公開
原作:又吉直樹
監督・脚本:玉田真也

「ステップ」
2020/07/17(金)
監督・脚本・編集:飯塚健
公式サイト

「37セカンズ」
第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門正式招待決定
2020/02/07(金)より全国公開
監督:HIKARI

「転がるビー玉」
2020/02/07(金)より全国公開
監督:宇賀那健一
配給:「転がるビー玉」製作委員会
公式サイト

「普通は走り出す」
2019/10/25(金)~
アップリンク吉祥寺にて公開
監督・脚本:渡辺紘文

「もぎりさん session2」
2019/10/04(金)~10/24(木)
第11話「もぎりさんところどころ」
キネカ大森にて上映
監督・脚本:瀬田なつき

「お嬢ちゃん」
2019/09/28(土)より
東京・K's cinemaほか全国で順次公開
監督:二ノ宮隆太郎
※主演

「正しいバスの見分けかた」
2019/08/23(金)〜08/29(木)
シネマート新宿にて公開
監督・脚本:高橋名月

「僕の好きな女の子」
2019/04/21(日)
監督:玉田真也
配給:よしもと・クリエイティブ・エージェンシー
※第11回沖縄国際映画祭上映作品
公式サイト

TV

2022/02/06スタート
毎週日曜
23:00~
「WOWOWオリジナルドラマ にんげんこわい」
WOWOWプライム

2022/01/13より
毎週木曜
23:59~
モクドラF 「ケイ×ヤクーあぶない相棒―」
読売テレビ・日本テレビ系

2022/01/07(金)スタート
23:00〜23:30
「神木隆之介の撮休」
WOWOWプライム
※第7話

2021/10/07スタート
毎週木曜
深夜0:30~25:00
「お茶にごす。」
テレビ東京

BSテレ東放送日時:
2021/10/11スタート
毎週月曜深夜0:00~0:30

2021/08/22(日)スタート
毎週日曜
22:00~
「白い濁流」
NHKBSプレミアム

2021/07/07(水)スタート
毎週水曜
24:00~
「ただ離婚してないだけ」
TX
※夏川萌役
公式サイト

2021/03/25(木)スタート
ドラマ特区 「RISKY」
■MBS 3 月 25 日スタート 毎週木曜 24:59~
■テレビ神奈川 3 月 25 日スタート 毎週木曜 23:00~
■チバテレ 3 月 26 日スタート 毎週金曜 23:00~ ※初回のみ 24:00~
■テレ玉 3 月 31 日スタート 毎週水曜 24:00~
■群馬テレビ 4 月 1 日スタート 毎週木曜 23:30~
■とちテレ 4 月 1 日スタート 毎週木曜 25:30~
公式サイト

2021/03/07(日)スタート
毎週日曜
22:00~22:49
プレミアムドラマ「やっぱりおしい刑事」
NHK BSプレミアム、BS4K
※全8話

2021/04/19(月)
20:00~21:00
「痛快TVスカッとジャパン」
フジテレビ

2020/10/4(日)
20:54〜21:00
『Memories~看護師たちの物語~』
BS日テレ

2019/12/05(木)
23:45~25:14
「37セカンズ」
NHK BSプレミアム

2018/12/21(金)
毎週金曜21:00~
ドラマ『I”s(アイズ)』
磯崎泉役
BSスカパー!・スカパー!オンデマンド
公式サイト

2019/03/30(土)
21:00~22:00 前編
2019/03/31(日)
21:00~22:00 後編
「演劇人は、夜な夜な、下北の街で呑み明かす」第21夜
BSスカパー!

2018/12/14(金)
21:00~22:00
事前特番~ 連続ドラマ「I”s(アイズ)」徹底ガイド
BSスカパー!

2019/03/22(金)スタート!
毎週金曜22:00~
「虫籠の錠前」
WOWOW
公式サイト

2019/01/19(土)スタート
毎週土曜18:05~(連続7回)
「幕末グルメ ブシメシ!2」
NHK
公式サイト

INTERNET TV

2021/09/18(土)
0時より配信
「エロい彼氏が私を魅わす」
FOD

2021/03/26(金)より
毎週金曜日に2話ずつ更新
ドラマ「賭ケグルイ双」
Amazon Prime Video

2021/03/05(金)
「お茶にごす。」
Amazon Prime Video
※全12話一挙配信。

2021/01/01(金)
配信版「アンダードッグ」
ABEMAプレミアム
公式サイト

STAGE

「裏切りの街」
新国立劇場 中劇場
2022年3月12日(土) ~ 2022年3月27日(日)
COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
2022年3月31日(木) ~ 2022年4月3日(日)
公式サイト

RADIO

2018/11/27(火)
23:30頃~
「レコメン!白石聖のわたくしごとですが・・・」
文化放送

CM

2020/10/12(火)~
ニベア花王「ニベアメン モーニング10」

2020/08/08(土)~
ニッサン パビリオンショートムービー「ハンズフリー・ラブ」

MAGAZINE

2021/02/15
「週刊プレイボーイ 9号」

2020/07/19発行
住友生命版エンタメ!テレビファンvol.28

PV

Atomic Skipper
「スーパーノヴァ」



にしな
「ダーリン」


銀杏BOYZ
アルバム「ねえみんな大好きだよ」
「DO YOU LIKE ME」

WEB

2022/04/29(金)
読むクリープハイプ「君の部屋」



読むクリープハイプ「インタビュー」


2019/01/30(水)
HUSTLE PRESS
公式サイト

DVD

「神木隆之介の撮休」 Blu-ray
2022/08/24(水)

ドラマ「RISKY」Blu-ray
2021/08/04(水)

「転がるビー玉」DVD・Blu-ray
2020/11/06(金)

「I"s アイズ」Blu-ray BOX
発売日:2019/07/17(水)
通販ページはこちら>>

ドラマ「虫籠の錠前」DVD・Blu-ray BOX
発売日:2019/06/21(金)
スターダストショッパーズでご注文受付中!
通販ページはこちら>>

ニュースNEWS

MOVIE

萩原みのり 主演映画「N号棟」公開記念先行上映会!

萩原みのり主演映画「N号棟」公開記念先行上映会が、4/28(木)新宿ピカデリーにて行われ、監督・共演者らと共に萩原が登壇した。

同作は、心霊現象、超常現象...実際に起きた幽霊団地事件を基に生まれた超体験型・都市伝説ホラー映画。
夜中、誰もいない部屋から響く音…勝手に開閉を繰り返すドア…チャンネルが勝手に切り変わるテレビ…とある団地の一棟で数多の怪奇現象が報告される。現地には大勢の警察やマスコミ、霊能者が押し寄せ、大パニックとなった怪事件だが、“建て付けの問題など、欠陥住宅であることに起因する現象だった”として、ある日突然事態は収束する。驚くことに、その怪奇現象の発信源は他でもない住人たちだったとも言われる。が…その裏で本当は何が起きていたのか?真実を知る者はだれ一人としていなかった…。
2000年、岐阜県富加町にて実際に起きた幽霊団地事件基に、「世にも奇妙な物語」を数多く演出およびプロデュースした奇才・後藤庸介監督による解釈で、実際の事件を超える未知の“考察型”恐怖体験ホラーが誕生した。

萩原は、死恐怖症(タナトフォビア)を抱える大学生の史織を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した萩原は、「映画と同様、赤い服を着た人が劇場にチラホラいますね(笑)。とにかく完成してよかったです。この作品は、ホラーでありホラー以上の何かであるといった不思議な映画であるので、皆さんがどういった反応をされるのか楽しみです」と挨拶。

ロケ地となった廃団地について、「本当に今日からここで撮影するのかと。電気も水も止まっているので、 懐中電気をつけながらトイレに行ったりしないといけなかったんです。大量の虫がいたり、携帯のライトで階段上 がったり。だけど慣れるものなんですよね。ただ、美術だと思ったら美術じゃない。血のりを使ってない部屋の染 みがちょっとずつ増えていたような。観ちゃいけなさそうまでゴロゴロしていました」と恐怖体験とともに振り返った。

役作りについて聞かれると、「死恐怖症について書いてあるブログを読んだり、ちょっと怪しそうな団体の教祖みたいな人のスピーチを聞いたりして役作りしていました。なので、イン前が一番病んでいました。」とコメント。

”夢か、幻か、現実か、それとも・・・“というコピーにちなみ、夢か現実かわからなくなってしまった経験について尋ねられると、萩原は「この作品のクライマックスがまさにそうでした。撮影中、あれ、今カメラ回っている?といった状態でした」と話し、笑いを誘った。

最後に、「この作品を観終わった後に、生きることや死ぬことについて考えられると思うのですが、難しいことを考えずに感じて、フラットに楽しんでもらえたらと思います。」とメッセージを送った。

映画「N号棟」は、4月29日(金・祝)新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
ぜひ劇場にてご覧ください。

【ストーリー】
とある地方都市。かつて霊が出るという噂で有名だった廃団地。女子大生・史織(萩原みのり)が同じ大学に通う啓太(倉悠貴)・真帆(山谷花純)と共に興味本位で訪れると、なぜかそこには数多くの住人たちがいる。3 人が調査を進めようとすると、突如激しい<怪奇ラップ現象>が起る。そして、目の前で住人が飛び降り自殺をしてしまう。驚く 3 人だが、住人たちは顔色一つ変えない。何が起きているのか理解できないまま、その後も続発する、自殺とラップ現象....住人たちは、恐怖する若者たちを優しく抱きしめ、仲間にしようと巧みに誘惑してくる。超常現象、臨死浮遊、霊の出現...「神秘的体験」に魅せられた啓太や真帆は洗脳されていく。仲間を失い、追い詰められた史織は、自殺者が運び込まれた建物内へ侵入するが、そこで彼女が見たものは、思いもよらぬものだった...!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

萩原みのり 主演映画「N号棟」完成披露上映会!

萩原みのり主演映画「N号棟」の完成披露上映会が、4/12(火)新宿ピカデリーにて行われ、監督・共演者らと共に萩原が登壇した。

同作は、心霊現象、超常現象...実際に起きた幽霊団地事件を基に生まれた超体験型・都市伝説ホラー映画。
夜中、誰もいない部屋から響く音…勝手に開閉を繰り返すドア…チャンネルが勝手に切り変わるテレビ…とある団地の一棟で数多の怪奇現象が報告される。現地には大勢の警察やマスコミ、霊能者が押し寄せ、大パニックとなった怪事件だが、“建て付けの問題など、欠陥住宅であることに起因する現象だった”として、ある日突然事態は収束する。驚くことに、その怪奇現象の発信源は他でもない住人たちだったとも言われる。が…その裏で本当は何が起きていたのか?真実を知る者はだれ一人としていなかった…。
2000年、岐阜県富加町にて実際に起きた幽霊団地事件基に、「世にも奇妙な物語」を数多く演出およびプロデュースした奇才・後藤庸介監督による解釈で、実際の事件を超える未知の“考察型”恐怖体験ホラーが誕生した。

萩原は、死恐怖症(タナトフォビア)を抱える大学生の史織を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した萩原は、「本日はお集まりいただき、本当にありがとうございます。とにかく大変な現場で、とにかく命を捧げたような、全体力を捧げて撮影した作品で、無事完成したこと、皆さんに観ていただける日がきたことを本当に嬉しく思っています。今日は短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

完成披露を迎え、「ホッとしました。」と肩を下ろし、「私が演じた女の子が抱えている死恐怖症という病気は、生き続けること、終わらないことへの怖さみたいなものがあったので、この現場が終わらないんじゃないかなと思っていました。毎日が全部繋がっているような感覚になって、同じ景色の廃団地に毎日通って、独りぼっちの感覚というか異世界というか。だんだんそれが自分とリンクしていく感覚があったので、終わらないんじゃないかという感覚があったけれど、終わったし、完成したし、観てもらえる日がきたしで、すごくホッとしています。」と話した。

完成した同作を観た感想を問われると、「ホラーなんだけど、ずっと見ていたいというところがいくつもあって、いつの間に撮っていたんですかというような、めちゃくちゃかっこいいドローンカットとか、私は高層マンションとか四角がたくさん並んでいる建物を見ると怖いと感じる人間なんですけど、初めてかっこいいと思いました。後半に関しては自分の記憶に無いシーンがいくつかあったのですが、(私の)顔色が徐々におかしくなっていって、リアルな萩原みのりのHPがゼロに近づいていく様みたいなものが、きちんとカメラに写っていて衝撃的でした。個人的にはこの時の日々がちゃんと映像に残っていて嬉しかったです。」とコメント。

撮影で印象に残っていることを聞かれると、「初めて監督にお会いした時になんて明るい方なんだとビックリしました。この監督からこの作品が生まれたとは思えなくて、今でも思えないです。現場で私が追い詰められれば追い詰められるほど嬉しそうに笑っていて、それが1番印象に残っていて、私にとってはそれが救いにもなっていて、現実に引き戻してもらえるような瞬間でもあるし、より追い詰められる瞬間でもあって、監督の笑い声は私にとってキーとなるところでした。」と明かした。

最後に、「最初に本を読んだ時から思ったことではあったのですが、今までに観たことのない作品で、ホラー映画なんだけどホラーじゃないというか。めちゃくちゃホラーだけど、怖いだけじゃない芯に迫ってくるものがあって、この作品は1つのテーマとして、生きること死ぬことというのがテーマになっているのですが、観終わった後に死ぬことについても考えると思うけど、じゃあそこまでどう生きるかみたいなことを改めて考えるきっかけになっていただけたらと思います。あと、細かい美術や伏線が散りばめられていて、多分1回観ただけだとどこまで見つけてもらえるのかと思うので、何度も劇場で観ていただきたい作品だと思っております。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「N号棟」は、4月29日(金・祝)新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
ぜひ劇場にてご覧ください。

【ストーリー】
とある地方都市。かつて霊が出るという噂で有名だった廃団地。女子大生・史織(萩原みのり)が同じ大学に通う啓太(倉悠貴)・真帆(山谷花純)と共に興味本位で訪れると、なぜかそこには数多くの住人たちがいる。3 人が調査を進めようとすると、突如激しい<怪奇ラップ現象>が起る。そして、目の前で住人が飛び降り自殺をしてしまう。驚く 3 人だが、住人たちは顔色一つ変えない。何が起きているのか理解できないまま、その後も続発する、自殺とラップ現象....住人たちは、恐怖する若者たちを優しく抱きしめ、仲間にしようと巧みに誘惑してくる。超常現象、臨死浮遊、霊の出現...「神秘的体験」に魅せられた啓太や真帆は洗脳されていく。仲間を失い、追い詰められた史織は、自殺者が運び込まれた建物内へ侵入するが、そこで彼女が見たものは、思いもよらぬものだった...!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

2013年
「ルームメイト」(東映)
2014年
「劇場版 零~ゼロ~」(KADOKAWA)
 
「神さまの言うとおり」(東宝)
2015年
「正しいバスの見分け方」
 
「人狼ゲーム クレイジーフォックス」(AMGエンタテインメント)
2016年
「鬼談百景 どろぼう」(日本出版販売)
 
「64 -ロクヨン- 前編・後編」(東宝)
 
「何者」(東宝)
2017年
「ブルーハーツが聴こえる」(ティ・ジョイ)
 
「昼顔」(東宝)
 
「ハローグッバイ」(アンプラグド)
 
「心が叫びたがってるんだ。」(アニプレックス)
 
「ゆらり」(ベストブレーン)
 
「一礼して、キス」(東急レクリエーション)
2018年
「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」(ギャガ)
 
「お嬢ちゃん」
 
「普通は走り出す」
2019年
「僕の好きな女の子」(よしもと・クリエイティブ・エージェンシー)
 
「正しいバスの見分けかた」
 
「お嬢ちゃん」※主演
 
「もぎりさん session2」※第11話「もぎりさんところどころ」
 
「普通は走り出す」
2020年
「転がるビー玉」
 
「37セカンズ」
 
「街の上で」

TV

2013年
「放課後グルーヴ」(TBS)
2014年
「鼠、江戸を疾る」(NHK)
 
「さよなら私」(NHK)
2015年
「REPLAY&DESTROY」(TBS)
 
「表参道高校合唱部!」(TBS)
2016年
「狙撃」(EX)
2017年
「ソースさんの恋」(NHK BSP)
2018年
「幕末グルメ ブシメシ2!」(NHK BSP)
 
ドラマ『I”s(アイズ)』(BSスカパー!・スカパー!オンデマンド)※磯崎泉 役
2019年
「虫籠の錠前」(WOWOW)

pagetop

page top