STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
マツユキヤスコ

松雪泰子

ニュースNEWS

STAGE

松雪泰子 舞台「藪原検校」出演決定!

松雪泰子が2021年2月より上演される、PARCO 劇場オープニング・シリーズ「藪原検校(やぶはらけんぎょう)」に出演することが発表された。

1973年のオープン以来、渋谷PARCO建替えまでの43年間、プロデュース公演の先駆けとして、様々な名作、話題作を送り出してきたPARCO劇場(オープン当時の名称は西武劇場)。同作は、「西武劇場オープニング記念・井上ひさしシリーズ」として1973年に初演された傑作舞台で、この縁深い作品を、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演する。
これまで木村光一、蜷川幸雄、栗山民也といった演劇界の巨匠たちが演出してきた同作を今回手がけるのは、気鋭の若手演出家・杉原邦生。スーパー歌舞伎Ⅱ『新版 オグリ』や、木下歌舞伎の数々の作品の演出を務めてきた杉原が、劇中歌もすべて刷新し、新生PARCO劇場で相貌も新たに甦らせる。

とある按摩・盲太夫が語る、稀代の悪党の一代記……。
江戸時代の中頃、日本三景の一つ・松島は塩釜の漁港に一人の男児が生まれた。
親の因果が子に報い……を地でいくこの子は、生まれた時から目が見えない。
盲目の身に生きる術を得るべく塩釜の座頭・琴の市に預けられ、もらった名前が杉の市。
父ゆずりの曲がった性根と母ゆずりの醜さ。
有難くもない天賦のためか、杉の市は殺しと欲にまみれた栄華への道を上り始める……。

松雪は、杉の市の愛人・お市を演じる。

出演にあたり松雪は、「PARCO劇場オープニング・シリーズ『藪原検校』に参加させて頂く事、大変光栄に思っております。
初舞台で立たせて頂きましたのが旧パルコ劇場。今こうして新たに生まれ変わった劇場のオープニング・シリーズに携われる喜びに溢れております。
劇場に足をお運び頂くお客様にも劇場での感動をお届けできますよう、新たな「藪原検校」を生み出す一員として、励みたいと思っております。」とコメントを寄せた。

PARCO 劇場オープニング・シリーズ 「藪原検校」は2021年2月より東京公演を皮切りに、名古屋、石川、京都にて上演される。
ぜひご期待ください!

■PARCO 劇場オープニング・シリーズ 「藪原検校(やぶはらけんぎょう)」

作:井上ひさし
演出:杉原邦生
音楽・演奏: 益田トッシュ

出演:市川猿之助、三宅 健、松雪泰子、髙橋 洋、佐藤 誓、宮地雅子、松永礼子、立花香織、みのすけ /川平慈英

日程&劇場:
【東京公演】
日程:2021/2/10(水)~3 /7(日)
劇場:PARCO 劇場

【名古屋公演】
日程:2021/3/9(火)・3 /10(水)
劇場:日本特殊陶業市民会館・ビレッジホール

【石川公演】
日程:2021/3/13(土)・3/14(日)
劇場:こまつ芸術劇場・うらら

【京都公演】
日程:2021/3/18(木)~3/21(日)
劇場:京都芸術劇場・春秋座

詳細: https://stage.parco.jp/program/yabuhara/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

松雪泰子 映画「甘いお酒でうがい」公開記念リモート舞台挨拶!

松雪泰子主演映画「甘いお酒でうがい」が9/25(金)公開初日を迎え、翌26日(土)よしもと有楽町シアターで行われた舞台挨拶に清水尋也さん、大九明子監督、シソンヌじろうさんと共に松雪が登壇した。

原作は、2014年に第7回キングオブコントで王者に輝いたお笑い芸人・シソンヌじろうさんが、ネタの中で長年演じてきた代表的キャラクターである“川嶋佳子”がもし日記を書いたら・・・と執筆された同名小説「甘いお酒でうがい」。
じろうさんが同作の脚本も手掛けており、「自分の中の女性が勝手に書いている」と公言するほど、日記の中のエピソードは女性が共感するものばかりで、その中から、同作のメガホンをとる大九明子監督とじろうさんが選りすぐったエピソードが映像化される。

ベテラン派遣社員として働く40代独身OLの川嶋佳子(松雪)は、毎日日記をつけていた。撤去された自転車との再会を喜んだり、変化を追い求めて逆方向の電車に乗ったり、踏切の向こう側に思いを馳せたり、亡き母の面影を追い求めたり・・・。そんな佳子の一番の幸せは会社の同僚である若林ちゃん(黒木華さん)と過ごす時間。そんな佳子に、ある変化が訪れる。それは、ふた回り年下の岡本くん(清水尋也さん)との恋の始まりだった・・・

公開を迎え、「この日を迎えられて本当に嬉しく思っております。作品立ち上げから今日まで1年半の時が経っておりまして、その間、早く皆さんに届けたい思いで今日という日をずっと待っていました。じろうさんの脚本は言葉がとても美しく、それを見事に立ち上げられた大九監督の世界の中で佳子という女性を演じさせていただいているのですが、とても温かい気持ちになる素敵な作品に仕上がっています。多くの方に観ていただけたらと思います。」と心境を語った松雪。

大九監督について、「ずっとラブコールしていました。Twitterでも“監督に会いたい!”って。今日は大九監督、清水君、そしてじろうさんにお会いできて本当に嬉しいです。」と笑顔で話すと共に、「人との繋がりを描いた作品ですし、今のこのタイミングで観ていただくと心が少し軽やかになる作品ですから、多くの人に届くといいなと思いながらここに来ました。」と話した。

また、清水さんとの共演を振り返り、「勝手にすごくリラックスしてやらせていただきました。清水君の今回の役はいつもやっていらっしゃる役と全然違って、そういう意味では新鮮な役柄だし、それを一番に現場で独り占めしていました。」と笑顔を見せた。

この日は、松雪から清水さん、大九監督、シソンヌじろうさんに感謝の気持ちを込め、甘いお酒、グラッパを贈る一幕も。劇中でも使用され、松雪演じる佳子がグラッパでうがいをするシーンがあり、「清めるようなイメージでしたので、喉で遊ぶ感じでした。」と当時を振り返った。

そして最後に、「この大変な状況の中、自分と向き合わなくてはいけない時間が増えた方が多くいらっしゃると思います。でも内省する時間って次の道を見出す時間でもあると思います。佳子さんは映画の中で人とのコミュニケーションを多くするというよりは、心の中で起きていることやその世界、モノの見方やモノへの愛着を大切にしている女性。この作品は、そんな彼女の心の中や声が全て映画の中で受け取れていく、今までにない形の作品だと思います。いろいろな方がそうだと思うのですが、心の中で起きた言葉とか感覚って人には分からない独自の世界があって、そこにはいろいろな世界が広がっている。それはとても素敵なことだと思います。佳子さんの生き方を観て、改めて内省する時間になってもらえたらと感じます。そんな穏やかな時間が流れていく作品です。佳子さんは後ろ向きな人物ではあるのですが、最終的には光をつかみ取る力がある人だと演じていて感じました。ご覧になってくださった皆さんにも映画の最後に温かい光が灯るのではないかと思いますので、ぜひ劇場でこの世界を体験していただければと思います。」とメッセージを送った。

映画「甘いお酒でうがい」は現在公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

1992年

11月

「パテオ」(松竹)
1995年

08月

ボクたちの映画シリーズ「白鳥麗子でございます!」(東映)
2000年

04月

「MONDAY」(シネカノン)

04月

「アナザヘブン」(松竹)
2002年

08月

「DRIVE」(IMJ)
2006年

03月

「子ぎつねヘレン」(松竹)

09月

「フラガール」主演(シネカノン)
2007年

01月

「子宮の記憶/ここにあなたがいる」主演

08月

CGアニメ映画「ベクシル-2077 日本鎖国-」
※声優出演
2008年

08月

「デトロイト・メタル・シティ」(東宝)

10月

「容疑者Xの献身」(東宝)
2009年

02月

「余命」主演(SDP)

05月

「五右衛門ロック」ゲキ×シネ

10月

「沈まぬ太陽」(東宝)

10月

「クヒオ大佐」(ショウゲート)

11月

「笑う警官」(松竹)
2010年

04月

「てぃだかんかん」(ショウゲート)
2011年

10月

「スマグラー おまえの未来を運べ」(ワーナー・ブラザーズ映画)
2012年

04月

「この空の花ー長岡花火物語」主演

06月

「ホタルノヒカリ」(東宝)

09月

「ボーン・レガシー」(東宝東和)
※声優出演
2013年

02月

「脳男」

09月

「ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL」(東宝)
 
「謝罪の王様」(東宝)
2015年

08月

「at Home」(ファントム・フィルム)
2016年

11月

「古都」主演(DLE)
2017年

12月

「鋼の錬金術師」(ワーナー・ブラザース映画)
2018年

03月

「リメンバー・ミー」(ウォルト・ ディズニー・ジャパン)
※声優出演
2020年

09月

「甘いお酒でうがい」主演(吉本興業)

TV

1991年

04月

「熱血新入社員宣言」(TBS)
(~06月)

04月

「BANANACHIPS LOVE」(CX)

07月

スペシャル「夜に海輝き」(NHK)
1992年

01月

「大人は判ってくれない 神様の前でついた嘘」(CX)

01月

「D 坂殺人事件 名探偵明智小五郎誕生」(CX)

04月

「アルファベット 2/3」(CX)
(~06月)

04月

「Jr.愛の関係」(CX)
(~06月)

09月

松竹 スペシャルドラマ「パ・テ・オ」(CX)
1993年

01月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!」(CX)
(~03月)

04月

「OLたちのざけんなョ!! 社員旅行は大っ嫌い」(CX)

10月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!2」(CX)
(~12月)
1994年

07月

「毎度ゴメンなさぁい」(TBS)
(~09月)

10月

「男はいらない」(NTV)
1995年

04月

「毎度おジャマしまぁす」(TBS)
(~06月)

10月

「ベストフレンド」(NTV)
(~12月)
1996年

04月

「勝利の女神」(CX)
(~06月)

07月

「硝子のかけらたち」(TBS)
(~09月)
1997年

01月

「名探偵 保健室のオバさん」(ANB)
(~03月)

04月

「理想の上司」(TBS)
(~06月)
1998年

01月

「きらきらひかる」(CX)
(~03月)

04月

「愛、ときどき嘘」(NTV)
(~06月)

06月

「かみさんなんかこわくない」第11話ゲスト(TBS)

10月

「なにさまっ!」(TBS)
(~12月)
1999年

04月

「アフリカの夜」(CX)
(~06月)
2000年

04月

「太陽は沈まない」(CX)
(~06月)

09月

「ブラックジャック2」(TBS)
2001年

07月

「救命病棟24時」(CX)
(~09月)

12月

「忠臣蔵47/1」(CX)
2002年

08月

「怪談百物語 雪女」主演(CX)

10月

「真夜中の雨」(TBS)
(~12月)
2003年

06月

27時間テレビ「海のオルゴール」主演(CX)

10月

「ビギナー」(CX)
(~12月)
2004年

01月

「砂の器」(TBS)
(~03月)
2007年

07月

「ファースト・キス」(CX)
(~09月)

07月

「法の庭」(CX)
2010年

04月

「Mother」(NTV)
(〜06月)

10月

「パーフェクトリポート」(CX)
(~12月)

11月

スペシャルドラマ「心の糸」(NHK)
2011年

12月

「境遇」(ANB)
2012年

01月

大河ドラマ「平清盛」(NHK)
(~12月)

09月

「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田 茂~」(NHK)
(~10月)
2013年

04月

「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」(TBS)
(~06月)

10月

松本清張スペシャル「顔」主演(CX)
2014年

02月

「地の塩」(WOWOWプライム)
(~03月)

07月

「家族狩り」主演(TBS)
(~09月)
2015年

01月

「上流階級~富久丸百貨店外商部~」(CX)

11月

「5人のジュンコ」主演(WOWOWプライム)
(~12月)
2016年

04月

「グッドパートナー 無敵の弁護士」(EX)
(~06月)
2018年

04月

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)
(~09月)
2019年

07月

「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(EX)
(~09月)

10月

「ミス・ジコチョー ~天才・天ノ教授の調査ファイル~」主演(NHK)
(~12月)

STAGE

2004年

10月

「夜叉ヶ池」
東京公演:パルコ劇場
名古屋公演:愛知厚生年金会館(11月)
大阪公演:シアター・ドラマシティー(11月)
2005年

09月

新感線☆プロデュース「吉原御免状」
東京公演:青山劇場(~10月)
大阪公演:梅田芸術劇場メインホール(10月)
2007年

10月

ミュージカル「キャバレー」
(~11月)
2008年

07月

新感線☆RX『五右衛門ロック』
東京公演:新宿コマ劇場
大阪公演:大阪厚生年金会館大ホール(8月)
2009年

12月

「東京月光魔曲」
Bunkamuraシアターコクーン
(~2010年1月)
2012年

05月

「シダの群れ 純情巡礼編」
東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン

09月

葛河思潮社 第二回公演「浮標」
世田谷パブリックシアター
2013年

03月

朗読劇「LOVE LETTERS 2013 Whiteday Special」
パルコ劇場

09月

葛河思潮社 第三回公演「冒した者」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(~10月)
2014年

09月

葛河思潮社 第四回公演「背信」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(09月~)

12月

「キレイ -神様と待ち合わせした女-」
Bunkamuraシアターコクーン ほか
(12月~)
2015年

05月

劇団☆新感線「五右衛門VS轟天」
大阪公演:シアターBRAVA!
福岡公演:キャナルシティ劇場
東京公演:赤坂ACTシアター
2016年

10月

シアターコクーン・オンレパートリー2016「るつぼ」
Bunkamuraシアターコクーン
2017年

06月

ONWARD presents 劇団☆新感線「『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS」
豊洲・IHIステージアラウンド東京
(~09月)

11月

「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」
東京公演:銀河劇場
広島公演:JMSアステールプラザ 大ホール
北九州公演:北九州芸術劇場 中劇場
京都公演:ロームシアター京都 サウスホール
愛知公演:穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
(~12月)
2018年

10月

「ゲゲゲの先生へ 」
東京公演:東京芸術劇場 プレイハウス
松本公演:まつもと市民芸術館 主ホール
大阪公演:森ノ宮ピロティホール
豊橋公演:穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
宮崎公演:メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール
北九州公演:北九州芸術劇場大ホール
新潟公演:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
(~11月)

SINGLE

1995年
「ESP」
(1995.6.21)
 
「時を越えて」
(1995.11.8)
 
「Rain-雨に抱かれて...-」
(1995.11.8)
 
「WISH」
(1995.12.10)
1996年
「おやすみ」
(1996.5.25)
1997年
「空っぽの愛の嵐」
(1997.2.19)
 
「HAPPY HAPPY DAYS」
(1997.7.24)
 
「ふりむかないで」
(1997.9.26)
1998年
「愛の世界」
(1998.5.13)
1999年
「口唇」
(1999.1.13)
2007年
Taiji All Stars
「天国の歌 feat. hitomi / Blessing Soul feat. Yasuko Matsuyuki」
※ゲストボーカル
(2007.01.31)

ALBUM

1995年
「pray」
(1995.12.21)
1997年
「mondodelix」
(1997.3.19)
1998年
「32’05”」
(1998.6.17)
1999年
BEST album「M.M.M」
(1999.02.17)
2007年
「FEMME FATALE」HEATRE BROOK/Sun Paulo
※ゲストボーカル
(2007.02.21)

OTHER

1997年
●VIDEO
ビデオ「M」
(1999.3.17)

pagetop

page top