STARDUST SECTION3 スターダストプロモーション 芸能3部

SECTION3

shadow
アオキ ムネタカ

青木崇高

メディアMEDIA

AWARD

◇ 第8回 おおさかシネマフェスティバル2013 助演男優賞

MOVIE

■映画「サムライマラソン」植木義邦 役
 2019年2月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか、全国ロードショー

 ☆公式サイト

■「来る」 津田大吾 役
 監督: 中島哲也
 2018年12月7日(金)公開

 ☆公式サイト

■『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』奥薗修平役
 2018年11月30日公開

 ☆公式サイト

■『モリのいる場所』工事現場監督の岩谷役
 2018年5月19日(土)よりシネスイッチ銀座、ユーロスペース、
 シネ・リーブル池袋、イオンシネマ他全国ロードショー
 ☆公式サイト

TV

■NHK大河ドラマ「西郷どん」
 ※島津久光 役
 2018年1月スタート!

 ☆公式サイト
★大河ドラマ「西郷どん」公式SNS企画『国父チャンネル』
 『国父チャンネル』公式サイト 

■カンテレ・フジテレビ系「セブンルール」
 2017年4月18日スタート
 毎週火曜23:00~23:30

 ☆公式HP

---

■NHK BSプレミアム「異世界ホテル旅」 2019年1月19日(土)21時から放送
 ☆公式HP

■NTV「火曜サプライズ」 2018年11月27日
 ☆公式HP

■NHK BSプレミアム「小野田さんと、雪男を探した男 〜鈴木紀夫の冒険と死〜」主演
 2018年3月25日
 ★第44回「放送文化基金賞」テレビエンターテインメント奨励賞受賞
 ☆公式サイト(PC・スマホ)
 ☆公式サイト(携帯)

DVD

■大河ドラマ「西郷どん 完全版 第弐集」Blu-ray・DVD-BOX
発売日:2018年10月17日

価格:12,900円(税抜)
発売元:NHKエンタープライズ
販売元:ポニーキャニオン
★スターダストショッパーズにて通販受付中!ご購入はこちら

■大河ドラマ「西郷どん 完全版 第壱集」Blu-ray・DVD-BOX
発売日:2018年7月18日
価格:12,900円(税抜)
発売元:NHKエンタープライズ
販売元:ポニーキャニオン
★スターダストショッパーズにて通販受付中!ご購入はこちら

■「アニバーサリー」Blu-ray・DVD
発売日:2017年10月18日
発売・販売元:ポニーキャニオン
価格:
Blu-ray【初回生産限定盤】オリジナルBE@RBRICK付 6,200円(税抜)
DVD 3,800円(税抜)
・Blu-ray&DVD 共通映像特典:初日舞台挨拶/メディコム・トイ 20 周年おめでとうコメント/予告編

■『雨にゆれる女』DVD
発売日:2017年7月5日
販売元:TCエンタテインメント
発売元・レンタル販売元:クロックワークス
提供:オフィス・シロウズ
*セル版にはメイキング&インタビューなど豪華特典映像を収録
こちらから

■「ちかえもん」DVD-BOX(DVD4枚組)
発売日:2016年6月15日
価格:15,200円(税抜)
品番:PCBE-63569
発行:NHKエンタープライズ 販売元:ポニーキャニオン
(C) 2016 NHK
・特典映像 『ちかえもん』メイキング(予定)
・封入特典 ブックレット(予定)
※特典内容や名称は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
★スターダストショッパーズにて通販受付中!ご購入はこちら
購入特典:劇中生写真

BOOK

■NHK大河ドラマ・ガイド 西郷どん 後編
発売日:2018年5月25日
定価:1,188円(本体1,100円+税)
判型:B5判
ページ数:176ページ
詳細はこちら
NHK大河ドラマ・ガイド 西郷どん 後編

MAGAZINE

'18.11/09:FINE 2018年12月号(表紙)
'18.10/12:NAVYS vol.1 11月号
'18.09/07:月刊PHP 10月号
'18.07/24: 集英社「UOMO」9月号
'18.04/24:MEN’S CLUB 6月号

CM

■三井住友カード「Have a good Cashless.」『Thinking Man』篇
 ☆公式サイト

■UCC上島珈琲株式会社『UCC BLACK COLD BREW』
 ☆スペシャルサイト

WEB

■B‐plus スペシャルインタビュー
 ☆こちらから

■FIGARO.jp
 ☆前編 ☆後編

■キネプレ
 こちらから

■シネルフレ
 こちらから

■スターダストオフィシャル 2013/06/17~
 こちらから

■シネマトゥデイ
 こちらから

OTHER

■太宰府天満宮宝物殿「明治維新150年太宰府幕末展」音声ガイド担当
2018年6月1日〜11月25日
太宰府天満宮公式サイト

ニュースNEWS

MOVIE

青木崇高 映画「来る」初日舞台挨拶!

青木崇高出演映画「来る」が12/7(金)公開初日を迎え、TOHO シネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に青木が登壇した。

原作は宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」(澤村伊智/角川ホラー文庫刊)で、名前を呼んではならない“あれ”に狙われた人間の心の闇を描く、かつてない最恐エンターテインメント。その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こした天才・中島哲也監督が同作の監督・脚本を務めている。

オカルトライター・野崎和浩(岡田准一)のもとに相談者・田原秀樹(妻夫木聡)が訪れた。最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起きていると言う。田原は、妻・香奈(黒木華)と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていた。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・比嘉真琴(小松菜奈)とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は想像をはるかに超えて強力なモノだった。民俗学者・津田大吾(青木崇高)によると、その「何か」とは、田原の故郷の民間伝承に由来する化け物「■■■■」ではないかと言う。対抗策を探す野崎と真琴。そして記憶を辿る田原…幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主…・そ・う・か!・あ・れ・の・正・体・は、・あ・い・つ・だ!
決して「■■■■」の名を呼んではならない。「■■■■」は、声と形を真似て、人の心の闇に・・・来る!!!
どんどんエスカレートする霊的攻撃に、死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子(松たか子)の呼びかけで、日本中の霊媒師が田原家に集結し、かつてない規模の「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?

上映後の舞台挨拶にて青木は、「本日は数ある映画の中から「来る」を選んでくださってありがとうございます。皆さん手に汗を握られていたのか、拍手がビチャビチャと聞こえてきました(笑)。映画は終わりましたのでリラックスしてトークを楽しんでいただきたいです。よろしくお願いします。」と笑いも交えて挨拶。

MCより“撮影現場で果敢にアドリブに挑戦されていたそうですね”と話をふられ、「正確に言うとアドリブではないというか、台本のト書きに“場を盛り上げている”などと書かれていたので、いくつか小話を用意しておいて、それを言った感じです。」と説明した。すると中島監督から“青木君は勝手にセリフを増やすんです(笑)。ただ、青木君が演じた津田は、東京には随分長く居る人。関西弁を操る青木君がどこで関西弁を使い、どこが標準語になるかの微妙なニュアンスを細かく演じてくれて、本当に上手い俳優さんだと思って感心していた”と絶賛。青木は、「ありがとうございます。監督から“どんどんアドリブをやってください。3割くらいは使いますから”って言われて、どう取ったらいいのか分かりませんでしたが(笑)…本当にありがとうございます。」と笑顔で話した。

映画「来る」は現在絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

青木崇高 映画「かぞくいろ―RAILWAYSわたしたちの出発―」初日舞台挨拶!

青木崇高出演映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」が11/30(金)公開初日を迎え、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に青木が登壇した。

同作は、地方のローカル線を舞台に、人と人との繋がりや、自分の生き方を見つめ直す姿を温かく描き、多くの世代から愛される人気シリーズとなった映画「RAILWAYS」シリーズの最新作。
熊本県・八代~鹿児島県・川内を結ぶ<肥薩おれんじ鉄道>を舞台に、血の繋がらない家族が新しい家族のカタチを見つけていく“再生”の物語が描かれる。

奥薗晶(有村架純)は、夫の修平(青木)とその連れ子の駿也(歸山竜成)と3人で幸せに暮らしていたが、突然夫を亡くしてしまう。そのことを伝えるために、晶は夫の故郷である鹿児島県で鉄道の運転士をする義父・節夫(國村隼)に会いに行く。
妻に先立たれ、修平とも長い間疎遠だったため、節夫は突然知らされた息子の死と、初めて会う晶と駿也をどう受け止めたら良いかわからず困惑するが、経済的な理由で東京で暮らせなくなり行くあてがないという晶と駿也を、鹿児島の家に住まわせることをやむなく許す。
こうして、血のつながらない3人の共同生活が始まった。実の子供ではない駿也の母親として生きることを決意した晶は、鉄道が好きな息子のため、節夫が務める肥薩おれんじ鉄道の運転士の試験を受ける。周囲の人々に支えられ、良き母、一人前の運転士になろうと奮闘する晶。大切な人を失った悲しみをそれぞれが抱えながら、3人は次々に起こる出来事に必死に立ち向かう―。

青木は、愛する晶や駿也を残し、ある日突然病で急逝してしまう奥薗修平を演じる。

舞台挨拶にて青木は、「皆さんこんばんは、青木崇高です。本日は数ある映画の中から「かぞくいろ」を選んでくださって本当にありがとうございます。」と挨拶。

家族の絆を描いた同作にちなみ、家族や身近な人から映画を観た反響を聞かれ、「今日が初日なので、大阪の実家の両親がまさに今観ているのかもしれません。親だけに厳しい目で観るかもしれないので、感想が怖いですが…でも、楽しみでもありますし、「かぞくいろ」は大丈夫だと思います!」と笑顔で明かした。

映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」は全国公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

2002年

11月

「マッスルヒート」(東宝)
2003年

07月

「バトルロワイアルII~鎮魂歌」(東映)
2004年

06月

「海猿 UMIZARU」(東宝)
2005年

07月

「フライ、ダディ、フライ」(東映)

07月

「逆境ナイン」(アスミック・エース)
2006年

05月

「LIMIT OF LOVE  海猿」(東宝)

06月

「初恋」(ギャカ・コミニケーションズ)

10月

「ただ、君を愛してる」(東映)

10月

「虹の女神 Rainbow Song」(東宝)

11月

「椿山課長の七日間」(松竹)
2007年

05月

「歌謡曲だよ、人生は」
※第1話:「僕は泣いちっち」主演
2008年

01月

「銀色のシーズン」(東宝)
2009年

04月

「ニセ札」( ビターズ・エンド)

04月

「おっぱいバレー」監督:羽住英一郎(ワーナー・ブラザース映画、東映)

08月

「RISE UP」(SDP、ビデオプランニング)
2010年

03月

「時をかける少女」(スタイルジャム)

09月

「THE LAST MESSAGE‐ザ・ラストメッセージ‐ 海猿」(東宝)
2011年

04月

「婚前特急」(ビターズ・エンド/ショウゲート)

05月

「マイ・バック・ページ 」(アスミック・エース)

10月

「一命」(松竹)
2012年

08月

「るろうに剣心」(ワーナー・ブラザーズ映画)

11月

「黄金を抱いて翔べ」(松竹)
2013年

06月

「桜姫」(SDP)
2014年

06月

「渇き。」(ギャガ) 

08月

「るろうに剣心」京都大火編 (ワーナー・ブラザーズ映画)

09月

「るろうに剣心」伝説の最期編 (ワーナー・ブラザーズ映画)

10月

「蜩ノ記」 (東宝)
2015年

02月

「Present For You」(ティ・ジョイ)

04月

「王妃の館」(東映)

06月

「ストレイヤーズ・クロニクル」(ワーナー・ブラザース映画)

08月

「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」(東宝)
2016年

06月

「日本で一番悪い奴ら」(東映、日活) 

10月

「アニバーサリー」(ティ・ジョイ)

11月

「雨にゆれる女」主演(ビターズ・エンド)
2017年

01月

「沈黙-サイレンス-」(KADOKAWA )

03月

「雪女」主演(和エンタテインメント)
2018年

03月

「おもてなし」(松竹撮影所、ニチホランド)

05月

「モリのいる場所」(日活)
 
「友罪」(ギャガ)

11月

「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」(松竹)

TV

2005年

01月

「H2~君といた日々~」(TBS)
(~03月)

07月

「海猿」(第1話)(CX)
2006年

03月

土曜ドラマ「繋がれた明日」主演 (NHK)

07月

「にっぽん清流ワンダフル紀行」(NHK)
2007年

01月

水曜ミステリー9「顔のない女~久留島刑事の報告書より~
悪女か?聖女か?愛人か?射殺された女の真実は!?」(TX)

10月

連続テレビ小説「ちりとてちん」(NHK)
(~2008年03月)
2009年

01月

日曜劇場「本日も晴れ。異状なし」(TBS)

07月

「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」(フジテレビ系)
(~9月)

10月

「上野樹里と5つの鞄」第五話「ある朝、ひなたは突然に」(WOWWOW)

10月

「子育てプレイ&MORE」(CBC)
2010年

01月

「第21回ヤングシナリオ大賞 輪廻の雨」(CX)

01月

「SAMURAI CODE」(TX)

02月

土曜ドラマ「君たちに明日はない」第4話「旧友」ゲスト(NHK)

02月

「Bungo-日本文学シネマ- 黄金風景」(TBS系)

03月

大河ドラマ「龍馬伝」後藤象二郎役 (NHK)
(〜11月)

07月

「日本人の知らない日本語」(NTV)
(〜9月)
2011年

12月

「真珠湾からの帰還~軍神と捕虜第一号~」(NHK)
2012年

04月

大河ドラマ「平清盛」弁慶(鬼若)役(NHK)
(〜12月)

05月

ドラマ10「はつ恋」村上潤 役(NHK総合)
(〜7月)

09月

「瀬戸内海 清盛500キロクルーズ」(NHK BSプレミアム)

10月

ドラマ24「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」第3話 (TX)
2013年

04月

「ダブルス~二人の刑事」第1話(EX)

05月

エル・ムンド スプリングスペシャル 自転車探検部 タンザニアの旅(NHK-BS1)
2013年

08月

土曜ドラマ「夫婦善哉」(NHK)
(〜9月)
2014年

03月

特集ドラマ「生きたい たすけたい」(NHK)

03月

開局55周年記念 ドラマスペシャル「宮本武蔵」(EX)
2014年

04月

「BORDER」立花 雄馬 役(EX)
(〜6月)

11月

木曜ドラマ劇場「ママとパパが生きる理由」吉岡賢一 役(TBS)
(~12月)
2015年

04月

「日曜美術館」(NHK Eテレ)

08月

「玉音放送を作った男たち」(NHK BSプレミアム)

08月

日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 石の繭」(WOWOWプライム)
(〜9月)
2016年

01月

木曜時代劇「ちかえもん」(NHK)
(〜3月)

04月

「にっぽんの芸能」
私と和 青木崇高(俳優)×日本舞踊
(NHK Eテレ)

04月

日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』丸川貴久 役(TBS)
(~6月)

05月

「A-Studio」(TBS)

05月

土曜ドラマ「トットてれび」第4話 篠山紀信役
(NHK)

07月

「ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル」(テレビ朝日系)

07月

「100分 de 名著」7月の名著『堕落論』 (NHK Eテレ)

10月

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」貝塚八郎役(NTV)
(~12月)

11月

連続ドラマW 「水晶の鼓動 殺人分析班」(WOWOWプライム)
(~12月)

09月

「行列のできる法律相談所」
(NTV)
2017年

09月

「地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子」貝塚八郎役(NTV)

09月

「OKINAWAディープ!『“基地の街”の素顔 沖縄市コザ』」
(NHK BSプレミアム)

10月

「BORDER2 贖罪」立花雄馬役(EX)
2018年

01月

NHK大河ドラマ「西郷どん」島津久光 役(NHK)
(01月~)
 
日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」丸川貴久 役(TBS)
(~03月)
 
「異世界ホテル旅」(NHK BSプレミアム)

STAGE

2012年
「ぼくに炎の戦車を-Bring me my chariot of fire-」
 作・演出/ 鄭義信
 東京公演:(全32回公演)赤坂ACTシアター(2012.11.03〜12.01)
 大阪公演:(全6回公演)梅田芸術劇場メインホール(2012.12.08~11)
 韓国公演:(全6回公演)国立劇場(ヘオルム劇場)(2013.01.30~02.03)
2015年
「幕末太陽傳」主演
 上演台本・演出/江本純子
 本多劇場
 (2015.09.04〜09.13)全13公演
2017年
劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season花 produced by TBS
(2017.03.30~06.12)
IHIステージアラウンド東京(豊洲)

RADIO

2006年

08月

岩井俊二プロデュース・ラジオドラマ「円都通信 浅知恵ドライブ」(JFN)
(08月~)
2009年

05月

RBCラジオ「土曜日のたまねぎ」(2009.05.06)

PV

 
ペリドッツ「労働」(東芝EMI)
 
Gackt「ありったけの愛で」
 
ケツメイシ「男女6人夏物語」

WEB

2009年
au オリジナル携帯webドラマ「ロス:タイム:ライフ」第一弾「猫編」
 
auオリジナルドラマ「いずみと僕と彼と俺」(全4話)
2010年
リスモドラマ第20弾「婚前特急-ジンセイやっぱ21から-」(全4話)
 
BeeTV「5年後のラブレター」

pagetop

page top