STARDUST SECTION3 スターダストプロモーション 芸能3部

SECTION3

shadow

HOME > ニュース

ニュース

小松菜奈のニュース

小松菜奈 映画「来る」初日舞台挨拶!

2018年12月7日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

小松菜奈出演映画「来る」が12/7(金)公開初日を迎え、TOHO シネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に小松が登壇した。

原作は宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」(澤村伊智/角川ホラー文庫刊)で、名前を呼んではならない“あれ”に狙われた人間の心の闇を描く、かつてない最恐エンターテインメント。その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こした天才・中島哲也監督が同作の監督・脚本を務めている。

オカルトライター・野崎和浩(岡田准一)のもとに相談者・田原秀樹(妻夫木聡)が訪れた。最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起きていると言う。田原は、妻・香奈(黒木華)と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていた。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・比嘉真琴(小松菜奈)とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は想像をはるかに超えて強力なモノだった。民俗学者・津田大吾(青木崇高)によると、その「何か」とは、田原の故郷の民間伝承に由来する化け物「■■■■」ではないかと言う。対抗策を探す野崎と真琴。そして記憶を辿る田原…幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主…・そ・う・か!・あ・れ・の・正・体・は、・あ・い・つ・だ!
決して「■■■■」の名を呼んではならない。「■■■■」は、声と形を真似て、人の心の闇に・・・来る!!!
どんどんエスカレートする霊的攻撃に、死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子(松たか子)の呼びかけで、日本中の霊媒師が田原家に集結し、かつてない規模の「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?

上映後の舞台挨拶にて小松は、「中島監督作品への出演は映画「渇き。」から4年ぶりで、その頃とはまた違った心境の中で日々葛藤していました。中島監督からいろいろな愛のムチを受けて(笑)、中島組ってこんな感じだったなと思い出しながら撮影に挑みました。出来上がった作品は圧倒されるものがあって、気が張ってしまう部分、ふと笑ってしまう部分もあり、いろいろな感覚で観れる映画だと思いました。この作品に関われて良かったです。」と心境を吐露。

撮影について、「プレッシャーもあり撮影に入るのが怖くて、初日に緊張しすぎて壁に向って座っているところを岡田さんに目撃されてしまいました(笑)。どうやって慣れていったらいいのかを考えていましたが、初めてショートカットにして色もピンクに染め、全身にタトゥーをしたりすることで気分も変わり、ビジュアルにも助けられました。また、母性を出さないといけない役柄だったので苦労したというか、母性ってなんだろうというところから始まったり、新しい経験ができてとにかく刺激的な現場でした。」と振り返った。

映画「来る」は現在絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)

TOPへ

小松菜奈のニュース

小松菜奈 「Google Pixel presents 表参道イルミネーション 2018」点灯式!

2018年11月30日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

小松菜奈が、11/29(木)「Google Pixel presents 表参道イルミネーション 2018」点灯式に出席した。

都内屈指の人気イルミネーションスポットとして知られる表参道けやき並木。今年は11/29(木)から12/25(火)の27日間、けやき並木150本に温かみのあるシャンパンゴールドのLED約90万球を装飾し、Google Pixelが演出する“Magic Illumination”をテーマに、キラキラと光がゆらめく幻想的な体験を楽しむことができる。また、12/3(月)からは、イルミネーションをバスの上から楽しめるGoogle Pixelをテーマとしたラッピングバスも運行される予定だ。

小松は点灯式のゲストとして登場し、「表参道は普段から買い物とかでよく通る街なので、点灯式ということでとてもドキドキしています。また初めて点灯式に参加させていただくので、ワクワクドキドキしています。」と緊張した面持ちでコメント。

点灯式後に小松自身もGoogle Pixelバスに乗車するとのことで、「可愛らしいピンクのオープンバスになっていて、写真を撮るのが楽しみです。特別な夜になりました。」と笑顔を見せた。

普段から写真撮影をよくするという小松は、「Google Pixelの携帯を使わせていただいているのですが、画質がとてもキレイです。また、インカメラには広角レンズが使われていて、大人数で撮る時もはみ出すこともなくキレイに撮ることができてビックリしました。Google Pixelには夜景モードがあって、これからバスに乗る時に使わせていただきます。イルミネーションや夜景をカメラで撮ってもキレイにに写らなくて、肉眼のほうが良いなって思ってしまうこともありました。でもそれを思い出として残したいと思った時に、Google Pixelの夜景モードはキレイに写ると聞いたので、とても楽しみです。」と話した。

その後、小松がスマートフォンに、「OK Google 表参道のイルミネーションをつけて」と話しかけると、表参道1.1kmのけやき並木にイルミネーションが点灯。小松は、「この瞬間を味あわせていただけるなんて思ってもいなかったので感動です。毎年表参道のイルミネーションを楽しみにしているので、点灯式をやらせていただき冬の良い思い出になりました。嬉しいです。」と声を弾ませた。

そして最後に、「これから本格的な冬になって各地で素敵なイルミネーションが点灯されると思います。その時にGoogle Pixelの夜景モードで冬の思い出を作っていただけたら嬉しいです。オープンバスもぜひ乗ってみてください。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

TOPへ

小松菜奈のニュース

小松菜奈 映画「来る」怖がり屋さん限定プレミア試写会!

2018年11月27日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

小松菜奈出演映画「来る」の怖がり屋さん限定プレミア試写会が11/27(火)都内で行われ、岡田准一さんと共に小松が出席した。

原作は、「第22回日本ホラー大賞」にて宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」(澤村伊智/角川ホラー文庫刊)。“あれ”に狙われた人々の心の闇を描く、かつてない“最恐エンターテインメント”となっている。

この日は、ホラーが大の苦手という同作の主演・岡田准一さん、そして小松が登壇。完成したばかりの作品を観て小松は、「すごく目まぐるしく、強烈な映像を観たという印象です。言葉に表すのが難しいのですが、(メガホンをとった中島哲也監督は)良い意味で変態だなって思いました。」と話すと岡田さんも“そう、良い意味でクレイジー。観ていただけたら分かると思う、すごい人だなって。現場でも良い作品になる実感があった”と同感していた。

“このシーンはすごかった”と思ったシーンは?という質問に、「最後に“あれ”と戦うシーンです。撮影を進めていくなかで台本が血だらけになっていきました。毎朝現場に着いて血のりを塗って、受け身の芝居をやったり、CGのシーンを撮ったり、とにかく大変でした。」と壮絶だった現場の様子も交えて話した。

その後、作品にちなみ日常生活で怖いものがあるかと聞かれ、「映像は大丈夫なのですが、自分が体感するお化け屋敷は苦手です。」と答えると共に、最近の怖かった出来事を、「この映画の撮影期間中に金縛りに遭いました。寝ていたら下からはい上がってくるものを感じて、でも目を開けてはいけないと言われていたので開けなかったですが…。誰かが乗っかっているような感じで、金縛りに遭ったのはその時が初めてでした。」と体験談を語った。

そして最後に、「怖くて叫ぶというよりは、人間の表裏や闇の怖さを感じさせる作品。人間ドラマを描いているので登場人物に共感したり、笑ってしまう部分があったり、いろいろな感情で楽しんでいただけると思います。ぜひご覧ください。」とメッセージを送った。

映画「来る」は、12/7(金)公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
オカルトライター・野崎和浩(岡田准一)のもとに相談者・田原秀樹(妻夫木聡)が訪れた。最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起きていると言う。田原は、妻・香奈(黒木華)と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていた。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・比嘉真琴(小松菜奈)とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は想像をはるかに超えて強力なモノだった。民俗学者・津田大吾(青木崇高)によると、その「何か」とは、田原の故郷の民間伝承に由来する化け物「■■■■」ではないかと言う。対抗策を探す野崎と真琴。そして記憶を辿る田原…幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主…・そ・う・か!・あ・れ・の・正・体・は、・あ・い・つ・だ!
決して「■■■■」の名を呼んではならない。「■■■■」は、声と形を真似て、人の心の闇に・・・来る!!!
どんどんエスカレートする霊的攻撃に、死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子(松たか子)の呼びかけで、日本中の霊媒師が田原家に集結し、かつてない規模の「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?

(敬称略)

TOPへ

小松菜奈のニュース

小松菜奈 「シャネル 代官山 期間限定ブティック オープニングレセプション」に出席!

2018年11月23日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

小松菜奈が11/22(木)「シャネル 代官山 期間限定ブティック オープニングレセプション」に出席した。

シャネルは11/23(金・祝)から12/16(日)まで、代官山 T-SITE GARDEN GALLERYにて期間限定ブティックをオープン。
今年5月にパリのグラン パレの会場に現れた巨大豪華客船の世界観のコンセプトに加え、日本ならではの要素を取り入れた解釈で2018/19年 クルーズ コレクションの世界を体験できる空間となっている。

シャネルのファッション アンバサダーを務める小松は、2018/19年 クルーズ コレクションのコットンドレスにアクセサリーとバックをコーディネートした装いでフォトコールに登場し、「爽やかなワンピースなのですが、ウエストに遊びを効かせた感じになっています。カラフルな色を使って可愛らしさもあり、でもおしゃれでテンションがあがるワンピースだと思います。着心地もとても良いです。」とこの日のファッションポイントを語った。

この日は、シャネルファンの多くのゲストが来場。一足早く2018/19年 クルーズ コレクションの世界を体験した。

TOPへ

小松菜奈のニュース

小松菜奈 映画「サムライマラソン」出演決定!

2018年11月19日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

小松菜奈が2019年2月公開、東京2020公認プログラム(※) 映画「サムライマラソン」に出演することが発表された。

同作は、日本のマラソンの発祥といわれ現在も160年以上にわたり受け継がれている史実、安政遠足を舞台にした土橋章宏の小説「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)の映画化。
企画・プロデュースは「ラストエンペラー」(アカデミー賞作品賞ほか9部門で受賞)を製作した世界的プロデューサー、ジェレミー・トーマスと、「おくりびと」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した中沢敏明。メガホンを取ったのは、ジェレミー・トーマスによって抜擢された「キャンディマン」「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」で知られるバーナード・ローズ監督。さらに製作陣には、アカデミー受賞歴を持つ錚々たる面々が集結し、音楽を担当するのは「めぐりあう時間たち」などで三度、アカデミー賞作曲賞ノミネートの経験を持つフィリップ・グラス、衣装デザインは「乱」でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したワダエミなど、世界の第一線で活躍するスタッフが名を連ねたビッグプロジェクトが誕生した。

時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里(約58km)の山道を走る遠足を開催する。だが、この動きが、とある行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれる。ただ一人、迫る危機を知った男は、計画を食い止めるため、走りだす―。

主人公は普段は平凡な侍だが、実は幕府のスパイとして藩に潜入、遠足参加中に藩に迫る危機をいち早く察知する忍び・唐沢甚内で、小松は藩主の娘・雪姫を演じる。

この度、特報映像も解禁。「行きはマラソン、帰りは戦」というキャッチコピーの通り、それぞれの思いを胸に走る侍の姿や、迫力の剣術アクションなど、スポーツ、アクション、ドラマの要素が盛り込まれた、全く新しい幕末エンタテインメントの片鱗を確認することができる。

映画「サムライマラソン」は、2019年2月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか、全国ロードショー。
ぜひご期待ください!

(敬称略)

※東京2020参画プログラム
様々な組織団体がオリンピック・パラリンピックとつながりをもちながら2020年の大会に向けた参画・機運醸成・レガシー創出のアクションを実施するプログラム。
映画「サムライマラソン」は、安政遠足と東京2020大会との親和性や2020年以降のレガシー創出につながるプロジェクトとして、東京2020参画プログラムに認証された。

TOPへ