STARDUST SECTION3 スターダストプロモーション 芸能3部

SECTION3

shadow

HOME > ニュース

ニュース

肘井美佳のニュース

肘井美佳 舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」開幕!

2018年12月12日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

肘井美佳出演舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」が12/12(水)紀伊國屋ホールで開幕した。

同作は、人気演劇作家の西田大輔さんと元お笑い芸人で気鋭の脚本家、家城啓之(マンボウやしろ)さんのコラボによるシチュエーションコメディーで、西田さんのオリジナル作品として2004年に初演、過去4回の再演を行ってきた人気作。
その原作を、本多劇場で上演した舞台『魔王コント』の脚本・演出を手掛け、TOKYO FM「Skyrocket Company」のDJとしてラジオ番組の裏側を知る家城さんが脚色・アレンジし、西田さんがその脚本を演出をするというコラボレーションで、新たな作品として上演される。

10代を中心に絶大な支持を集めるカリスマDJ・ジーザスが持つ番組は伝説的な聴取率を誇っていた。
今日は特番で生放送。いつもより気合いを入れて生放送に臨むスタッフたち。
番組スポンサーの社長が来たり、特番のゲストが来たりといつもより準備が大変だ。
しかし、OA直前になってもジーザスは現れない。
番組を止めるわけにはいかないとプロデューサーはジーザス不在のままOAを指示する。
ジーザスの穴を埋めるため奔走するディレクター、放送作家、音響たちレギュラースタッフ。
に加え、なぜかゲストやスポンサー企業の社長、演歌歌手など様々な人間を巻き込んで番組が始まってしまう。
様々なトラブルに巻き込まれながらもジーザス不在で無事に生放送を終えることができるのか?

肘井は、六本木のカリスマSM嬢・宮崎ハヤ子を演じる。
ニックネームはポニョで、超スーパーなウルトラヘビー級なモンスタークレイジーなドS。
ジーザス吉田のツケを回収に来てたことから、事件に巻き込まれるが、事件に巻き込まれたというより、自ら積極的に参加していく、という役どころ。

肘井は、「本当に個性的な人たちが揃ってのチームワークが本作の魅力です。劇中、チームワークがないと成り立たないことがいっぱい起こります。初めましての人たちのチームワークの話ですが、それを演じる役者たちのチームワークはとれています。そこがリンクして、お話に更に深みが増しているのではないかと信じて演じています。そのチームワークをぜひ観て頂きたいです。」とメッセージを送った。

舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」は12/24(月・祝)まで紀伊國屋ホールにて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。

☆公式サイト
https://www.mmj-pro.co.jp/jesus-christ-radiostar/

☆アフタートークイベント情報!(肘井出演回)
12/14(金)19:00の回/登壇予定:板倉俊之、染谷俊之、宮平安春、肘井美佳、山崎樹範、西田大輔
12/22(土)17:00の回/登壇予定:中島早貴、小槙まこ、小野寺ずる、肘井美佳、大地洋輔、家城啓之

(敬称略)

TOPへ

肘井美佳のニュース

肘井美佳 映画「…and LOVE」初日舞台挨拶!

2017年3月21日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

肘井美佳出演映画「…and LOVE」が3/18(土)公開初日を迎え、シネ・リーブル池袋で行われた舞台挨拶に監督・出演者と共に肘井が登壇した。

同作は、グラビアアイドルとしてデビューし数々の写真集、DVDを発表、常に第一線を走り続ける杉原杏璃さんが、2015年に上梓した同名小説の映画化。真実か?創作か?自伝的小説としてグラドル界の裏側を赤裸々に描いたその内容は各方面から物議を醸し、センセーショナルを巻き起こしてから約1年半、遂にベールを脱ぐ。小説で物議を醸した男性たちとの肉体関係のくだりを、作者自身が体当たりで演じ、グラビアの世界では表現しきれないエロティシズムがスクリーンを彩っていく。

碧い海のようなアイドルになりたい、そう心に刻みながらグラビアアイドルとして成功を掴んだアン。スポットライトを浴び世の男性の注目を集めるも、そんなある日、同郷の友人から電話をもらうが「アンってそんな声じゃったっけ?」という言葉に言い知れぬ衝撃を受ける。
「かつての自分の声はどんな声だったのか?」と自問自答したとき、「どうしたらファンの人たちに喜んでもらえるのか」と考えての行動が偽りの自分を演じているのではないかという不安に襲われるようになる。年齢も30歳を過ぎ、嘘のない生き方、そして本当の「自分の声」を取り戻すため、グラビアアイドルとしての活動をあと1年として、一所懸命走り抜くことを決意する。男たちと関係を重ねていきながらもトップアイドルとして駆け抜けるアンは、この世界に入ったことで失った「声」を取り戻すことができるのだろうか。

上映前に行われた舞台挨拶で肘井は「今日は劇場まで足を運んでくださってありがとうございます。短い間ですが楽しい時間になればいいなと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

役を演じるにあたって「杉原杏璃ちゃんとは、デビューの時期が同じで私が初めて携わった生放送の番組でご一緒させていただいていて、それ以来の共演でした。ご自身で書かれた小説に、体当たりで挑戦するということですごいことだと思いました。きっと杏璃ちゃんにとって大きな挑戦になるということに感動しましたし、一緒にできることが嬉しいです。(実際に)同級生でちょうど同級生の親友役で、図々しいですがカメラの前でも外でも、杏璃ちゃんの不安を支えられるような存在になれたらいいなと思って撮影に臨みました。」と笑顔で語った。

映画「…and LOVE」は、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。

TOPへ

肘井美佳のニュース

肘井美佳 映画『「超」怖い話』初日舞台挨拶!

2016年8月22日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

肘井美佳出演映画『「超」怖い話』が8/20(土)公開初日を迎え、東京・キネマ大森で開催された「第3回 夏のホラー秘宝まつり2016」開幕式&舞台挨拶に肘井が登壇した。

同作は、「第3回 夏のホラー秘宝まつり2016」にて上映される初公開作品。
実話怪談の最高峰『「超」怖い話』の完全映画化で、原作は2011年に『ダイナー』で大藪春彦賞を受賞した人気作家・平山夢明さんが、実際にあった恐怖心霊体験を集めて作り上げた実話怪談集。
メガホンをとるのは、『AVN/エイリアンVSニンジャ』のハリウッドリメイクが決定した千葉誠治監督が、全3話のオムニバスで最凶心霊現象に遭遇してしまった美女たちを描く。

オムニバス第1話「干瓢」は、肘井演じる玲音が友達カップルに誘われてキャンプをするために山中に来るところから始まる。
山奥にテントをはる友達カップルは以前の彼らではなくなっていた。真夜中になり、彼らを狂わされた者が狂暴な牙を剥く!その驚愕の正体とは!?

上映後に行われた舞台挨拶で肘井は、「映画館に来る時間に雨が降っていたと思いますが、今はキラキラに晴れています。ご覧になった通り、『「超」怖い話』で気持ちが落ちている瞬間だと思いますが、明るく気持ちを切り替えてもらえたら良いなと思います。よろしくお願いいたします。」と挨拶。

撮影を振り返り、「深い森の真っ暗な闇の中で、照明を落とすと何も見えない状況でした。私はホラー作品に出るのが初めてだったので、いろいろな環境から撮影の雰囲気に入るためにパワーをもらって、入り込もうとすると自然に緊張感が生まれてきました。終わった今からすると、怖さも楽しかったです。劇中で友達も変になってしまうし、お化けも出てくるし、本当に怖かったです。」とコメント。その後、劇中で森の中を走っているシーンが印象的だという話題に触れ、「引いて撮っていて、生半可に走っていたら“何やってるの、もっと緊張感出せよ”みたいになってしまうので、全速力で走りました。」と話した。

さらに、お気に入りのシーンについて、「一番最後に車に乗り込むところです。車のところまで走って逃げて、鍵を開けようとするんけど刺さらなくて、落としてしまうシーンの鍵を落とす時に、カメラは引いて撮っていたので、下に落ちた鍵が映ってしまわないように、自分で蹴ってから“取れないっ取れない、あった!”って。撮影する際に、時間が無いし臨場感も出るからワンカットで撮りたいということで、テイクを重ねずに撮影し終えた時は、現場が一丸となった気がしました。そこが見どころなのですが、先に伝えたかったけど伝えられないので、ぜひもう一度観ていただきたいです。」と笑顔で話し、撮影秘話については、「怖い現場の中、とても明るい気持ちになった話なのですが、少ない光の下でみんなお弁当を食べていたんです。けど、私はお化け役の方の隣でお弁当を食べていたので、その姿が怖くなくておもしろいと思い、一緒に写真を撮りました。」と声を弾ませた。

その後、「第3回 夏のホラー秘宝まつり2016」開幕式が行われ肘井は、「『「超」怖い話』代表、肘井美佳です。ただの怖い話ではなくて“超”怖い話。本当に夏に相応しいホラーが3作待っています。ホラーと言えば女の人の悲鳴ですよね。三者三様の悲鳴を発しているのが見どころです。“『超』怖い話”という言葉はいろいろなところで使えて、例えば電球がピカピカ切れそうだなと思ったら“超怖い話!”みたいに、気軽に使えるワードなので、流行語大賞狙っていこうかなと思っています(笑)。今日も、主演の3人が別々に来て打ち合わせもしていないのに、白黒の衣装で統一されたという“『超』怖い話”が…(笑)。今日は楽しんでください。」と笑いを交えてPRした。

映画『「超」怖い話』は、東京・キネカ大森にて公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

●「第3回夏のホラー秘宝まつり 2016」
「ホラー秘宝」とは、キングレコードが贈る人気のホラー映画レーベルで、ホラーファンや映画ファンから一目を置かれる存在。一昨年、昨年と、ホラー映画未開の地・キネカ大森で開催された同映画祭は大成功をおさめた。
今年で3年目の夏を迎えるホラー映画の祭典は、8/20(土)~9/9(金)東京・キネカ大森にて開催中。

公式サイト:http://horror-hiho.com/

TOPへ

肘井美佳のニュース

肘井美佳 「忍者元年宣言」イベントに出演!

2016年2月24日更新

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Buzzurl MIXIチェック シェア

肘井美佳が2/22(月)都内で行われた、「忍者の日特別イベント『忍者元年宣言』忍者の2030年を考える」トークショーに出演した。

「忍者の日特別イベント『忍者元年宣言』忍者の2030年を考える」は、日本を代表するクールコンテンツである“忍者”の活性化と発展を目的に制定した“忍者の日”(2/22、にん(2)にん(2)にん(2)のごろ合わせ)に、日本忍者協議会が開催したイベント。
2016年を『忍者元年』と宣言し、全国各地でキャンペーンやイベントが行われるなか、忍者やジャパンカルチャーに関する有識者たちによる、忍者コンテンツの2030年までを考えるディスカッションが繰り広げられた。

ハリウッド映画『Ninja』や『抜け忍』で女性忍者・くノ一を演じるなど、様々な忍者作品に出演する肘井。海外での“忍者熱”を聞かれ、「長期間海外に行かせていただく機会があるのですが、皆さん少し時間を置いて仲良くなってから“ところで日本の忍者ってどうなの?”と質問をされるので、それまで話しに出ることはなかったけど、ずっと聞きたかったことだったんだと思うことが多かったです。」と答えた。

イベントでは、忍者について様々なテーマでトークが行われたが、1つめのテーマ:忍者の魅力は?では、「“影の存在”です。派手なイメージがあると思うのですが、コツコツ日々修行をして、誰も見ていないところで大きな仕事をこなしているのがカッコイイなと思います。そして日本の方はそういった方が多いのかなと。もちろん派手なところも素敵ですが、努力家で知識も豊富なところが忍者の魅力だと思っていて、理想の男性です(笑)。」と熱く語った。

また、忍者をもっと知ってもらうには?というテーマでは、「“忍者エクササイズ”です。男性も女性も綺麗になりたい、カッコよくなりたいという気持ちは普遍的なものだと思うんです。そこで忍者の動きを取り入れたエクササイズがいいなと思いました。トレンドを作るのは若い女性が多かったりするので、“若い女性が忍者エクササイズで綺麗になる”とか、“ニンジャビクス”といったものができたらと。エクササイズをラジオ体操くらい国民的にして(笑)、違う国の人にも伝えられたらいいですね。」と持論を展開した。

同テーマで、ゲストのダニー・チューさん(内閣官房クールジャパン官民連携プラットフォーム委員)が、規律正しい日本の日常生活をもっと発信すべきと提案すると、「確かに日常の当たり前のことって、修行っぽく見えるし、素敵だと思います。お掃除ひとつ取っても拭き掃除や雑巾がけって日本ぽいですし、鍛錬という感じ。また、小皿がたくさんあるのってすごく綺麗ですが、それを綺麗に使う・保つこと、生け花やお茶って心の鍛錬にも繋がっていったりもするので、広めていけたら素敵だなと思いました。」と感想を語った。

最後のテーマ:現代の忍者はこの人だ!というトークでは、「“羽生結弦さん”です。フィギュアスケートが好きでよく観るのですが、あの何分間かの後ろに何年、何十年という苦労があるはずなのに、簡単にやってのける。でもそのように見せることは本当に難しいことで、体力と精神力の限界のなかで、励まれているところは忍者に近いなと思いましたし、日本でとても活躍されている方でもあるので、選ばせていただきました。」と話した。

その後、客席からの質問も受け付けられ、海外の方々の忍者に対するイメージは?と聞かれ、「私が武術をやったり人前で使った言葉が良かったり、日本ぽいことをすると、“忍者だ!”と言われることが多く、“忍者=カッコイイ”というイメージで、“忍者”という言葉が“イケてる”といったような意味を持つワードのような使われ方をしていました。」と経験を語った。

この日は、戦闘集団というイメージだけではなく、優れた知性、精神力を持つ忍者を深く知れるトークセッションが行われたほか、肘井は自身が学んでいる武術も披露。その模様はWEB配信され、『忍者元年』にふさわしい、華やかなイベントとなった。

※「日本忍者協議会」とは
2020年の東京オリンピック・パラリンピック等を見据えた観光戦略、クールジャパンなどで忍者を日本の文化資産として、国や全国の忍者と関連する自治体・大学・観光協会・民間団体・事業所等が全国的なネットワークの下連携して、国内外の観光客を誘客するための情報収集や情報発信を行い、“忍者”を活かした観光振興・文か振興・地域経済の活性化を図ることを目的とする団体。

☆イベントの模様は、期間限定で下記よりご覧いただけます。
http://www.ustream.tv/channel/khThabWEQu3

TOPへ