STARDUST SECTION3 スターダストプロモーション 芸能3部

SECTION3

shadow
ウノナルミ

宇野愛海

メディアMEDIA

INFORMATION

★宇野愛海Official Instagram
https://www.instagram.com/unonarumi_official/

★宇野愛海Official Blog
http://ameblo.jp/narumi-uno/
宇野愛海オフィシャルブログ

MOVIE

■「斉木楠雄のΨ難」2017年10月21日公開
 ☆公式サイト

■「映画 山田孝之3D」

■「デスフォレスト 恐怖の森 3」 内田真由役
(監督/鳥居康剛)
 2015年12月12日~12月18日 ユーロスペース(モーニングショー)

■「罪の余白」 新海真帆 役
(監督/大塚祐吉)
 2015年10月3日公開
 配給:ファントム・フィルム
 ☆公式サイト

■短編映画集『破れたハートを売り物に』
(監督/三島有紀子) ※「オヤジファイト」に出演
 公開:2015年2月28日 17時~(1日のみ)
 ☆詳細はこちら

■「燦燦―さんさん―」 鶴本沙穂役
(監督/外山文治)
 2013年11月16日より全国順次公開
 ★「第10回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013」オープニング作品

TV

■NHKドラマ10「昭和元禄落語心中」 第3話
2018年10月26日

■NTV「先に生まれただけの僕」
2017年10月〜12月
公式サイト

■日本映画チャンネル
矢口史靖の「映画の常識・それほんと!?」 2017年2月9日・17日
公式サイト

TX「ウルトラマンオーブ」23話 霧島ハルカ役
2016年12月10日

TX「ウルトラマンオーブ」7話 霧島ハルカ役
2016年8月20日

■TX「こえ恋」
2016年7〜9月
公式サイト

NHK Eテレ「オトナヘノベル」 2016年2月18日

CX「痛快TVスカッとジャパン」 2015年12月14日

CX「痛快TVスカッとジャパン」 2015年9月7日

CX「痛快TVスカッとジャパン」 2015年6月8日

CX「痛快TVスカッとジャパン」 2015年4月6日

CX「痛快TVスカッとジャパン」 2015年2月16日

TX 水曜ミステリー9 負け組法律事務所  大島沙良役
2015年1月28日

NHK Eテレ 東京特許許可局「特許審査13宇宙受信マシーン」 川内加奈役
 2014年9月1日

EX「警視庁捜査一課9係」第8話 清水桃子役
 2014年8月27日

BS11 乙女の天然水 2014年8月1日

■BSジャパン「なぞの転校生」再放送
 2014年4月6日〜(全12話)

■テレビ東京 「なぞの転校生」春日愛 役
 2014年1月〜3月
 ☆公式サイト

STAGE

■舞台企画斜楽生オムニバス公演
『One Situation Four Texts~起承転結~』
 2019年3月6日(水)~10日(日)

 劇場:萬劇場(大塚)

■SEVEN FILM第一回プロデュース作品 舞台『VOTE』
【日時】2015年5月20日~24日 下北沢・B1劇場(本多劇場グループ) ※全7公演
【出演】中野マサアキ 富山えり子 根本弥生 関口アナム 布施紀行 成松修 宇野愛海
【演出】谷健二
【脚本】山本浩貴(PU-PU-JUICE)
【企画・製作】SEVEN FILM
【Webサイト】http://www.seven-film.com/VOTE/

■チェーホフ「かもめ」
 ~ 21世紀になり全面化しつつある中二病は何によって癒されるのか、
   あるいはついに癒しえないのか、に関する一考察 ~
【原作】アントン・チェーホフ(底本:神西清訳「かもめ」)
【公演期間】 2014年2月26日~ 3月2日
【会場】 渋谷 ギャラリー・ルデコ 4F
【脚本・演出】 松枝佳紀
 ◎公式サイト

■アロッタファジャイナ2013年8月番外公演
 「被告人~裁判記録より~」
 公演時期:2013年8月27日~9月1日
 公演場所:渋谷ギャラリー・ルデコ4F
 構成・演出:松枝佳紀
 ◎HP 
 ◎CoRich 

CM

■KADOKAWA・DWANGO「代ゼミNスクールPV」
 2016年1月11日~

 ☆映像はこちら

■KADOKAWA・DWANGO「N高等学校 PV」
 2015年10月13日~

 ☆映像はこちら

■セブンイレブン「ドーナツ」 2015年9月30日~

■KADOKAWA・DWANGO「通信制高校新設PV」
 2015年7月8日~

 ☆映像はこちら

■日本コカ・コーラ
「コカ・コーラ」“ネームボトル”(グラフィック)

■資生堂「SEABREEZE」
 2013年2月21日~
 http://www.seabreezeweb.com/

MAGAZINE

'16.07/01 : 東京ディズニーリゾート レストランガイドブック 2016-2017
'16.06/25 : ディズニーファン8月号
'10.08/24 : 夕刊フジ
記事はこちら
'10.07/03 : ちゃお8月号「めちゃモテシアター第2弾」
'09.11/02 : なかよし12月号
Pure☆Pure vol.48

PV

■井上苑子「赤いマフラー」2014年11月19日発売

WEB

■ネスレシアター「わかれうた」野瀬瑞恵(高校生)役
 https://nestle.jp/wakareuta/

■Moviewarlker「今月の映画美少女」2015年12月5日~
 ⇒ こちらから

■攻殻機動隊ARISE borderless:project
 山岡大祐監督「島村ユキは田中ケンジを忘れない」 島村ユキ役
 ☆詳細はこちら

■OCN OGグラビア「Girls!Girls!Girls!」
  http://www.ocn.ne.jp/game/og/

DVD

■ドラマ「先に生まれただけの僕」DVD/Blu-ray BOX
 発売日:2018年4月25日

 価格:19,000円(税抜/DVD)
 価格:24,000円(税抜/Blu-ray)
 発売元・販売元:バップ
 仕様:本編約480分+特典映像
 ★スターダストショッパーズにて通販受付中!

■「なぞの転校生」DVD/ Blu-ray BOX
 2014年5月14日発売

■オムニバスサスペンス・ホラー
「ヒトコワ -ほんとに怖いのは人間-」
 監督/児玉和土
 2012年12月5日発売
 発売元・販売元:SDP

ニュースNEWS

MOVIE

宇野愛海 『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019』Q&A舞台挨拶に登壇!

宇野愛海出演映画「歩けない僕らは」が『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019』国内コンペティション 短編部門に選出され、7/19(金)SKIPシティ 映像ホールにて行われたQ&A舞台挨拶に宇野が登壇した。

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』は、今や映画の新たなスタンダードとなったデジタルシネマにいち早くフォーカスした国際コンペティション映画祭。若手映像クリエイターの登竜門として、世界中からエンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を公募し、次代を担うクリエイターを発掘することにより、新たな映像産業の発展に寄与することを目的に2004年に誕生した。

映画「歩けない僕らは」は、医療現場が舞台の映像作品が多いなか、あまり語られることのない理学療法士に焦点を当て、患者と医療関係者、それぞれの苦悩を丁寧に描いた作品。若手理学療法士の離職率が高い現実を描くなど、取材を重ねていることが窺い知れる作品として、同映画祭でプレミア上映される。

宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1年目の理学療法士。
まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期の幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っている。
担当していたタエ(佐々木すみ江)が退院し、新しい患者が入院してくる。仕事からの帰宅途中に脳卒中を発症し、左半身が不随になった柘植(落合モトキ)。遥は初めて入院から退院までを担当することになる。
「元の人生には戻れますかね?」と聞く柘植に、何も答えられない遥。日野課長(山中聡)と田口リーダー(板橋駿谷)の指導の元、現実と向き合う日々が始まる。

上映後のQ&A舞台挨拶に登壇し、佐々木すみ江さんとのシーンを振り返り、「撮影前はすごく緊張していたのですが、お芝居のことだけではなく、“今、いくつなの?”など優しく話しかけてくださって緊張がほぐれました。とても楽しかったです。」と話した。

理学療法士を演じるにあたり、「撮影前にロケ地にある施設に行って、リハビリの様子などを見学させていただき、その時に体の支え方を教えていただきました。男性を普通に支えるとやはり重いと思いますが、コツを聞きながらやらせていただいたので、重さは感じなかったです。動きに関してというより、接し方や距離感が大変だなと感じました。」と語った。

映画「歩けない僕らは」は、2019年公開予定。
ぜひご期待ください!

■映画「歩けない僕らは」公式サイト
https://www.aruboku.net/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

宇野愛海 『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019』Q&A舞台挨拶に登壇!

宇野愛海出演映画「歩けない僕らは」が『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019』国内コンペティション 短編部門に選出され、7/15(月・祝)SKIPシティ 多目的ホールにて行われたQ&A舞台挨拶に宇野が登壇した。

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』は、今や映画の新たなスタンダードとなったデジタルシネマにいち早くフォーカスした国際コンペティション映画祭。若手映像クリエイターの登竜門として、世界中からエンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を公募し、次代を担うクリエイターを発掘することにより、新たな映像産業の発展に寄与することを目的に2004年に誕生した。

映画「歩けない僕らは」は、医療現場が舞台の映像作品が多いなか、あまり語られることのない理学療法士に焦点を当て、患者と医療関係者、それぞれの苦悩を丁寧に描いた作品。若手理学療法士の離職率が高い現実を描くなど、取材を重ねていることが窺い知れる作品として、同映画祭でプレミア上映される。

宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1年目の理学療法士。
まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期の幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っている。
担当していたタエ(佐々木すみ江)が退院し、新しい患者が入院してくる。仕事からの帰宅途中に脳卒中を発症し、左半身が不随になった柘植(落合モトキ)。遥は初めて入院から退院までを担当することになる。
「元の人生には戻れますかね?」と聞く柘植に、何も答えられない遥。日野課長(山中聡)と田口リーダー(板橋駿谷)の指導の元、現実と向き合う日々が始まる。

新米理学療法士の宮下遥を演じている宇野は、上映後のQ&A舞台挨拶に登壇し、「「歩けない僕らは」で宮下遥役を演じました、宇野愛海です。よろしくお願いします。」と挨拶。

同作の見どころを、「撮影の前、本物の理学療法士さんのお話を聞かせて頂いたり、施設にお邪魔してリハビリ風景を見学させて頂きました。そして撮影は本物の患者さんがいる中、人を止めることなく行われました。あの環境で撮影できたことは凄く有難かったです。
ストーリーや、一人一人の登場人物に注目して頂きたいのは勿論なのですが、本物の現場で撮ることができたからこその緊張感や独特な空気感。画から伝わっている気がします。」と話した。

映画「歩けない僕らは」は、2019年公開予定。
また、同映画祭では7/19(金)11:00~会期中2度目となるプレミア上映が行われる。(上映後のQ&Aに宇野も登壇予定)

■映画祭公式サイト
http://www.skipcity-dcf.jp/

■映画「歩けない僕らは」公式サイト
https://www.aruboku.net/
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

2008年

05月

YOSHIMOTO DIRECTOR’S 100
ショートフィルム「Whisper~だから彼女はささやいた~」
(監督/友近) ★詳細はこちら
2009年
VIPO「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」
『きみは僕の未来』(監督/浅野晋康)
2011年
「わたしたちがうたうとき」
 (監督/木村有理子)
2013年

11月

「燦燦―さんさん―」
(監督/外山文治)
2015年
短編映画集「破れたハートを売り物に」
『オヤジファイト』(監督/三島有紀子)

10月

「罪の余白」
(監督/大塚祐吉)

12月

「デスフォレスト 恐怖の森 3」
(監督/鳥居康剛)
2017年

06月

「映画 山田孝之3D」
(監督/松江哲明)

TV

2008年

11月

「あるがままの君でいて」(TBS)
2014年

01月

「なぞの転校生」春日愛 役(TX)
(~03月)

08月

「乙女の天然水」(BS11)

08月

「警視庁捜査一課9係」第8話 清水桃子役(EX)

09月

東京特許許可局「特許審査13宇宙受信マシーン」川内加奈役(NHK)
2015年

01月

「負け組法律事務所」大島沙良役(TX)
2016年

07月

「こえ恋」(TX)
(~09月)

08月

「ウルトラマンオーブ」第7、23話 霧島ハルカ役(TX)
2018年

10月

「先に生まれただけの僕」(NTV)
(~12月)
 
「昭和元禄落語心中」 第3話(NHK)

STAGE

2013年
アロッタファジャイナ2013年8月番外公演
「被告人~裁判記録より~」
渋谷ギャラリー・ルデコ(2013.08.27~09.01)
2014年
チェーホフ「かもめ」
~ 21世紀になり全面化しつつある中二病は何によって癒されるのか、
  あるいはついに癒しえないのか、に関する一考察 ~
渋谷ギャラリー・ルデコ(2014.02.26~03.02)
2015年
SEVEN FILM第一回プロデュース作品 舞台「VOTE」
下北沢・B1劇場(2015.05.20~24)
2019年
舞台企画斜楽生オムニバス公演
「One Situation Four Texts~起承転結~」
萬劇場(2019.03.06~10)

CM

2008年
東海漬物「きゅうりのキューちゃん~大釜篇~」

MAGAZINE

2007年
「なかよし」 07年8月号

PV

2012年
ZONE「treasure of the heart~キミとボクの奇跡~」
(2012.06.06)
2014年
井上苑子「赤いマフラー」
(2014.11.19)

pagetop

page top