RADIO

林遣都 ラジオドラマ「稲村ジェーン2021〜それぞれの夏〜」出演決定!

林遣都が、桑田佳祐監督映画『稲村ジェーン』をラジオドラマ化した「稲村ジェーン2021〜それぞれの夏〜」(8月23日(月)〜26日(木)の4日間にわたりニッポン放送にて先行オンエア、8月29日(日)13:00~13:55放送/TOKYO FMをはじめとするJFN全国37局ネットでオンエア)に出演することが発表された。

桑田佳祐さんが監督・音楽を担当し、1990年に公開され、全国で350万人動員を記録した大ヒット映画『稲村ジェーン』。先日、サザンオールスターズのデビュー43周年記念日となる6月25日に、30年の時を経てBlu-ray&DVDリリースされた本映画をラジオドラマ化。
『稲村ジェーン2021〜それぞれの夏〜』は、映画『稲村ジェーン』の主人公・ヒロシが2021年の夏を生きていたら…という設定で物語が展開していくラジオドラマだ。
物語は、75歳の“おじいさんサーファー”となったヒロシが、偶然、ある女の子に出会い、その女の子は、昔、ヒロシが幻想のような「暑かったけど、短かった夏」を共に過ごした、映画の舞台である1965年に出会った一人の女の子のことを思い起こさせる…というシーンから始まる。
映画『稲村ジェーン』の主題歌・サザンオールスターズ「真夏の果実」、挿入歌「希望の轍」をはじめ、映画のサウンドトラックとして書き下ろされた楽曲たちと共に、登場人物たちの“それぞれの夏”が描かれていく。

林は、主人公・ヒロシ役を演じる。もともと桑田さんのファンだったという林がオファーを受け即快諾し、出演が決定。ぶっきらぼうで冷めた性格だが、どこか心優しい一面も持ち合わせる主人公・ヒロシを、重厚かつ色気のある声の演技で繊細に表現している。

ラジオドラマ「稲村ジェーン2021〜それぞれの夏〜」は、8月23日(月)〜26日(木)の4日間にわたりニッポン放送にて先行放送され、8月29日(日)にはTOKYO FM/JFN系列37局にて、一挙にまとめられて放送される。
放送局の垣根を越えるという異例のラジオドラマ企画!
ひと夏の想い出に思いを馳せるノスタルジックな体験を、ぜひご期待ください。

【番組情報】
『稲村ジェーン2021〜それぞれの夏〜』
ニッポン放送:8月23日(月)〜26日(木)23:50〜24:00 4夜連続オンエア
TOKYO FM/JFN系列37局:8月29日(日)13:00〜13:55
  • はてなブックマーク