CM

滝沢カレン アサヒビール「ハイボリー」TVCM発表会!











滝沢カレンが、アサヒビール株式会社「ハイボリー」のCMキャラクターを務めることが発表され、9/15(水)に行われたTVCM発表会に出席した。

アサヒビール株式会社は、アルコール分0.5%の“微アルコール“ハイボール『アサヒ ハイボリー』とアルコール分3%のハイボール『アサヒ
ハイボリー 3%』を、9/28(火)から全国で発売する。お酒の飲み方の多様性を提案する「スマートドリンキング」の考え方に基づき展開する“微アルコールビールテイスト飲料「ビアリー」に続く、新ブランドとなる。

CMの衣装で登場した滝沢は、「白シャツは、私服でも着ちゃうくらい大好きです。」とコメント。

自宅でのリラックススタイルを問われ、「私はもっと違うものを着ているので、家でこんな良いものは着ていないです(笑)。理想です。」と明かした。

9/28(火)から全国放映される新TVCM『ライトなハイボール』篇は、星空を望むシチュエーションで“ゆったりまったり”過ごす様子を描くことで、「ハイボリー」の世界観を表現。
CMについて滝沢は、「(撮影を)やっているときも星空のようなものが窓の外にあったり、私は本当に空とか星が好きでいつか共演したいなと思っていたので、まさか「ハイボリー」さんと一緒になれるとは思っていなかったです。世界観がとっても好きで、リラックスもあるけど、ちょっと神秘的だったり、この人はどんな夢を見るんだろう?と思われるような女性なんじゃないかなと思いました。」と語った。

ハイボールを普段よく飲むか?と聞かれ、「大人になったので最初よりも今のほうが飲むことが増えたなと思います。ハイボールの良さをちょっとずつ気づこうと思っていたときの「ハイボリー」さんだったので、びっくりしました。」と笑顔を見せた。

「ハイボリー」は今までの缶ハイボールにはなかった、“あえてのライトなハイボール”という商品だが、「“私はこの世にあるすべての中から選んでいますと”というのが、“あえて”だと思うんです。やっぱり“あえて”をつけないと、“どういう気持ちでこの人は選んだんだろう?どっちでも良かったのかな?”とか、“何でも良かったな”という言葉に聞こえちゃうと思うんですけど、“あえて”がつくと、“私はこれをこの何億本もある中から選びました”というこだわりが分かります。」と話した。

続いて、アルコール分0.5%の“微アルコール“ハイボール『アサヒ ハイボリー』とアルコール分3%のハイボール『アサヒ ハイボリー 3%』が用意され、滝沢は『アサヒ ハイボリー』を選んで試飲することに。滝沢は、「ハイボールってこんなに爽やかでしたっけ?と思うくらい、飲んだことあるはずなのに、今日出会ったような感じにもなるし、本当に軽く飲めるので、お休みだったら朝から飲みたいくらいです。」と笑顔で語った。

さらに、『アサヒ ハイボリー』の香りについて、「ちょっとウッディをスモーキーしたような感じがして、私が昔行った北海道の木がいっぱい立っている霧がかかった場所があったんですけど、本当にそこを思い出させるようで、すごくオシャレだなと思いました。」とコメントした。

また、以前に試飲をしたことがあるアルコール分3%のハイボール『アサヒ ハイボリー 3%』については、「0.5%と全然違った香りというか、包まれるベール自体が違う色になっているんです。3%と0.5%ということ以外に美味しさにも違いがあって、どっちも繰り返し飲みたいです。」と話した。

この日は、滝沢が日常のシーンごとに、0.5%と3%のハイボリー、どちらが自分にぴったりか、場面ごとに選んで答える一幕も。

はじめに“映画を見ながらハイボリー”というテーマでは、「これは理由があっての3%です。映画を観るときにお酒を飲むこともたくさんありますけど、私は映画の物語に入り込みたい、一瞬でも家にいるということを思い出したくないので、ちょっとほろ酔いのような良い気分のときに作品に入れると自分が本当に映画の中にいるみたいになるので、3%が良いかなと思いました。」と回答。

続いて、“夕飯を食べながらハイボリー”については、「ご飯を作るときから飲んじゃってもいいんですよね?」と聞き、「これは言いたいことが山ほどあるので0.5%と3%の二本です。料理をしながら強いお酒を飲んじゃうとびっくりするぐらい食べる前に酔っちゃうので、0.5%だと作りながら楽しく飲めるのかなと思います。自分の中では、物語のような気持ちでいつも料理をさせてもらっているので、そんなときに0.5%だったらちゃんと作り方を間違えずに、とんでもないミスはしないまま、美味しいまま台所に持っていけるかなと思いました。食卓に移動したら3%の始まりで、そこからは何かやるというよりは食べる!ということなので、景色が変わるように味を変えたいです。絶対にいてほしいと思えるようなものが見つかりました。」と答えた。

また、“SNSを更新しながらハイボリー”では、まずSNS更新でのポリシーを聞かれ、「写真をあげるのはもちろん素敵なことだと思うんですけど、文を書くのがとても好きなので、文が溢れる思いの日は絶対に更新しようと思っています。途中で止まってしまうような物語だったり、今日は書けないなというときは更新しないというのが私のポリシーです。」とコメント。0.5%と3%の選択に、「これって究極の質問ですよね。」と悩みつつ、「3%にします。文を書いているときに「ハイボリー」があれば、物語も映画と一緒で広がるのかなと思ったり、ちょっと楽しくなってきたときってまた違う感情が生まれたりするので、スイッチを入れ替える、また違う世界に行ってきますということを3%で感じてみたいです。そうしたらまた楽しい思い出ができそうです。」と語った。

最後のテーマとなる“仕事終わりにハイボリー”については、「仕事終わりはまた0.5%と3%の二本です。お仕事終わりって、その日によって3時に終わる日があったり、10時に終わる日があったり、本当に毎日が違うので、その気分ももちろん違いますよね。眠いのか、お腹が空いているのか、それとも今すぐお風呂に入りたいのか、まずはご飯を食べたいのか、みたいな日がいっぱいあるので、その日によって違うんですけど、“ちょっと早く家に着けたラッキー!”みたいな日は、ご褒美の3%がいいなと思います。夜までの時間が自由に使えるというときは3%で映画に浸ってもいいですし、でも、“明日も仕事だ。明日もがんばろう。早くお風呂に入ろう。でもなにか飲みたい”というときは山のようにあるので、そういうときは0.5%の安心を口の中に入れます。」と話した。

また改めて、CMの“あえての0.5%と3%”というキャッチフレーズにちなみ、“あえてやっている『マイルール』”を聞かれ、「料理をするときに最新の機器はあえて使わないのが私です。世界にはたくさんの便利な機器があると思うんですけど、私は包丁1本で向き合いたいと思っています。自分の好きな形に切れますし、形が決まったところに入れてしまうと形が決まったまま終わりになっちゃうんですけど、自分のみじん切りや千切りは、今日の自分が見えるので、あえて大切にしていることです。」と明かした。

そして最後に、「いまこの世界は選べる時代になってきたことがとても嬉しくて、選べるということは、選ぶほうにも責任があるし、理由も作れることになるので、私はそこが楽しいんじゃないかと思っています。予定は人それぞれみんなが違うことなので、自分の予定を考えて、これにしよう、あれにしようというのがまた一つ生活にプラスされるというのは、また何か出来事が増えるということなので楽しみです。あと、私だったら北海道に旅行したときを思い出させるような味でもあったので、そういう思い出を見つけてもらえたら嬉しいです。」とメッセージを送った。

滝沢が出演する新TVCM『ライトなハイボール』篇は9/28(火)より放映。なお、滝沢は9/27(月)にアサヒビール公式Twitter、Instagramにて行われるライブ配信にも出演する。
ぜひチェックしてください!

<ライブ配信イベント概要>
日時:9/27(月)
配信先:アサヒビール公式Twitterアカウント(@hibally_asahi
アサヒビール公式Instagramアカウント(@hibally_asahi

■「ハイボリー」ブランドサイト
https://www.asahibeer.co.jp/hibally/
  • はてなブックマーク