MOVIE

北川景子 映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」出演決定!


北川景子が10月公開の映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」に出演することが発表された。

同作は、作家・ヒキタクニオ氏が自らの体験を基に書き上げた同名エッセイの映画化。
一般的に馴染みの薄い“男性不妊”を真正面から描きながらも、ヒキタ氏のユーモアあふれる語り口で大きな話題を呼び、この度、実写映画化が決定した。

ヒキタクニオ(松重豊さん)、49歳。職業は作家。二回り近く年の離れた愛する妻・サチ(北川)と仲良く二人暮らしで暮らしている。
サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。子どもは好きだけど、自分たちの子どもは作らないと決めていたが、ある日、妻が一言つぶやいた。
「ヒキタさんの子どもに会いたい」
それならと始めた妊活だったが、なかなか結果は出ず・・・
クリニックでの検査の結果、不妊の原因はヒキタにあることが判明!
そこからヒキタ夫妻の、悲喜こもごもの妊活の日々が始まる!

北川は、ヒキタの妻・サチを演じる。
サチは、ヒキタと二回り近く年下でありながら、自由な生活を送るヒキタをいつも支えるしっかり者。女性側に負担がかかる不妊治療にも弱音をはかずに取り組む、という役どころだ。

脚本を読んだ感想を北川は、「不妊治療をテーマにしながらもコメディタッチで描かれていて面白かったです。弱音を吐かず、懸命に夫を支えるサチさんの姿は同じ女性としても感銘を受けました。ヒキタさんとサチさんが歩んできた道のりをいかにリアルに、ユーモアたっぷりに表現できるかが鍵になると思いました。」とコメント。

サチを演じ、「ヒキタさんとサチさんはふた回りほど年の離れた夫婦ですが、松重さんとは何度も共演させていただいているので、信頼関係が出来上がっている状態で演じられたのは本当に良かったと思います。クランクインしてすぐに、自然と夫婦になれたような気がしました。
私はこの作品に取り組んで不妊治療について詳しく知ったのですが、夫婦の心の絆と、困難にぶつかっても乗り越える強さがなければ到底できない、大変なことだと知りました。私は経験がありませんでしたが、サチさんの不妊治療に取り組む姿勢をリアルに表現したいと思いました。とても難しかったですが、この作品がたくさんの方に届いてほしいと思います。」と語った。

また、昨年4月より約1ヶ月ほど行われた撮影を振り返り、「撮影はほぼ一年前。もう懐かしいです。松重さんと毎日朝から晩まで一緒にいて、本当に家族のような錯覚さえ覚えました。(ヒキタの担当編集者・杉浦役の)濱田岳くんもよく知った方なので、アットホームな現場でした。桜のシーンが印象的で、天候にも桜にも恵まれ、とても良いシーンになりました。楽しみにしていてください。」と話した。

映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」は10月公開予定。
なお、今年4月に開催される「第9回北京国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品されることが決定し、ワールドプレミアとして10月の日本公開に先駆け、初お披露目される。

ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク