MOVIE

片桐はいり キネカ大森先付ショートムービー「もぎりさん session2」お披露目一挙上映&前作おさらい上映会!






片桐はいり主演、キネカ大森先付ショートムービー「もぎりさん session2」のお披露目一挙上映&前作おさらい上映会が7/13(土)キネカ大森で行われ、鈴木太一監督、瀬田なつき監督と共に片桐が出演した。

キネカ大森先付ショートムービー「もぎりさん」は、キネカ大森の開館34年目にして初のロビーリニューアルを記念し2018年に第1弾を制作、リニューアル前の古き良き劇場で繰り広げられる映画館映画。映画と映画館と映画好きな人々の素敵な関係を描きつつ、キネカに限らず「街の小さな映画館が元気になるように!」と願いを込めた作品で、映画予告後、本編前に観ることのできるショートムービーだ。

片桐は、同作の主人公・もぎりさんを演じている。

大森で生まれ育ち、学生時代に銀座文化劇場(現・シネスイッチ銀座)でもぎりのアルバイトをしていた片桐にとってキネカ大森は、30年以上の付き合いになる場所。同劇場に映画鑑賞に通いつめた縁から、もぎりをするようになったというのは有名な話だ。
そしてその縁から「もぎりさん」は生まれ、この度、第2弾となる「もぎりさん session2」が完成。この日は、前作「もぎりさん」と新作「もぎりさん session2」の上映後、「もぎりさん session2」の第7話~第9話のメガホンをとった鈴木太一監督、第10話~第12話のメガホンをとった瀬田なつき監督と共にトークを繰り広げた。

鈴木監督、瀬田監督の出会いを、「(前作の1~3話を手がけた)大九明子監督と鈴木太一監督とは、「もぎりさん」のプロデューサーである平林さんを介してお知り合いになった流れがあったんですよね。鈴木監督の「くそガキの告白」をキネカ大森で上映した時、「くそガキの告白」の名物でもあったのですが鈴木監督がサンドイッチマンのようになってポスターをまとって大森駅に立っていらっしゃって。その後に鈴木監督を駅で見かけた知り合いに“大森に映画館があったんだね”と言われ、駅に看板を出さなくてはいけないという使命を感じました。その頃からキネカ大森の看板を出すのが私の野望になって、それが今のアトレ大森の“もぎりさん”サマーキャンペーンに繋がります(笑)。話は変わってしまいましたが、前作の4~6話の脚本を担当していただいたこともあり、いろいろとアプローチしていくうちに、お願いすることになりました。瀬田監督とは、オムニバスDVD「片桐はいり4倍速」という作品のメイキングを撮ってくださったのが最初。当時生意気にも“メイキングはいらないんじゃない?”なんて言っていたこともありました。ある日、横浜にあるジャック&ベティという映画館で「未来の巨匠たち」という特集上映があって、瀬田監督が出るらしいと聞いて観にいったら“すばらしい!”って思って、コロッと態度が変わってファンになってしまい、それ以来のお付き合いです。」と話した。

同作の制作にあたり鈴木監督には、「今はみんなデジタルで上映していて映写機を使っている映画館は少ないんです。なのでぜひフィルム映写機をフィーチャーしてほしいという話をして鈴木監督には脚本を書いていただきました。」とリクエストしたと言い、さらに瀬田監督には、「それを思って撮ってくださったかは分からないのですが、舞台の劇場や映画館は幽霊が出る劇場のほうが良いんですよというような話を瀬田監督にしたことがあって、そうしたら10話のような話を書いてくださいました。」と明かした。

さらに、「「もぎりさん」が長編にならないのかと聞かれることがあって、でも私としては4コマ漫画のようなものと思っているので「もぎりさん」は「サザエさん」のようなイメージ。」と話すと瀬田監督がキネカ大森の全てのスクリーンで映写チェックをし、スクリーンによって見え方に違いがあったと言及。すると、「キネカに毎週のようにもぎりに来て映画を観るので、前作が完成した頃、スクリーンによって見え方が全然違って“ここはもっと明るく”とか“もう少し暗くして”と言っていました。自分の映画なのでより気付けたこともあって、そう思うと他の映画もそうかもしれないと感じました。この映画は小さなスクリーンで観たほうがいいかもとか。座る席や音の違いによって見え方が変わるライブ感、面白さが求められていないから映画館離れに繋がっている。時代もありつつ、これはこれで楽しいと思っていてほしいと私は思っています。」と映画館に対する思いを語った。

そして最後に、「「野火」という映画で塚本晋也監督が全国行脚する様がすごかったんですね。どんなに小さな上映会にも行っていらっしゃる様子を見て、“いいな、自分の映画があるといろいろな映画館に行けて”という話をテアトルの方に話したことも「もぎりさん」企画がスタートしたきっかけのひとつだと思います。いずれこの作品が溜まったらいろいろな映画館に「もぎりさん」を持って行ってもぎりをするのが私の夢。“これじゃあ、ちょっとね…”と言われてしまったらしょうがないですけど(笑)。皆さんぜひ映画館で楽しんでください。」とメッセージを送った。

この日は、『もぎりさん』の4~6話を手掛けた菊地健雄監督が急遽登壇し、作品の撮影秘話などがたっぷりと語られ、大盛況のうちにイベントは終了した。

キネカ大森先付ショートムービー「もぎりさん session2」は、キネカ大森にて先行上映後、テアトル系劇場などでも公開予定。
ぜひ劇場でお楽しみください!

もぎりさん session2
★キネカ大森先付ショートムービー「もぎりさん session2」上映スケジュール
7/12(金)~8/1(木)
第7話「くそガキともぎりさん」
監督・脚本:鈴木太一
出演:片桐はいり、今野浩喜

8/2(金)~8/22(木)
第8話「恋のもぎりさん」
監督・脚本:鈴木太一
出演:片桐はいり、佐津川愛美、日南響子、岩井ジョニ男(イワイガワ)

8/23(金)~9/12(木)
第9話「励ますもぎりさん」
監督・脚本:鈴木太一
出演:片桐はいり、佐津川愛美、川瀬陽太

9/13(金)~10/3(木)
第10話「もぎりさん、さようなら」
監督・脚本:瀬田なつき
出演:片桐はいり、佐津川愛美、唐田えりか

10/4(金)~10/24(木)
第11話「もぎりさんところどころ」
監督・脚本:瀬田なつき
出演:片桐はいり、佐津川愛美、川瀬陽太、今野浩喜、萩原みのり

10/25(金)~11/14(木)
第12話「終映後のもぎりさん」
監督・脚本:瀬田なつき
出演:片桐はいり、佐津川愛美

詳細はこちら>>>

(敬称略)

※キネカ大森にて上映作品の本編前に先付して上映されます。ご鑑賞予定のお客様はお早めにご入場いただきますようお願いいたします。
※一部のイベント実施回等では上映がない場合もございますのでご了承ください。
  • はてなブックマーク