STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
ホンダ ツバサ

本田翼

メディアMEDIA

MOVIE

「鋼の錬金術師」
2017年冬全国公開
監督:曽利文彦
配給:ワーナーブラザース映画
公式サイト

「土竜の唄 香港狂騒曲」
2016/12/23(金)
監督:三池崇史
配給:東宝
公式サイト

「少女」
2016/10/08(土)公開
監督:三島有紀子
配給:東映
※主演
公式サイト

「起終点駅 ターミナル」
2015/11/07(土)公開
監督:篠原哲雄
配給:東映
公式サイト
■「第28回東京国際映画祭」クロージング作品

TV

2016/10/05(水)スタート
毎週水曜
22:00~
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」
日本テレビ
※森尾登代子役

DVD

映画「起終点駅 ターミナル」DVD
発売日:2016/05/11(水)
価格:4,700円(税抜)
スターダストショッパーズでご注文受付中!

ドラマ「恋仲」DVD&Blu-ray BOX
発売日:2016/01/20(水)
価格:23,500円(税抜)Blu-ray
価格:19,000円(税抜)DVD
スターダストショッパーズでご注文受付中!

ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」DVD&Blu-ray BOX
発売日:2015/11/25(水)
価格:24,000円(税抜)Blu-ray
価格:19,000円(税抜)DVD

「本田翼 in 『起終点駅 ターミナル』」DVD
発売日:2015/09/16(水)
価格:3,800円(税抜)

映画「アオハライド」
発売日:2015/06/17(水)
【豪華版】
価格:5,800円(税抜)Blu-ray
価格:4,700円(税抜)DVD
【通常盤】
価格:3,500円(税抜)DVD
スターダストショッパーズでご注文受付中!

BOOK

1st-Last写真本「ほんだらけ 本田本」
発売日:2013/10/31(木)
価格:1,785円(税込)
スターダストショッパーズでご注文受付中!

MAGAZINE

毎月20日
 「non-no」

毎月23日発売
「Myojo」

CM

2016/06/20~
田島ルーフィング
公式サイト

2016/03/10~
楽天「ラクマ」

2016/01/13~
スクウェア・エニックス「星のドラゴンクエスト」
公式サイト

2015/03/12~
アサヒビール「クリアアサヒ」
公式サイト

2014/04~
ニコン「Nikon1」
公式サイト

2014/01/17~
花王「ビオレ マシュマロホイップ」
公式サイト

2013/08/05~
アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」
公式サイト

2013/04/12~
花王「ビオレさらさらパウダーシート」
公式サイト

2013/02~
ハウスウェルネスフーズ「C1000 レモンウォーター」
公式サイト

2012/12/10~
本田技研工業 「Honda」

ニュースNEWS

MOVIE

本田翼 主演映画「少女」完成披露イベント&舞台挨拶!

本田翼主演映画「少女」完成披露イベント&舞台挨拶が、9/12(月)に行われ、監督・共演者とともに本田が出席した。

同作は、湊かなえさん原作、累計100万部突破のベストセラー『少女』を映画化。ヨル(夜)の綱渡り―。17歳という年代を生きる少女たちは、暗闇のなかで綱渡りをしているような、そんな危うい毎日を生きている。少女たちはどんな闇を抱えて生きているのか。“死”にまつわる近代の世界を描いた長編ミステリー。自分自身に向ける「死にたい」という想い、他者に向ける「死ねばいいのに」という想い。死というものが何なのか分からないからこそ、少女たちは死に興味を持つ。女子高のなかに潜む闇、そこで生きる2人の少女・桜井由紀(本田翼)と草野敦子(山本美月さん)が抱える闇、物語が進むにつれて点と点がつながっていく。そして“死”というキーワードによって導き出される結末には一体、何があるのか?ヨルの綱渡りの先にあるものとは…。

完成披露イベントに出席した本田は、「今日はご来場いただきありがとうございます。この作品は、新しい自分を見てもらえる作品だと思っております。よろしくお願いします。」と挨拶。

完成した作品を観た感想について、「画が美しく、引き込まれていくようなストーリー展開で、本当に楽しく観ることができました。」とコメント。さらに役作りについて聞かれ、「強そうに見えて脆い。そんな17歳の女の子を演じるというのは、今まで演じてきた17歳の役と全く違うタイプだったので、監督と話し合いながら作り上げていきました。」と語った。

その後会場を丸の内TOEIに移し、舞台挨拶が行われた。拍手で迎えられた本田は、「今日はご来場いただきありがとうございます。映画を観る前ということで、映画の裏話などしていきたいと思っています。ぜひ楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

撮影中の印象に残っているエピソードについて、「11月の海、細い堤防の上で真剣佑さんとのお芝居をしまして、あれは怖かったです。」と振り返った。

同作は高校生活が描かれることから、自身の高校生活はどのように過ごしていたのかと聞かれ、「モデルをしていたのですが、寿司屋とカフェでバイトもしていまして、結構仕事というものをたくさんしていました。寿司屋では、ホタテの殻をむいたり、茶わん蒸しを作ったり、お茶を出したり、いろいろやっていましたね。」と明かした。

最後にこれから作品をご覧いただく皆さんへ、「私たちはこの作品を通して、新しい自分というものを皆さんに観てもらえたらなと思っています。一度観て、きっとわからないところもあると思います。ピースがつながらない部分も出てくると思うので、もう一度、二度、観ていただいて理解してもらえたらなと思います。ぜひ楽しみに観てください。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締め括った。

映画「少女」は、10/8(土)全国公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク
  • シェア

MOVIE

本田翼 映画「鋼の錬金術師」出演決定!

本田翼が、2017年冬公開予定の映画「鋼の錬金術師」に出演することが発表された。

同作は、2001年にスクウェア・エニックス 月刊「少年ガンガン」で連載がスタート、2010年に連載を終了した漫画家・荒川弘さんのコミック「鋼の錬金術師」を実施映画化。連載中、TVアニメ~アニメ劇場版を契機に10~20代を中心に爆発的な人気を獲得。全世界シリーズ累計部数7,000万部超という空前の記録を打ち立てた。少年誌での連載にもかかわらず、他コミック漫画にないオリジナリティ溢れる設定とビジュアルが男性ファンのみならず熱狂的な女性ファンをも獲得、深いメッセージ性は大人層の支持を得て、連載が終了した現在に至るまで、いまだ人気の熱が冷めないという、もはや日本漫画界を代表する伝説的な作品となっている。

幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長のストーリー。幼い二人は母親を生き返らせるために“錬金術”の最大の禁忌(タブー)“人体錬成”を行い、失敗する。その代償としてエドワードは体の一部を、アルフォンスは体全てを失い、魂を鎧に定着させた体になってしまう。やがてエドワードは国家錬金術師となり“鋼”の二つ名を授かる。失ったすべてを取り戻すため、兄弟の絶大な力を秘める“賢者の石”を探す壮大な冒険の旅が今、始まる―。

本田は、本作のヒロインで、エドたちの幼馴染で機械鎧(オートメイル)技師のウィンリィ・ロックベル役を演じる。

「連載当初から読んでいて、単行本も完全版も大切に持っている本当に大好きな作品」と原作の大ファンを公表している本田は、同作への出演について、「プレッシャーが凄いです。原作ファン、そして私たちの世代にこそ観て欲しいし、観たいと思わせる作品にできたらと思っています。」とコメントを寄せた。

映画「鋼の錬金術師」は、2017年冬全国公開!
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
錬金術とは物質の構成や形状を変化させ新たなものに作り替える技術で、無から有を生む万能の術ではなく、「等価交換」を原則とする厳正科学である。

幼い頃、亡くなった母にもう一度会いたいという想いから “錬金術”において最大の禁忌とされる人体錬成を行った兄、エドワード・エルリックと弟、アルフォンス・エルリック。しかし、錬成は失敗。エドワードは左足を、アルフォンスは体全てを失ってしまう。エドワードは自身の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成して、鎧に定着させることに成功し、アルフォンスは一命を取り留める。
時が経ち、エドワードは自ら失った右腕と左脚に機械鎧(オートメール)を装着し、失った身体を取り戻す手掛かりを得るために国家錬金術師となり、“鋼”の錬金術師と呼ばれていた。そしてその手掛かりが“賢者の石”と呼ばれる伝説の石であることを確信する。
弟の体を取り戻すために命をかける兄と、彼を支える鎧姿の心優しい弟。亡き母の「人体錬成」の代償として失った全てを取り戻すため、不可能を可能にするほどの絶大な力を秘めると言われる“賢者の石”を探す二人の壮大な冒険の旅が今、始まる――やがて“賢者の石”を探す旅は国家をも揺るがす巨大な陰謀をめぐる熾烈な戦いへ変貌していく―。
  • はてなブックマーク
  • シェア

プロフィールPROFILE

MOVIE

2012年

11月

「FASHION STORY-MODEL」 ※主演
2013年

04月

オムニバス映画「らくごえいが」
※作品『ライフ・レート』

08月

「江ノ島プリズム」(ビデオプランニング)

11月

「すべては君に逢えたから」(ワーナー・ブラザース映画)
2014年

02月

「ニシノユキヒコの恋と冒険」(東宝)

04月

「鷹の爪7~女王陛下のジョブーブ~」(DLE)

12月

「アオハライド」(東宝) ※主演
2015年

11月

「起終点駅 ターミナル」(東映)
2016年

10月

「少女」(東映) ※主演

12月

「土竜の唄 香港狂騒曲」(東宝)

TV

2010年

10月

「non-no TV」(BS-TBS)
(~2012年3月)
2012年

01月

「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~」(TBS)
(~03月)

04月

「A-studio」(TBS) ※4代目アシスタント
(~2013年3月)

06月

「鍵のかかった部屋」(フジテレビ)
※第10・11話

07月

「GTO」(フジテレビ)
(~9月)

08月

「ほんとうにあった怖い話」(フジテレビ)
※『赤い爪』出演

10月

「GTOスペシャル」(フジテレビ)

10月

「Piece」 (日本テレビ)
(~12月)
2013年

01月

「GTO お正月スペシャル」(関西テレビ・フジテレビ)
 
「とんび」(TBS)
(~03月)

04月

「GTO完結編~さらば鬼塚!卒業スペシャル」(関西テレビ・フジテレビ)

04月

「ヴァンパイア・ヘヴン」(テレビ東京)
(~07月)

07月

「ショムニ」(フジテレビ)
(~09月)

07月

「ミュージックドラゴン」(日本テレビ) ※MC

10月

「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」(TBS)
(~12月)
2014年

02月

「最高のおもてなし」(日本テレビ)

10月

フジテレビ開局五十五周年記念スペシャルドラマ
「東京にオリンピックを呼んだ男」(フジテレビ)
2015年

03月

「紅白が生まれた日」(NHK)

04月

「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」(TBS)
(~06月)

07月

「恋仲」(フジテレビ)
(~9月)

MAGAZINE

 
「non・no」
「JILLE」
「Soup.」
「nadesico」
「FINEBOYS」
「SEVENTEEN」
「ラブベリー」

CM

 
「PS3」
「auワンセグ」
TOYOTA「SAI」
2011年

11月

「ダイドーブレンドコーヒー」
(2011.11.07~2012.11.06)
2012年

09月

JR東日本「TYO」
(2012.09.20~2013.09.19)

10月

一蔵「オンディーヌ」
(2012.10.01~2014.09.30)

10月

MARK STYLER「RUNWAY channel」
(2012.10.03~2013.01.12)

11月

HOYA「アイシティ」
(2012.11.01~2013.10.31)
 
JR東日本「JR SKI SKI」
(2012.11.22~2013.05.21)

12月

建設業労働災害防止協会
(2012.12.01~2013.01.15)

12月

ピタットハウスネットワーク「ピタットハウス」
(2012.12.01~2015.11.30)
 
京セラ「HONEY BEE」
(2012.12.20~2013.06.19)
2013年

02月

ブルボン「フェットチーネグミ」
(2013.02.12~2016.02.11)

04月

「K・SWISS」
(2013.04~2013.09)

07月

任天堂「マリオ&ルイ―ジRPG4 ドリームアドベンチャー」

09月

カネボウ「ラヴーシュカ」
(2013.09.02~2014.09.02)

10月

花王「ケープ」
(2013.10.21~2015.10.20)
2014年

02月

ヤフー株式会社「Yahoo! Japan」
(2014.02.01~2015.01.31)

05月

ABC-MART「コンバース」
(2014.05.29~2014.08.28)

08月

リクルート「とらばーゆ」
(2014.08.14~2015.02.13)

12月

株式会社gloops「SKYLOCK -神々と運命の五つ子-」(スカイロック)
(2014.12.03~2015.06.02)
2015年

03月

ABCマート「NUOVO」
(2015.03.26~2015.09.03)

PV

2007年
B'z「永遠の翼」
(2007.05.09)
2013年
Base Ball Bear「PERFECT BLUE」
(2013.02.13)

WEB

2013年

03月

BeeTV「午前3時の無法地帯」
(2013.03)

pagetop

page top