STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
イチハラ ハヤト

市原隼人

ニュースNEWS

MOVIE

市原隼人 映画「サムライせんせい」ポスタービジュアル&薩長土肥バージョン予告映像が解禁!

市原隼人主演映画「サムライせんせい」のポスタービジュアル、そして薩長土肥バージョン予告映像が解禁となった。

原作は黒江S介氏による同名漫画「サムライせんせい」(原作:黒江S介/リブレ刊)で、幕末・明治維新150周年記念し製作される同作。

幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。
尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。
半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。
当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。
平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった︕

先行上映される薩長土肥バージョンとして公開される予告編では、平成の時代に迷い込んだ直後の半平太と、いきなり現れたサムライにアタフタする現代人が登場。
見たことのない現代の風景や生活ぶりに驚くばかりの半平太に反し、サムライを受け入れて行く周囲の人々の温かさが垣間見れるシーンも盛り込まれ、幕末時代と現代の様子が交錯する中、予告映像の後半では昔も今も変わらない日本への思いを語る半平太。「この日の本(ひのもと)をよくするために全力で奔走せないかんぜよ!」と、祖国を変えようと奔走した半平太らしいセリフが今を生きる現代人の心に深く刻まれる映像が完成した。

映画「サムライせんせい」は、11/18日(土)TOHOシネマズ高知他、薩長土肥先行公開。そして、2018年新春、東京公開ほか、全国北上公開。
ぜひご期待ください!



映画「サムライせんせい」公式サイト:
http://samuraisensei.com/
  • はてなブックマーク

EVENT

市原隼人 「かわさきPARAフェス2017夏」出演!

市原隼人が8/20(日)ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場で開催されたイベント「かわさきPARAフェス2017夏」に出演した。

川崎市では、一人ひとりが尊重され、能力を発揮することができるまちづくりを進めていくことが重要であると考え、東京2020オリンピック・パラリンピックを契機としての取り組み「かわさきパラムーブメント(※)」を実施。同イベントでは、この取り組みを広く知っていただくとともに、親しみ、楽しんでいただくことを目的としたパラスポーツ体験、音楽ライブ、トークイベントが催された。

市原は、同イベントの「かわさき×PARA☆DO! スペシャルステージ」に出演。出演ドラマ「君に捧げるエンブレム」で車いすバスケ選手のモデルとなった元Jリーガーであり、現在は車いすバスケ日本代表アシスタントコーチを務める京谷和幸さんと共に登場し、「川崎出身でラゾーナ川崎プラザに来ることがあるので不思議な感覚です。ここに居させていただけるきっかけとなったドラマと車いすバスケットボールに関わる全ての方に感謝しています。今日はよろしくお願いします。」と挨拶した。

その後、ドラマ「君に捧げるエンブレム」の話題となり、「健常者ではない役をやったのが始めてでした。僕が演じた向井大隼は骨肉種という病を患っていて、その病とどう向き合うか、どう受け止めるか、そして作品を通して誰に何を伝えればいいのかという覚悟が必要でした。それと同時に車いすバスケも始めてだったので、きちんとプレーできるかというプレッシャーもありました。」と出演が決まった当時の心境を語った。

撮影について、「実際の選手の方々の協力を得て出演もしていただいて、いろいろなお話を聞きながら演じました。大事な大会で負けてしまうというシーンがあって、“また来年頑張ろうぜ”と声をかけられるのですが、僕のセリフで“先のことなんて分かんねえよ”というのがあるんです。本当は泣いてはいけないシーンなのですが、涙が止まらなくなって(セリフが)出なくなってしまったことがありました。選手たちにはいろいろなドラマがあって、車いすバスケに支えられたり助けられたりしている方がたくさんいる。だからプレーをしている時は、“ここは俺の居場所だから絶対に渡したくない”という目をしていて、それは試合を観ていただければ分かると思います。不安なことや孤独に思うことがたくさんあって、でも車いすバスケに出会って変わったという方を見ていて、本当に素晴らしいスポーツなんだと感じました。」と熱い思いを語った。

また、京谷さんからの“ドラマ撮影に行った時、市原さんがカメラに映っていないところでも車いすバスケを本気でやっていて、こういうのがプロなんだと思った”という言葉を受け、「感動をフィルムに残すのが役者。本番が本番ではなく、それまでのプロセスが大切で、その努力によって本番で肩の力が抜けてポロっと出る形が良いと思っています。」と持論を展開すると、京谷さん、そしてMCを務められた田中ウルヴェ京さん(ソウル五輪シンクロ銅メダリスト。現、パラアスリート・オリンピック選手のメンタルトレーナー)が、“その考え方はスポーツも一緒。選手たちの前で話しをしてもらいたい”と懇願していた。

さらに、川崎市の“かわさきパラムーブメント”取り組みについて、「どんどん広がっていけばいいなと思います。最初から100%って絶対無理なんです。大事なのは1%からコツコツ積み上げること。車いすバスケという競技があることだったり、こういった生活をしている方がいるといった、いろいろな世界を見る勇気と努力を持っていただけたら嬉しいです。」と賛同した。

トークイベント終盤では、プロ車いすバスケットボール選手で日本代表エースの香西宏昭さんも登場。それぞれの立場から仕事・自分との向き合い方を話し、「現場が始まるとプレッシャーを感じたり、感情を保てなくなって“本当の自分は?”とか“何のためにやっているのか”と思うことがあります。その時に思うのは、根源が絶対にあるということ。僕はお客様に喜んでいただいたり、絆の架け橋になりたいというのが役者が始まった根源。その上で昔は、良いバイクや車に乗って、贅沢な時間を過ごしたいというのが夢でしたが、今は本気で泣けて、笑えて、悔しがって、物事の根源を大切にし続けるのが夢になりました。そう思った瞬間に全てが楽しくなってきて、でも楽しむにはスキルが必要で、こんなに素晴らしくて楽しむチャンスのある仕事だったと気づけてから、自分が変わりました。」と語った。

そして最後に、「まずは香西選手の名前を覚えていただきたいです。そして、“美味しいご飯を食べに行こう”とか“旅行に行こう”とかいろいろな楽しみ方があると思いますが、その中にパラスポーツ、車いすバスケを入れていただけたら。そしてこれからも、そんな方々を支える川崎であってほしいですし、人それぞれの違いを認めた上で笑い合えるような街になっていただけたらと思います。本日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

トークイベントの前に市原は、車いすバスケの体験コーナーにも登場。「見て楽しいと思っていただけたら、選手とかチームとかに興味を持っていただきたいです。今日は久しぶりでちゃんとできるか分からないですが(笑)、一緒に楽しみたいです。」と話し、パラリンピック車いすバスケットボール元日本代表で、ドラマ「君に捧げるエンブレム」で監修をされた三宅克己さんと共にドリブルやパス、フリースローそして難易度の高いランニングシュートなどを実演した。

(※)かわさきパラムーブメント
障害のある人などが生き生きと暮らす上での障壁となっている、意識や社会環境のバリアを取り除くこと、新しい技術でこれらの課題に立ち向かうことを「ムーブメント」として展開。2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、さらに2024年の市制100周年へとつなげていく。
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

2001年

01月

「リリイ・シュシュのすべて」(ロックウェル・アイズ) ※主演
※岩井俊二監督作品
2003年

01月

「T.R.Y.」(東映)

01月

「黄泉がえり」(東宝)

09月

「偶然にも最悪な少年」(東映) ※主演
※2004日本アカデミー賞新人賞受賞
2004年

10月

「陰陽師2」(東宝)
2006年

04月

「チェケラッチョ!!」(東宝) ※主演

10月

「天使の卵」(松竹) ※主演

10月

岩井俊二主宰企画開発プロジェクト “play works”第1弾映画
「虹の女神 RainbowSong」(東宝) ※主演
2008年

01月

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」(日活) ※主演

04月

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」(GAGA) ※主演

06月

「神様のパズル」(東映) ※主演
2009年

04月

「BATON」(開国博Y150) ※主演アニメ

05月

「ROOKIES-卒業-」(東宝)
2010年

02月

「猿ロック THE MOVIE」(S・D・P/ショウゲート) ※主演

05月

「ボックス!」(東宝) ※主演

10月

「ガフールの伝説」(ワーナーブラザース) ※日本語吹替版:主演アニメ
2011年

10月

「DOG×POLICE 純白の絆」(東宝) ※主演
2012年

06月

「闇金ウシジマくん」(S・D・P)
2015年

06月

「極道大戦争」(日活) ※主演
2016年

02月

「ホテルコパン」(アドウェイズ・ピクチャーズ) ※主演

03月

「星ガ丘ワンダーランド」(ファントム・フィルム)

12月

「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」(松竹)
2017年

04月

「ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく」(ティ・ジョイ) ※主演

04月

「無限の住人」(ワーナー・ブラザース)
 
「サムライせんせい」 ※主演
(2017年冬 高知先行公開、2018年全国公開予定)

TV

2002年

02月

「ビタミンF~はずれくじ篇~」(NHK)
2003年

01月

月曜ドラマシリーズ「緋色の記憶」(NHK)

01月

「僕の生きる道」(CX)
(~03月)

05月

「きまずっ!」(CX)

07月

「ひと夏のパパへ」(TBS)
(~09月)

10月

「ヤンキー母校に帰る」(TBS)
(~12月)
2004年

04月

「仔犬のワルツ」(NTV)
(~06月)

07月

「ウォーターボーイズ2」(CX) ※主演
(~09月)
2005年

04月

「あいくるしい」(TBS) ※主演
(~06月)
2008年

03月

「ワイルドライフ 国境なき獣医師団R.E.D」(NHKBShi) ※主演

04月

「ROOKIES-ルーキーズ-」(TBS)
(~07月)

08月

「ワイルドライフ 国境なき獣医師団R.E.D」(NHK総合) ※主演

10月

「ROOKIESスペシャル」(TBS)

12月

金曜特別ロードショー「252 生存者あり エピソードゼロ」(NTV) ※主演
2009年

03月

「世にも奇妙な物語 2009年春の特別編」(CX)

07月

「猿ロック」(NTV) ※主演
(~10月)
2011年

10月

「ランナウェイ~愛する君のために」(TBS) ※主演
(~12月)
2012年

04月

「陽だまりの樹」(NHK BSプレミアム) ※主演
(~06月)

10月

「幸せを創る手の物語」(TX) ※ナレーター
(~2013年03月)
2013年

01月

「カラマーゾフの兄弟」(CX) ※主演
(~03月)

10月

「抱きしめたい!Forever」(CX)
2014年

02月

『「黄金のバンタム」を破った男~ファイティング原田物語~』(CX) ※主演
2016年

03月

「桜坂近辺物語 第2夜『近辺2』」(CX)
 
「双葉荘の友人」(WOWOWプライム) ※主演

04月

「不機嫌な果実」(EX)

09月

「往復書簡~十五年後の補習」(TBS)
2017年

01月

大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)
(01月~)

04月

「リバース」(TBS)
(~06月)

09月

「沈黙法廷」(WOWOWプライム)
(09月~)

STAGE

2010年

11月

パルコプロデュース「カーディガン」
2015年

03月

「最後のサムライ」 ※主演
(2015.03.04~03.15/天王洲銀河劇場)

DVD

2002年

06月

映画「リリイ・シュシュのすべて」
(2002.06.28)
2003年

06月

ドラマ「僕の生きる道」
(2003.06.27)

07月

映画「T.R.Y」
(2003.07.16)

08月

映画「黄泉がえり」
(2003.08.21)
2004年

02月

ドラマ「ヤンキー母校に帰る」
(2004.02.25)

03月

映画「偶然にも最悪な少年」
(2004.03.21)

04月

映画「陰陽師2」
(2004.04.28)

09月

ドラマ「仔犬のワルツ」
(2004.09.22)
2005年

01月

ドラマ「ウォーターボーイズ2」
(2005.01.19)

10月

ドラマ「あいくるしい」
(2005.10.07)
2006年

10月

映画「チェケラッチョ!!」
(2006.10.04)
2007年

03月

映画「天使の卵」
(2007.03.28)

04月

映画「虹の女神 Rainbow Song」
(2007.04.27)
2008年

06月

映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」
(2008.06.13)

07月

ドラマ「ROOKIES」表(おもて)BOX
(2008.07.18)

08月

映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
(2008.08.22)

08月

ドラマ「ワイルドライフ 国境なき獣医師団R.E.D」
(2008.08.22)

10月

ドラマ「ROOKIES」裏(うら)BOX
(2008.10.08)

10月

「ドキュメント of ROOKIES~11人が戦った141日間のキセキ~ 完全版」
(2008.10.29)

11月

映画「神様のパズル」
(2008.11.21)

12月

ドラマ「252 生存者あり Episode.ZERO」
(2008.12.24)
2009年

04月

「ドキュメント of ROOKIES-卒業-」
(2009.04.22)

05月

「252生存者あり」映画+ドラマ合体版DVD
(2009.05.22)

10月

ドラマ「世にも奇妙な物語 2009年春の特別編」
(2009.10.21)

12月

「情熱大陸×市原隼人」
(2009.12.04)

12月

映画「ROOKIES-卒業-」
(2009.12.04)

12月

ドラマ「ROOKIES」
(2009.12.04)
2010年

01月

ドラマ「猿ロック」
(2010.01.20)

04月

ドラマ「40女と90日間で結婚する方法」
(2010.04.23)

08月

映画「猿ロック THE MOVIE」
(2010.08.04)

11月

映画「ボックス!」
(2010.11.26)
2012年

03月

ドラマ「ランナウェイ~愛する君のために」
(2012.03.16 )

03月

映画「DOG×POLICE 純白の絆」
(2012.03.28)

10月

ドラマ「陽だまりの樹」
(2012.10.26 )
2013年

02月

映画「闇金ウシジマくん」
(2013.02.08)

08月

ドラマ「カラマーゾフの兄弟」
(2013.08.02)
2015年

06月

「Butterfly」
(2015.06.20)

11月

映画「極道大戦争」
(2015.11.03)
2016年

06月

ドラマ「双葉荘の友人」
(2016.06.22)

10月

ドラマ「不機嫌な果実」
(2016.10.19)

BOOK

2006年

12月

Personal Photo Book「ぴーす」
(2006.12.11)
2009年

05月

Photo&Word Book「HigH LifE」
(2009.05.14)

10月

写真集「HAYATO×JUNON LIFE」
(2009.10.23)
2011年

09月

3rdフォトブック「VOLTAGE」
(2011.09.29)
2015年

06月

写真集「G 市原隼人」
(2015.06.20)

WEB

2014年

09月

dビデオオリジナルドラマ「ハング」 ※主演

pagetop

page top