STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
カタギリ ハイリ

片桐はいり

メディアMEDIA

MOVIE

「ジヌよさらば~かむろば村へ~」
監督:松尾スズキ
配給:キノフィルムズ
2015年4月4日(土)全国ロードショー

「繕い裁つ人」
監督:三島有紀子
配給:ギャガ
2015年1月31日(土)全国順次ロードショー

TV

毎週金曜
09:35~09:50
道徳ドラマ「時々迷々」
NHK Eテレ
※時々迷々 役

毎月第1日曜
「脇役目線~主客逆転!教訓体感アニメ~」
WOWOWプライム
※ストーリーテラー

2015年11月上旬O.A
TBS×WOWOW共同制作ドラマ
「MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所~美しき標的編」
TBS
※植田かなえ 役
http://www.tbs.co.jp/mozu_tbs/ohsugi_tbs/

STAGE

おどるマンガ「鳥獣戯画」

日程:
2015/08/05(水)~08/09(日)
08/05(水)開演19:00
08/06(木)開演14:00
08/07(金)開演14:00/19:00
08/08(土)開演14:00/18:00
08/09(日)開演14:00
※小学生以下のお子様のご入場は、保護者の同伴が必要です。
※4歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。
※開演後は本来のお席にご案内できない場合があります。ご了承ください。

劇場:
シアタートラム
http://setagaya-pt.jp/

振付・構成・演出:
スズキ拓朗

出演:
片桐はいり/スズキ拓朗
浅井裕子/荒木亜矢子/荒牧大道/池田仁徳/エリザベス・マリー/柏木俊彦/加藤このみ/清水ゆり/ジョディ/中井沙織/新部聖子/NIWA/福島梓/増田ゆーこ/まひる/本山三火/森ようこ ほか

(敬称略)

お問い合わせ:
世田谷パブリックシアターチケットセンター
03-5432-1515

詳細:http://setagaya-pt.jp/theater_info/2015/08/post_402.html

EVENT

「旅祭2015 ~10th Anniversary~」

日時:2015/10/04(日)
会場:お台場・潮風公園(太陽の広場 野外特設ステージ)

第七弾出演アーティスト発表:
高橋歩/クラムボン/SOIL&"PIMP"SESSIONS/Goose house/藤巻亮太(レミオロメン)/GAKU-MC/Rickie-G/ロバート・ハリス/
片桐はいり / たかのてるこ / 三代目魚武濱田成夫 / 小林崇(ツリーハウスク リエーター)
四角大輔 / 本田直之 / 球舞 / 詩歩(『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』著者)
桃、ヒデ、クロ、嵐(元あいのりメンバー) / Gravityfree(ライブペインティ ング)
……and More!!!
(敬称略)

入場料:
超早割:一般4,500円/学生3,500円(SOLD OUT!!)
早割:一般5,000円/学生4,000円(SOLD OUT!!)
前売:一般5,800円/学生4,800円
ペア割(2枚セット):5,000円/枚
グループ割(5枚セット):4,500円/枚
当日:一般6,500円/学生5,500円

※たかのてるこさんと「旅」について対談トークショーを行います
※トークショー開始時間は未定になります。決まり次第告知致します

公式サイト:http://www.tabimatsuri.com/

DVD

「ジヌよさらば」DVD&Blu-ray
発売日:2015/09/02(水)
DVD価格:4,200円(税抜)
Blu-ray価格:5,200円(税抜)
発売元・販売元:ハピネット
映像特典(予定):メイキング、イベント映像等

「片桐はいり4倍速」
発売日:2009/07/17
価格:6,090円(税込)
品番:SDP-1010
発売・販売元:SDP
仕様:DVD2枚組
本編ディスク(約60分)+特典ディスク
特製ブックレット封入予定
※セル&レンタル同日リリース

BOOK

「もぎりよ今夜も有難う」(文庫)
発売日:2014/08/05
価格:497円(税込)
出版:幻冬舎

ニュースNEWS

EVENT

片桐はいり 書籍「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」発行記念トークショーイベント!

片桐はいりが8/23(日)キネカ大森で、書籍「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」(キネマ旬報社)発行記念トークショーを開催した。

「東京映画館 映画とコーヒーのある1日」は、映画館で働く人の想いや、映画館が持つ歴史や物語を紹介するとともに、東京を中心に歴史のあるレトロな建物・最新式の設備を備えた劇場まで、個性あふれる映画館と映画の余韻にひたれるカフェをピックアップ。さらに多ジャンルの著名人がそっと教えるとっておきの映画館、片桐のわが家的存在・キネカ大森にスポットをあてた「キネカ大森と地元映画館のある町」など、映画好きはもちろん、カフェめぐりに関心のある人にもお勧めの1冊となっている。

トークショーが行われたキネカ大森は、片桐が学生時代に銀座文化劇場(現・シネスイッチ銀座)でもぎりのアルバイトをしていた時からひそかに通い、以来30年の付き合いになる場所。現在でも劇場スタッフと同様に首からネームホルダーをさげ、もぎりの手伝いをするなど暇を見つけては劇場に足を運んでいる。この日も片桐が慣れた手つきでもぎりを行いお出迎え。気さくに来場者とコミュニケーションを取ったり、劇場の案内をしたりと、緩やかなムードの中、イベントはスタートした。

キネカ大森以外にも地方にもぎりに行くという片桐は、「“もぎりに行く”と言うと、劇場が私の出演した映画を公開してくれるんです。映画館で営業を取ってくる俳優って、たぶん日本で私1人じゃないかな。去年、『小野寺の弟・小野寺の姉』の時に私がもぎって、弟役の向井理君が場内アナウンスをやってなんてことがあってから、そういったイベントが増えてきているようですね。特許を取っておくべきでした(笑)。」と笑いも交えながら話した。

海外に訪れた際にも映画館に出向くという片桐。インドやスイスでの映画館体験を語った後、ハワイで映画館巡りの取材をした時の話になり、「私にハワイは向いていない気がしていたのですが、ハワイに“ハイリ・ストリート”という通りがあって、そこに映画館があるということで行くことになりました。日系の人たちが建てた映画館が廃屋になったりしてたくさん残っていたのですが、日本から仕事をするために移住していった方々にとっての娯楽は日本の映画を観ることだったそうで…。太陽あふれる場所にいながら、その楽しみは暗闇だったということに胸が熱くなる思いでした。今でもハワイの音楽を聴くたびに、その時の風景を思い出します。」と回想した。

さらに、「映画を作るというのはとても大変な作業で、やっと出来上がったものを最後にお出しする役目が映画館の仕事。せっかく美味しい物を作っても適当に出されたら気分が悪いのと同じで、映画館であれば寒すぎたり汚れていたり、それだけで作品のイメージが変わってしまうこともあって、すごく重要な場所だと思っています。」と思いを語りつつ、劇場の清掃も行う理由について、「お客さんが映画を観た残がいというか、観終った後の空間を感じるのが好きなんです。好きだからどんどん深くまで入ってしまう(笑)。またハプニングが好きで、私が普通にもぎりをすることや清掃をしていたら面白いじゃないですか。舞台のお仕事でもどんなことでも一緒で、“?”と思わず二度見してしまったり、とにかく人の心を“キュッ”としたい気持ちなんです。」と持論を展開した。

最新型の上映システムの話に移り、「4DXを体験し、人間の能想像力・集中力ってすごいなと思いました。さすがに強風のシーンで同じような風は味わえないですが(笑)、映画館でないと体験できない感覚。ミニシアター系も迫力ある3D・4DXも含めて映画館が大好きです。」と語った。

その後、客席へ1人ずつマイクを渡し映画にまつわる想いを話すコーナーへ。映画館の意見交換や、「チラシ集めが好き」、「父親が映画看板の職人だった」、「映画館で従業員をしているので気持ちが分かります!」、「キネカ大森で片桐さんが通路で座布団を敷いて観ていた」という目撃情報までたっぷりと語り合い、イベントは終了した。
  • はてなブックマーク
  • シェア

MOVIE

片桐はいり 映画「アルプス 天空の交響曲」初日舞台挨拶にゲスト登壇!

映画「アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)」が4/18(土)公開初日を迎え、シネスイッチ銀座で行われた舞台挨拶に、片桐はいりがゲスト登壇した。

同作は、ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、スロベニア、リヒテシュタイン、スイスの7ヵ国にまたがるアルプス山脈を空撮した、驚異のランドスケープ・ドキュメンタリー。人間を拒むように切り立つ峡谷や高峰にそびえ立つ十字架などの全編を、アメリカ謀報局が開発した最新鋭のシネフレックスカメラで撮影し、地上からは見られないアルプスの姿、登山者すら見たことのない上空からの大パノラマを堪能できる作品となっている。

この日は、同作の日本語版ナレーションを務める小林聡美さんと、アルプスのファンで実際に現地を旅したこともある片桐が登壇し舞台挨拶が行われた。

片桐は、「ナレーションをしているわけでもない私がどうしてこの場に呼ばれているのかというと、『アルプスの少女ハイジ』というアニメーションのファンで、そこから“はいり”というあだ名がつき、芸名にもなっていることや、9年前に小林聡美さんと『かもめ食堂』という映画を一緒にやらせて頂いた縁、そして、かつて私が大学時代に、この映画館の従業員でもぎりをしていたことがあり呼んで頂けたのではないかと思っています(笑)。本日はよろしくお願いいたします。」と挨拶。

アルプスを訪れた時のことについて、「『はいり、ハイジの国へ行く』という雑誌の企画で、一昨年スイスのユングフラウ地方に行ったのですが、お天気が悪く、スイスに行っていながら山が1回も見れなかったんです。それどころか足元のエーデルワイスの花も煙って見えないくらいで、あまりにも取材にならないので、ラウターブルンネンというパラグライダーの聖地で、ひたすら(パラグライダーで)飛んでいました(笑)。映画ではラウターブルンネンの谷で鷲が出てくるのですが、普通に旅行していてもなかなか見れないらしく、私がパラグライダーで飛んだ時に鷲が一緒に並走してくれて、『あんたはすごくラッキーだ!』と言われました。」と振り返った。

もう一度アルプスに行くとしたら行きたい場所はありますか?との質問には、「やはり山をきちんと見たいというのと、前回はヨーゼフ(そのモチーフになったセント・バーナード犬)にも会ってないので会ってみたいです。」と答えた。

最後に、「誰しも1度は鳥になりたいとか、空を飛びたいという夢を持つと思うのですが、まさに飛んでいる気持ちを味わえる映画だと思います。そして、聡美さんのナレーションにしたがって旅を続けていると、最後には『地上に降りてチーズとパンを食べたいな』という気持ちになったりもする、素敵な映画です。ぜひお楽しみください。」と見どころを語り、締めくくった。

映画「アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)」はシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー。
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

プロフィールPROFILE

MOVIE

2000年
「ケイゾク」
2001年
「連弾」
2002年
「恋に唄えば♪」
2004年
「キューティーハニー」
2004年
「恋の門」
2004年
「サヨナラCOLOR」
2005年
「フィメイル-太陽の見える場所まで-」
2006年
「ダメジン」

03月

「かもめ食堂」
2007年

06月

「図鑑に載ってない虫」(日活)
2008年

02月

「歓喜の歌」

04月

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」

06月

「那須少年記」
(※栃木県内で先行上映)
2009年

03月

「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」(東映)

05月

オムニバス映画「非女子図鑑」
『男の証明(あかし)』(主演)

11月

「なくもんか」(東宝)

12月

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」(東宝)
2010年

08月

「怪談レストラン」(東映)
2011年

05月

「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」(ギャガ)
2013年

10月

「R100」(ワーナー・ブラザーズ映画)
2014年

05月

「薔薇色のブー子」(東宝映像事業部)

10月

「小野寺の弟・小野寺の姉」(ショウゲート)
2015年

01月

「繕い裁つ人」(ギャガ)

04月

「ジヌよさらば~かむろば村へ~」(キノフィルムズ)

TV

2000年
「永遠の仔」(NTV)
2000年
「リミット」(NTV)
2000年
「億万長者と結婚する方法」(NTV)
2001年
「金田一少年の事件簿」(NTV)
2001年
「レッツゴー!永田町」(NTV)
2001年
「ブラックジャックIII」(TBS)
2001年
「はぐれ刑事純情派」(ANB)
2002年
「私立探偵・濱マイク」(第7・11話)(NTV)
2002年
「水戸黄門」(TBS)
2003年
「ぼくの魔法使い」(第6・10・11話)(NTV)
2003年
「すいか」(第4・9・10話)(NTV)
2004年
「光とともに」(最終話)(NTV)
2005年
「ママ!アイラブユー」(TBS)
2006年
「弁護士のくず」(第3話)(TBS)
2006年
「時効警察」(第2話)(ANB)
2006年
「介護エトワール」(NHK)
2007年

02月

「きらきら研修医」(第5話)(TBS)

04月

「セクシーボイス アンド ロボ」(NTV)
(~06月)

07月

「おじいさん先生 熱闘篇」(第4話)(NTV)

08月

「去年ルノアールで」(第6話)(TX)
2008年

02月

金曜ドラマ「エジソンの母」(第5話)(TBS)

04月

「おせん」(第1話)(NTV)

04月

金曜ドラマ「Around40~注文の多いオンナたち~」(~06月)(TBS)
2009年

04月

道徳ドラマ「時々迷々」(NHK教育)
(04月~)

10月

「ママさんバレーでつかまえて」(NHK総合)
(~12月)

12月

「ライアーゲーム シーズン2」(第5話)~(CX)
(~2010.01月)
2010年

05月

ドラマ24「TROUBLE MAN トラブルマン」(第8話~)(TX)
(05月~)

08月

日曜劇場「GM~踊れドクター」(第5話)(TBS)
2011年

02月

「プロポーズ兄弟 ~生まれ順別 男が結婚する方法~」(CX)

03月

「さよならぼくたちのようちえん」(NTV)

04月

「タンゴ-TANGO- 長塚圭史×森山未來」(WOWOW)
※2010/11/10公演、東京・Bunkamuraシアターコクーンの模様を放送

10月

「僕とスターの99日」(CX)
(~12月)
2012年

01月

「ハングリー!」(CX)
(~03月)
2013年

04月

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(NHK総合)
(04月~09月)

10月

「東京バンドワゴン~下町大家族物語」(NTV)
(~12月)
2014年

10月

「昨夜のカレー、明日のパン」(NHK BSプレミアム)
(~11月)
2015年

11月

「MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所~美しき標的編」(TBS)

STAGE

1987年
はいりとひとみのこんにちは公演「かごの鳥」
演出:別所文作、竹内銃一郎
1990年
「深沢版・狸御殿」
作:三谷幸喜/演出:山田和也
(博品館劇場)
1992年
黒テント「ハザマちゃんとスミちゃん」
作・演出:山元清多
 
フラワーズカンパニー「カラマーゾフの兄弟」
作:ドストエフスキー/演出:木野花
 
竹中直人の会「市ヶ尾の坂」
作・演出:岩松了
1993年
「ヴァニティーズ」
作:ジャック・ハイフナー/演出:竹邑類
(博品館劇場)
 
メジャーリーグ「女たちの十二夜」
作:シェイクスピア/演出:鵜山仁
1994年
トム・プロジェクト「ベンチャーズの夜」
作・演出:岩松了
※3年間かけて、全国をまわる。
1995年
「ボーイング・ボーイング」
作:マルク・カモレッティ/演出:竹邑類
(新神戸オリエンタル劇場)
 
「横浜どんたく」
作:小幡欣治/演出:北村文典
(御園座)
1996年
音楽劇「狸御殿」
原作:木村恵吾/脚本:斎藤雅文/演出:宮本亜門
(新橋演舞場)
 
トム・プロジェクト「マシーン日記」
作・演出:松尾スズキ
 
日本総合悲劇協会「ドライブインカリフォルニア」
作・演出:松尾スズキ
1997年
国際交流基金アジアセンター「リア」
作:岸田理生/演出:オン・ケンセン
 
「昭和歌謡大全集」
原作:村上龍/劇化:清水邦夫/演出:蜷川幸雄
(銀座セゾン劇場)
 
CURATE246-T/#3「かごの鳥」
演出:竹内銃一郎、別所文作、堤泰之
1998年
カメレオン会議「たしあたま」
作・構成・演出:竹内銃一郎
 
「ロミオとジュリエット」
作:シェイクスピア/演出:蜷川幸雄
(彩の国さいたま芸術劇場)
1999年
国際交流基金アジアセンター「リア」
作:岸田理生/演出:オン・ケンセン
※香港、シンガポール、ジャカルタ、パース、ベルリン、コペンハーゲンを巡演。
2000年
「キレイ──神様と待ち合わせした女」
作・演出:松尾スズキ
(シアターコクーン)
 
日本総合悲劇協会「ふくすけ」
作・演出:松尾スズキ
 
「ゴドーを待ちながら」
作:サミュエル・ベケット/演出:佐藤信
(世田谷パブリックシアター)
2001年
大人計画「マシーン日記」
作・演出:松尾スズキ
2002年
トム・プロジェクト「乙女の祈り」
作・演出:水谷龍二
 
宇宙堂オフィス3○○「詩のしの詩」
作・演出:渡辺えり
 
「ニンゲン御破算」
作・演出:松尾スズキ
(シアターコクーン)
 
日本総合悲劇協会「轟音」
作・演出:松尾スズキ
2003年
NODA・MAP「オイル」
作・演出:野田秀樹
2004年
タ・マニネ「ワニを素手でつかまえる方法」
作・演出:岩松了
 
大人計画「轟天VS港カヲル」
作・演出:宮藤官九郎
 
日本総合悲劇協会「ドライブインカリフォルニア」
作・演出:松尾スズキ
 
神奈川芸術文化財団「モノローグ 朗読劇」
演出:宮﨑真子
2005年
「キレイ──神様と待ち合わせした女」
作・演出:松尾スズキ
(シアターコクーン)
2006年
トム・プロジェクト「夫婦犯罪」
作・演出:水谷龍二
2007年
劇団♪ダンダンブエノ 双六公演「砂利」
作:本谷有希子/演出:倉持裕
 
グリング「Get Back!」
作・演出:青木豪
2008年
伊東四朗一座「学おじさん」
作・演出:水谷龍二
2009年
パルコ/大人計画 メカロックオペラ「R2C2」
作・演出:宮藤官九郎
2010年
カンパニーデラシネラ「異邦人」
原作:カミュ/演出:小野寺修二
 
「タンゴ──TANGO」
作:スワヴォミル・ムロジェック/演出:長塚圭史
(シアターコクーン)
2012年
劇団、本谷有希子「遭難、」
作・演出:本谷有希子
2013年
パリ日本文化会館+カンパニーデラシネラ「ゲーム」
構成・演出:小野寺修二
 
神戸アートビレッジセンター+カンパニーデラシネラ「カルメン」
原作:メリメ/構成・演出:小野寺修二
 
カンパニーデラシネラ「異邦人」
原作:カミュ/構成・演出:小野寺修二
 
「小野寺の弟・小野寺の姉」
作・演出:西田征史
2014年
現代能楽集Ⅶ「花子について」
作・演出:倉持裕
(世田谷パブリックシアター)
 
佐渡薪能「サイコ」
構成・演出:小野寺修二
 
Dance New Air「赤い靴」
構成・演出:小野寺修二
2015年
日本総合悲劇協会「不倫探偵──最期の過ち」
作・演出:天久聖一、松尾スズキ
 
おどるマンガ「鳥獣戯画」
振付・構成・演出:スズキ拓朗

DVD

2009年
「片桐はいり4倍速」
(2009.07.17)

BOOK

2006年
エッセイ「わたしのマトカ」
(2006.03.22)
2007年
エッセイ第2弾「グアテマラの弟」
(2007.06.27)
2010年
「もぎりよ今夜も有難う」
(2010.08.12)

MAGAZINE

 
「もぎりよ今夜も有難う」(キネマ旬報)
※隔号(毎月下旬号)連載
 
「毎日新聞 月刊生活情報紙ここち」
※『片桐はいりの観察ノート』連載

CM

2008年
ミツカン「おむすび山」
2008.08.08~11.07
2009.08.19~2010.08.18
2011年
「ポケモンカードゲーム」
2011.05.24~09.29
2013年
「明治安田生命」
2013.10~2014.05

PV

2009年
メロライド「ココニアル」
(2009.11.04)

pagetop

page top