STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
マツユキ ヤスコ

松雪泰子

ニュースNEWS

MOVIE

松雪泰子 主演映画「古都」初日舞台挨拶

松雪泰子主演映画「古都」の初日舞台挨拶が12/3(土)に新宿ピカデリーで行われ、松雪がYuki Saito監督、キャスト、主題歌を歌う新山詩織さんと共に登壇した。

映画「古都」は1962年に新潮社より刊行された川端康成『古都』の現代版として、原作では描かれなかった、大人になった主人公たちの物語として映像化。京都伝統の呉服屋で生きる姉と北山杉の里で働く双子の妹を主演の松雪泰子が一人二役で演じる。

上映前に行われた舞台挨拶で、松雪は「初日にお越しいただき、ありがとうございます。先日京都で先行公開されて、今日やっと全国公開ということで、大変楽しみにしておりました。今日はゆっくりと楽しんでください。」と挨拶。

作品の舞台となった京都で11/26(土)に先行公開され、舞台挨拶に登壇したが、「上映後の挨拶に伺った時に、みなさま温かい笑顔で迎えてくださって、本当に嬉しかったです。昨年の11月から1ヶ月間、京都で撮影をしていまして、非常に濃密な時間を過ごせましたし、監督はじめスタッフと共に一生懸命とり組んだ作品ですので、受け入れていただけたような気がして嬉しかったです。今回は現代版ということでまた違う切り口で作品は表現されているんですけども、川端康成先生の文学に表現されている京都の美しさ、自然の豊かさ、そして情緒、そこに生きる人々の純粋性がこの作品にもしっかりと流れていると思いますし、改めて日本文化の素晴らしさ、奥の深さも体感していただける作品だと思いますので、それが京都で生み出され、全国のみなさんに届けられるのは非常に嬉しく思っています」と語った。

この作品のテーマでもある親から子へ、未来へ紡ぐということを演じながら感じたことについて「この映画を見ていただくと日本人の精神性、文化の豊かさ、無くしてはいけない特に京都の伝統産業を守るということが感じていただけると思います。ちゃんと次に世代に伝えていくことは非常に重要なことだと思うし、どのような形で若い人に渡せるかということが今回テーマで、改めて繋いでいくことや家族ともう1度向き合うことが大切だと感じていただければと思います。自分の中でもこの作品に関わって、今でもまだどう繋ぐべきかということは模索中ですし、非常にデリケートなことなので、簡単にはできないことだと思いますが、見ていただくと改めて家族で向き合って話してみようかななど、何か思っていただけるんじゃないかと思います」と話した。

最後にこれからご覧になるお客様に「映画の制作にあたり、脚本をいただいてどのように立ち上げていくか監督とお話しして、とにかく行間にあるものをたくさん感じていただけるような、想像力を持って、スクリーンで体現していただける映画にしたいねという話をしました。私が川端先生の小説を読んだ時、言葉から情景がひろがり、絵画のように目の前で広がっていく描写を感じ、素晴らしいなと感動したその精神はこの映画にも流れていると思うので、たくさん想像力を働かせて、感じて見ていただけると楽しんでいただけると思います。」とメッセージを送った。

映画「古都」は大ヒット公開中!
現代版「古都」をぜひ劇場でお楽しみください。
  • はてなブックマーク

MOVIE

松雪泰子 主演映画「古都」京都プレミアイベント!

松雪泰子が、11/16(水)ウェスティン都ホテルで行われた主演映画「古都」京都プレミアイベントに出席した。

映画「古都」は1962年に新潮社より刊行された川端康成『古都』の現代版として、原作では描かれなかった、大人になった主人公たちの物語として映像化。京都伝統の呉服屋で生きる姉と北山杉の里で働く双子の妹を主演の松雪泰子が一人二役で演じ、それぞれの娘役で橋本愛さんと成海璃子さんが共演。その他、伊原剛志さん、奥田瑛二さんら豪華キャストが脇を固める。

川端康成が執筆のために宿泊していたウェスティン都ホテルでのプレミアイベントには、本作のテーマでもある“ほんまもん”にこだわり、裏千家今日庵から本作でも使用されている貴重なお茶道具、本作に支援し本編にも出演している華道家元池坊次期家元池坊専好氏によるお華と、書画家・小林芙蓉氏による本作の題字、五代・田畑喜八氏によるお着物、さらに松栄堂によるお香、お香道具、さらに京都の杉で制作された台座にはTEIJINによるシンクエコという最新技術で制作された浴衣が飾られた。厳かで真摯な空気が漂う中、横澤和也氏の石笛演奏が響き小林芙蓉氏が書のパフォーマンスで「縁」を書きあげた後、松雪泰子が、川端康成が描いた原作「古都」でもよく登場した場所であり、今作でも印象的なシーンである青蓮院にて着用された古都を象徴する美しい着物姿で登場。日本の和が結集した“ほんまもん”のステージで京都凱旋の記者会見を行い、本作のエンディング曲となっている中島みゆきの名曲「糸」を新山詩織さんが伸びやかに歌い上げ会場の注目を集めた。

松雪は「京都に暮らしているわけではないですが、千重子と苗子という役を通して、京都に生きました。お茶や、所作、着付けなどのお稽古ごとを学び、料理はお店に伺って教わったり、この肉体を通して体現したい、表現したいとのぞみました。京都で発表できることを嬉しく思います。」と挨拶。

最後に京都を代表して、門川大作京都市長から映画完成を祝して松雪に花束の贈呈が行われ、幕を閉じた。

映画『古都』は11月26日(土)京都先行、12月3日(土)全国公開されます。
ぜひ、ご期待ください!
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

1992年

11月

「パテオ」(松竹)
1995年

08月

ボクたちの映画シリーズ「白鳥麗子でございます!」(東映)
2000年

04月

「MONDAY」(シネカノン)

04月

「アナザヘブン」(松竹)
2002年

08月

「DRIVE」(IMJ)
2006年

03月

「子ぎつねヘレン」(松竹)

09月

「フラガール」(主演)(シネカノン)
2007年

01月

「子宮の記憶/ここにあなたがいる」(主演)

08月

CGアニメ映画「ベクシル-2077 日本鎖国-」(声優)
2008年

08月

「デトロイト・メタル・シティ」(東宝)

10月

「容疑者Xの献身」(東宝)
2009年

02月

「余命」(主演)(SDP)

05月

「五右衛門ロック」ゲキ×シネ

10月

「沈まぬ太陽」(東宝)

10月

「クヒオ大佐」(ショウゲート)

11月

「笑う警官」(松竹)
2010年

04月

「てぃだかんかん」(ショウゲート)
2011年

10月

「スマグラー おまえの未来を運べ」(ワーナー・ブラザーズ映画)
2012年

04月

「この空の花ー長岡花火物語」

06月

「ホタルノヒカリ」(東宝)

09月

「ボーン・レガシー」(東宝東和)
※声優出演
2013年

02月

「脳男」

09月

「ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL」(東宝)
 
「謝罪の王様」(東宝)
2015年

08月

「at Home」(ファントム・フィルム)
2016年

11月

「古都」(DLE)
2017年

12月

「鋼の錬金術師」(ワーナー・ブラザース映画)

TV

1991年

04月

「熱血新入社員宣言」(TBS)
(~06月)

04月

「BANANACHIPS LOVE」(CX)

07月

スペシャル「夜に海輝き」(NHK)
1992年

01月

「大人は判ってくれない 神様の前でついた嘘」(CX)

01月

「D 坂殺人事件 名探偵明智小五郎誕生」(CX)

04月

「アルファベット 2/3」(CX)
(~06月)

04月

「Jr.愛の関係」(CX)
(~06月)

09月

松竹 スペシャルドラマ「パ・テ・オ」(CX)
1993年

01月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!」(CX)
(~03月)

04月

「OLたちのざけんなョ!! 社員旅行は大っ嫌い」(CX)

10月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!2」(CX)
(~12月)
1994年

07月

「毎度ゴメンなさぁい」(TBS)
(~09月)

10月

「男はいらない」(NTV)
1995年

04月

「毎度おジャマしまぁす」(TBS)
(~06月)

10月

「ベストフレンド」(NTV)
(~12月)
1996年

04月

「勝利の女神」(CX)
(~06月)

07月

「硝子のかけらたち」(TBS)
(~09月)
1997年

01月

「名探偵 保健室のオバさん」(ANB)
(~03月)

04月

「理想の上司」(TBS)
(~06月)
1998年

01月

「きらきらひかる」(CX)
(~03月)

04月

「愛、ときどき嘘」(NTV)
(~06月)

06月

「かみさんなんかこわくない」第11話ゲスト(TBS)

10月

「なにさまっ!」(TBS)
(~12月)
1999年

04月

「アフリカの夜」(CX)
(~06月)
2000年

04月

「太陽は沈まない」(CX)
(~06月)

09月

「ブラックジャック2」(TBS)
2001年

07月

「救命病棟24時」(CX)
(~09月)

12月

「忠臣蔵47/1」(CX)
2002年

08月

「怪談百物語 雪女」主演(CX)

10月

「真夜中の雨」(TBS)
(~12月)
2003年

06月

27時間テレビ「海のオルゴール」主演(CX)

10月

「ビギナー」(CX)
(~12月)
2004年

01月

「砂の器」(TBS)
(~03月)
2007年

07月

「ファースト・キス」(CX)
(~09月)

07月

「法の庭」(CX)
2010年

04月

「Mother」(NTV)
(〜06月)

10月

「パーフェクトリポート」(CX)
(~12月)

11月

スペシャルドラマ「心の糸」(NHK)
2011年

12月

「境遇」(ANB)
2012年

01月

大河ドラマ「平清盛」(NHK)
(~12月)

09月

「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田 茂~」(NHK)
(~10月)
2013年

04月

「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」(TBS)
(~06月)

10月

松本清張スペシャル「顔」主演(CX)
2014年

02月

「地の塩」(WOWOWプライム)
(~03月)

07月

「家族狩り」主演(TBS)
(~09月)
2015年

01月

「上流階級~富久丸百貨店外商部~」(CX)

11月

「5人のジュンコ」主演(WOWOWプライム)
(~12月)
2016年

04月

「グッドパートナー 無敵の弁護士」(ANB)
(~06月)

STAGE

2004年

10月

「夜叉ヶ池」
東京公演:パルコ劇場
名古屋公演:愛知厚生年金会館(11月)
大阪公演:シアター・ドラマシティー(11月)
2005年

09月

新感線☆プロデュース「吉原御免状」
東京公演:青山劇場(~10月)
大阪公演:梅田芸術劇場メインホール(10月)
2007年

10月

ミュージカル「キャバレー」
(~11月)
2008年

07月

新感線☆RX『五右衛門ロック』
東京公演:新宿コマ劇場
大阪公演:大阪厚生年金会館大ホール(8月)
2009年

12月

「東京月光魔曲」
Bunkamuraシアターコクーン
(~2010年1月)
2012年

05月

「シダの群れ 純情巡礼編」
東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン

09月

葛河思潮社 第二回公演「浮標」
世田谷パブリックシアター
2013年

03月

朗読劇「LOVE LETTERS 2013 Whiteday Special」
パルコ劇場

09月

葛河思潮社 第三回公演「冒した者」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(~10月)
2014年

09月

葛河思潮社 第四回公演「背信」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(09月~)

12月

「キレイ -神様と待ち合わせした女-」
Bunkamuraシアターコクーン ほか
(12月~)
2015年

05月

劇団☆新感線「五右衛門VS轟天」
大阪公演:シアターBRAVA!
福岡公演:キャナルシティ劇場
東京公演:赤坂ACTシアター
2016年

10月

シアターコクーン・オンレパートリー2016「るつぼ」
Bunkamuraシアターコクーン

SINGLE

1995年
「ESP」
(1995.6.21)
 
「時を越えて」
(1995.11.8)
 
「Rain-雨に抱かれて...-」
(1995.11.8)
 
「WISH」
(1995.12.10)
1996年
「おやすみ」
(1996.5.25)
1997年
「空っぽの愛の嵐」
(1997.2.19)
 
「HAPPY HAPPY DAYS」
(1997.7.24)
 
「ふりむかないで」
(1997.9.26)
1998年
「愛の世界」
(1998.5.13)
1999年
「口唇」
(1999.1.13)
2007年
Taiji All Stars
「天国の歌 feat. hitomi / Blessing Soul feat. Yasuko Matsuyuki」
※ゲストボーカル
(2007.01.31)

ALBUM

1995年
「pray」
(1995.12.21)
1997年
「mondodelix」
(1997.3.19)
1998年
「32’05”」
(1998.6.17)
1999年
BEST album「M.M.M」
(1999.02.17)
2007年
「FEMME FATALE」HEATRE BROOK/Sun Paulo
※ゲストボーカル
(2007.02.21)

OTHER

1997年
●VIDEO
ビデオ「M」
(1999.3.17)

pagetop

page top