STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
マツユキ ヤスコ

松雪泰子

ニュースNEWS

MOVIE

松雪泰子 映画「鋼の錬金術師」完成報告会見!

松雪泰子出演映画「鋼の錬金術師」完成報告会見が、10/3(火)綱町三井倶楽部にて行われ、監督・キャストと共に松雪が出席した。

同作は、壮大なスケ―ルと世界観、想像を超越した物語で、海を越えて世界中を魅了する驚異の“ハガレン”現象を巻き起こした傑作コミック「鋼の錬金術師」の実写化。
幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長のストーリーが描かれる。

10/3のこの日は、原作コミックで兄弟が不退転の覚悟で旅立ちを決意した日。そんな “ハガレン”ストーリーにとって重要な意味を持つ“旅立ちの日”に、同作の完成を記念し、最新映像のお披露目と共に会見が行われた。

エドとアルの冒険に立ちはだかる“ホムンクルス(人造人間)”ラストを演じる松雪は、「素晴らしいビックプロジェクトに参加することができて光栄でした。出来上がった作品は素晴らしく、「鋼の錬金術師」の壮大な世界がスクリーンの中に見事に凝縮されていましたし、心に響くストーリーに仕上がっていました。映像的なアプローチもCGの技術も見ごたえがありますが、何よりみんなのエネルギーと想いが伝わってきました。」とコメント。

さらに、「エドがアルを想っている、その想いの強さと愛情、そして、どんな困難が来ても絶対に諦めず力強く進んでいく姿に感動しました。(エド役の)山田涼介くんの瞳が美しくて、そこにちゃんと信念や魂が宿っていました。アルの動きとCGも素晴らしかったのですが、2人の想いが通じ合っている感じがスクリーンに具現化されていて、すごく素敵でした。なので最後のシーンは本当に感動して、たくさんの方に劇場で観ていただきたいと心から思いました。」と感慨深い様子で語った。

また、自身の役柄を、「こんな悪役を演じたのは初めてでした。人間ではない役でしたので、とても楽しかったです(笑)。人生で何度もやれるような役ではないですし、ファンタジー映画で悪役を演じたいという夢が叶ったので、嬉しかったです。どれだけ怖くできるかに挑戦しました。」と話した。

その後、兄弟の絆や人間ドラマが描かれる同作で共感する部分を聞かれ、「私が演じたキャラクターは真逆の位置にいまして、共感するのは非常に難しいのですが、兄弟の愛と信念や絆というものはとても美しく感じました。」と話した。

最後に、同作のストーリーにちなみ、“身体の一部を自由自在に変えられるとしたらどこを変えたいか”という質問を受け松雪は、「全身の筋肉を全部取り替えて、鍛えたらすぐに筋肉が定着する身体を手に入れたいです。」と懇願していた。

映画「鋼の錬金術師」は、12/1(金)全国公開!
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
錬金術とは物質の構成や形状を変化させ新たなものに作り替える技術で、無から有を生む万能の術ではなく、「等価交換」を原則とする厳正科学である。
幼い頃、亡くなった母にもう一度会いたいという想いから “錬金術”において最大の禁忌とされる人体錬成を行った兄、エドワード・エルリックと弟、アルフォンス・エルリック。しかし、錬成は失敗。エドワードは左足を、アルフォンスは体全てを失ってしまう。エドワードは自身の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成して、鎧に定着させることに成功し、アルフォンスは一命を取り留める。
時が経ち、エドワードは自ら失った右腕と左脚に機械鎧(オートメール)を装着し、失った身体を取り戻す手掛かりを得るために国家錬金術師となり、“鋼”の錬金術師と呼ばれていた。そしてその手掛かりが“賢者の石”と呼ばれる伝説の石であることを確信する。
弟の体を取り戻すために命をかける兄と、彼を支える鎧姿の心優しい弟。亡き母の「人体錬成」の代償として失った全てを取り戻すため、不可能を可能にするほどの絶大な力を秘めると言われる“賢者の石”を探す二人の壮大な冒険の旅が今、始まる――やがて“賢者の石”を探す旅は国家をも揺るがす巨大な陰謀をめぐる熾烈な戦いへ変貌していく―。
  • はてなブックマーク

STAGE

松雪泰子 「Discover Nelly Arcan─ネリーを探して─」プロジェクト発表会見!

松雪泰子が10/2(月)カナダ大使館オスカー・ピーターソンシアターで行われた「Discover Nelly Arcan─ネリーを探して─」プロジェクト発表会見に出席した。

「Discover Nelly Arcan─ネリーを探して─」は、2017年に150周年を迎えたカナダ建国を記念し、株式会社パルコが三ヶ月に渡りカナダ・ケベック州生まれの女性作家、ネリー・アルカンにフォーカスするプロジェクト。
仏文学界で権威のある文学賞にノミネートされ、一躍有名作家の仲間入りを果たすも、36歳の若さで自らの人生に幕を閉じたネリーの鮮烈なデビュー作「ピュタン」を9月に出版後、10 月には、ネリーの半生を描き、昨年トロント国際映画祭にてプレミア上映された映画「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」がYEBISU GARDEN CINEMA 他にて順次公開される。そして11月にはネリーが書き残した小説の言葉をコラージュした舞台「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」を天王洲・銀河劇場他にて上演。女優であり演出家でもあるマリー・ブラッサールの翻案・演出により、女であることの戸惑い、怒り、コンプレックス、そして生きていくことへの辛さ、悲しみ、無力感と孤独を6人の女優と1人のダンサーで演じていく。

会見にて松雪は、「マリーさんの演出のもと、素晴らしいプロジェクトに参加できることを嬉しく思っています。1つ1つ綿密に繊細に作り上げていく舞台で、非常に集中力が必要になりますので、皆さんと一緒に良い作品になるようしっかりと稽古をし、届けたいと思います。」とコメント。

ネリー・アルカンの作品に触れ、「彼女の持つ言葉は深く、突き刺さってくるものが多くて、(自ら)死を選んでしまったのですが、本当は理想の世界で生きたかったという思いが痛いほど伝わってきました。一言で表すなら、崇高な光の中に存在する混沌のようなイメージです。」と話した。

劇中では、各キャストが女性のテーマに沿った小部屋に分かれ、その間をダンサーの奥野美和さんが行き来するという演出。松雪は死に対する執着が語られる“影の部屋の女”を演じるが、マリー・ブラッサール演出のもと行われている稽古について、「マリーさんは“こういう風にしてくださいとは言いません。導くソースになるものは提案しますので、それぞれの感性で生み出していってほしい”とよくおっしゃっていて、今は本やそれぞれが担当するセクションの解釈の話や、感情的な部分を身体表現するので美和さんと即興でセッションしたりしています。また、部屋は別々ですが全員で合わせるパートもありまして、その呼吸を合わせたり。信頼関係がとても大事だなと思います。」と語った。

また、同作のテーマにちなみ、自身のコンプレックスを聞かれ、「ものすごくたくさん寝ないとダメなんです。睡眠が短くても元気に動けるといいなといつも思います。」と照れた様子で打ち明けていた。

松雪主演舞台「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」は、11/4(土)天王洲・銀河劇場を皮切りに広島、北九州、京都、豊橋にて上演。
ぜひ劇場でご覧ください。

■舞台「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」

日程&劇場:
【東京公演】
日程:2017/11/4(土)~11/19(日)
劇場:天王洲 銀河劇場
【広島公演】
日程:2017/11/23(木・祝)
劇場:JMSアステールプラザ 大ホール
【北九州公演】
日程:2017/11/25(土)~11/26(日)
劇場:北九州芸術劇場 中劇場
【京都公演】
日程:2017/12/5(火)~12/6(水)
劇場:ロームシアター京都 サウスホール
【豊橋公演】
日程:2017/12/9(土)~12/10(日)
劇場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール

特設ページ:
http://www.parco-play.com/web/play/gekijo2017/
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

1992年

11月

「パテオ」(松竹)
1995年

08月

ボクたちの映画シリーズ「白鳥麗子でございます!」(東映)
2000年

04月

「MONDAY」(シネカノン)

04月

「アナザヘブン」(松竹)
2002年

08月

「DRIVE」(IMJ)
2006年

03月

「子ぎつねヘレン」(松竹)

09月

「フラガール」(主演)(シネカノン)
2007年

01月

「子宮の記憶/ここにあなたがいる」(主演)

08月

CGアニメ映画「ベクシル-2077 日本鎖国-」(声優)
2008年

08月

「デトロイト・メタル・シティ」(東宝)

10月

「容疑者Xの献身」(東宝)
2009年

02月

「余命」(主演)(SDP)

05月

「五右衛門ロック」ゲキ×シネ

10月

「沈まぬ太陽」(東宝)

10月

「クヒオ大佐」(ショウゲート)

11月

「笑う警官」(松竹)
2010年

04月

「てぃだかんかん」(ショウゲート)
2011年

10月

「スマグラー おまえの未来を運べ」(ワーナー・ブラザーズ映画)
2012年

04月

「この空の花ー長岡花火物語」

06月

「ホタルノヒカリ」(東宝)

09月

「ボーン・レガシー」(東宝東和)
※声優出演
2013年

02月

「脳男」

09月

「ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL」(東宝)
 
「謝罪の王様」(東宝)
2015年

08月

「at Home」(ファントム・フィルム)
2016年

11月

「古都」(DLE)
2017年

12月

「鋼の錬金術師」(ワーナー・ブラザース映画)

TV

1991年

04月

「熱血新入社員宣言」(TBS)
(~06月)

04月

「BANANACHIPS LOVE」(CX)

07月

スペシャル「夜に海輝き」(NHK)
1992年

01月

「大人は判ってくれない 神様の前でついた嘘」(CX)

01月

「D 坂殺人事件 名探偵明智小五郎誕生」(CX)

04月

「アルファベット 2/3」(CX)
(~06月)

04月

「Jr.愛の関係」(CX)
(~06月)

09月

松竹 スペシャルドラマ「パ・テ・オ」(CX)
1993年

01月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!」(CX)
(~03月)

04月

「OLたちのざけんなョ!! 社員旅行は大っ嫌い」(CX)

10月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!2」(CX)
(~12月)
1994年

07月

「毎度ゴメンなさぁい」(TBS)
(~09月)

10月

「男はいらない」(NTV)
1995年

04月

「毎度おジャマしまぁす」(TBS)
(~06月)

10月

「ベストフレンド」(NTV)
(~12月)
1996年

04月

「勝利の女神」(CX)
(~06月)

07月

「硝子のかけらたち」(TBS)
(~09月)
1997年

01月

「名探偵 保健室のオバさん」(ANB)
(~03月)

04月

「理想の上司」(TBS)
(~06月)
1998年

01月

「きらきらひかる」(CX)
(~03月)

04月

「愛、ときどき嘘」(NTV)
(~06月)

06月

「かみさんなんかこわくない」第11話ゲスト(TBS)

10月

「なにさまっ!」(TBS)
(~12月)
1999年

04月

「アフリカの夜」(CX)
(~06月)
2000年

04月

「太陽は沈まない」(CX)
(~06月)

09月

「ブラックジャック2」(TBS)
2001年

07月

「救命病棟24時」(CX)
(~09月)

12月

「忠臣蔵47/1」(CX)
2002年

08月

「怪談百物語 雪女」主演(CX)

10月

「真夜中の雨」(TBS)
(~12月)
2003年

06月

27時間テレビ「海のオルゴール」主演(CX)

10月

「ビギナー」(CX)
(~12月)
2004年

01月

「砂の器」(TBS)
(~03月)
2007年

07月

「ファースト・キス」(CX)
(~09月)

07月

「法の庭」(CX)
2010年

04月

「Mother」(NTV)
(〜06月)

10月

「パーフェクトリポート」(CX)
(~12月)

11月

スペシャルドラマ「心の糸」(NHK)
2011年

12月

「境遇」(ANB)
2012年

01月

大河ドラマ「平清盛」(NHK)
(~12月)

09月

「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田 茂~」(NHK)
(~10月)
2013年

04月

「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」(TBS)
(~06月)

10月

松本清張スペシャル「顔」主演(CX)
2014年

02月

「地の塩」(WOWOWプライム)
(~03月)

07月

「家族狩り」主演(TBS)
(~09月)
2015年

01月

「上流階級~富久丸百貨店外商部~」(CX)

11月

「5人のジュンコ」主演(WOWOWプライム)
(~12月)
2016年

04月

「グッドパートナー 無敵の弁護士」(ANB)
(~06月)
2018年

04月

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)
(04月~)

STAGE

2004年

10月

「夜叉ヶ池」
東京公演:パルコ劇場
名古屋公演:愛知厚生年金会館(11月)
大阪公演:シアター・ドラマシティー(11月)
2005年

09月

新感線☆プロデュース「吉原御免状」
東京公演:青山劇場(~10月)
大阪公演:梅田芸術劇場メインホール(10月)
2007年

10月

ミュージカル「キャバレー」
(~11月)
2008年

07月

新感線☆RX『五右衛門ロック』
東京公演:新宿コマ劇場
大阪公演:大阪厚生年金会館大ホール(8月)
2009年

12月

「東京月光魔曲」
Bunkamuraシアターコクーン
(~2010年1月)
2012年

05月

「シダの群れ 純情巡礼編」
東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン

09月

葛河思潮社 第二回公演「浮標」
世田谷パブリックシアター
2013年

03月

朗読劇「LOVE LETTERS 2013 Whiteday Special」
パルコ劇場

09月

葛河思潮社 第三回公演「冒した者」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(~10月)
2014年

09月

葛河思潮社 第四回公演「背信」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(09月~)

12月

「キレイ -神様と待ち合わせした女-」
Bunkamuraシアターコクーン ほか
(12月~)
2015年

05月

劇団☆新感線「五右衛門VS轟天」
大阪公演:シアターBRAVA!
福岡公演:キャナルシティ劇場
東京公演:赤坂ACTシアター
2016年

10月

シアターコクーン・オンレパートリー2016「るつぼ」
Bunkamuraシアターコクーン
2017年

06月

ONWARD presents 劇団☆新感線「『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS」
豊洲・IHIステージアラウンド東京
(~09月)

11月

「この熱き私の激情」
銀河劇場

SINGLE

1995年
「ESP」
(1995.6.21)
 
「時を越えて」
(1995.11.8)
 
「Rain-雨に抱かれて...-」
(1995.11.8)
 
「WISH」
(1995.12.10)
1996年
「おやすみ」
(1996.5.25)
1997年
「空っぽの愛の嵐」
(1997.2.19)
 
「HAPPY HAPPY DAYS」
(1997.7.24)
 
「ふりむかないで」
(1997.9.26)
1998年
「愛の世界」
(1998.5.13)
1999年
「口唇」
(1999.1.13)
2007年
Taiji All Stars
「天国の歌 feat. hitomi / Blessing Soul feat. Yasuko Matsuyuki」
※ゲストボーカル
(2007.01.31)

ALBUM

1995年
「pray」
(1995.12.21)
1997年
「mondodelix」
(1997.3.19)
1998年
「32’05”」
(1998.6.17)
1999年
BEST album「M.M.M」
(1999.02.17)
2007年
「FEMME FATALE」HEATRE BROOK/Sun Paulo
※ゲストボーカル
(2007.02.21)

OTHER

1997年
●VIDEO
ビデオ「M」
(1999.3.17)

pagetop

page top