STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
マツユキ ヤスコ

松雪泰子

ニュースNEWS

STAGE

松雪泰子 舞台「ゲゲゲの先生へ」公開ゲネプロ!

松雪泰子出演舞台「ゲゲゲの先生へ」の公開ゲネプロが10/7(日)東京芸術劇場プレイハウスにて行われた。

同作は、「イキウメ」を拠点に劇作家、演出家として活躍している前川知大が脚本、演出を手掛ける新作。ある一つの作品の舞台化でも、評伝でもなく、水木しげるの「世界観」を原作にした完全なオリジナルストーリーに、幾つかの原作短編を織り込み、水木しげるの人生観、世界や“不思議”との関わり方を、膨大な作品群とその登場人物、エッセイやインタビューで語られた言葉、エピソードから読み解き、新しい物語を編み上げる。

松雪は、花子(妖怪、雪山の精霊)/リポーターを演じる。
森の木々の間を吹き抜ける冷たい風で遭難した人間を助けもするが、平気で殺すこともある。美しい女性の姿で現れるが、幽霊と勘違いすると「どっちかと言うと精霊だから!」と怒る、という役どころ。

公演初日を迎えるにあたり、稽古の日々を振り返りながら松雪は、「水木作品へのオマージュと、コラージュという今回の作品は、沢山のピースを組み合わせて、構築するパズルの様な稽古でした。何層にも、アイデアを重ねては壊し、再構築し、ベストな形に創り上げて行く稽古場は、役者全員が高い集中力で、毎日稽古に臨み体現し探して行く。そして、それを前川さんの感じている水木作品の世界観に落とし込んで行く。とても有意義な稽古場でした。前川さんが感じている水木作品、そして水木さんの感性、人間性を作品を、役者が身体を使い体現して行くのは、なかなか高度。水木作品がもつユーモアや社会風刺、そして精霊とされる妖怪。そしてその全てを包むなんとも言えない寂しさ。水木先生の描く背景には、いつもそれが漂っている。その感覚をつかむべく、稽古の合間も水木作品に触れ続けながら、この空気感を体現するにはどうしたら。。と、全員で模索する日々でした。
前川さんの稽古は、パティシエが材料を何層にも何層にも重ね、まるでミルフィーユを作っているみたいだなあと感じていました。
毎日毎日、違う味わいの層が重なって行く。重なって行く度に、驚かされる事が多く。楽しんでいました。私の中の前川さんは、水木作品のパティシエ。
出来上がった作品が、極上の味わいになる様にこれから私達がしっかりと、水木作品の質感を体現していきたいと思います。」と話した。

舞台「ゲゲゲの先生へ」は、東京公演を皮切りに、松本、大阪、豊橋、宮崎、北九州、新潟にて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください!


■「ゲゲゲの先生へ」
【原案】水木しげる
【脚本・演出】前川知大
【出演】佐々木蔵之介 松雪泰子 / 水田航生 水上京香 手塚とおる 池谷のぶえ / 浜田信也 盛隆二 森下創 大窪人衛 / 白石加代子

【日程&劇場】
●東京公演
日程:2018/10/8(月・祝)~10/21(日)
劇場:東京芸術劇場 プレイハウス

●松本公演
日程:2018/10/27(土)~10/28(日)
劇場:まつもと市民芸術館 主ホール

●大阪公演
日程:2018/11/2(金)~11/5(月)
劇場:森ノ宮ピロティホール

●豊橋公演
日程:2018/11/9(金)~11/11(日)
劇場:穂の国とよはし芸術劇場 PLAT主ホール

●宮崎公演
日程:2018/11/14(水)
劇場:メディキット県民文化センター 演劇ホール

●北九州公演
日程:2018/11/17(土)~11/18(日)
劇場:北九州芸術劇場大ホール

●新潟公演
日程:2018/11/22(木)~11/23(金・祝)
劇場:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

【ストーリー】
平成六十年。子供が生まれなくなって人口の激減した日本。人は都市に身を寄せ合い、田舎は打ち捨てられ植物に飲み込まれている。都市は権力による抑圧的な社会で、貴重な妊婦と赤子は政府の管理化に置かれている。
ある廃村に、根津という男が一人で暮らしている。根津は半分人間、半分妖怪の半妖怪。かつて村人がいた頃は、彼の周りに妖怪の姿があった。しかし村人が減り、国中で子供が消えていくのと平行して、妖怪たちも姿を消した。
根津は、なぜ自分は消えないのかと考えつつ、何かを待つかのように十年以上、独りまどろみの中にいる。
ある日、根津の前に都市からきた若い男女が現れる。都市は突如現れた謎の怪物によって混乱しているという。女は妊娠しており、混乱に乗じて逃げてきたのだ。根津と二人の会話を通じて、根津がなぜ半妖怪になったのか、なぜ妖怪たちが消えてしまったのか、そして都市に現れた怪物はなんなのか、次第に明らかになっていく。
そしてその怪物は、三人のいる廃村に向かいつつあった。

【公式サイト】
www.gegege-sensei.jp/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

AWARD

松雪泰子 「ジュエリー業界が選ぶ“第6回ウーマン オブ ザ イヤー”」表彰式に出席!

松雪泰子が「ジュエリー業界が選ぶ“第6回ウーマン オブ ザ イヤー”」に選ばれ、8/29(水)都内で行われた表彰式に松雪が出席した。

同賞は、ジュエリーの輝きのように「最も美しく生きている女性」をコンセプトに、主催のUBMジャパンと日本ジュエリー協会が文化・芸能・スポーツ界の中から受賞者を毎年選出、今年で第6回目を迎える。

ファインジュエリーが似合う圧倒的な存在感と洗練された大人の魅力を併せ持つということから同賞に選出された松雪。「ジャパンジュエリーフェア2018」にて行われた授賞式で、「この度は素敵な賞をいただきまして光栄に思っております。ありがとうございます。」とコメント。

この日は、イタリアの最高級ジュエリーブランド『PICCHIOTTI(ピキョッティ)』のルビーダイヤモンドネックレス(ルビー27.51ct・ダイヤ41.02ct/販売価格3億456万円)を身に付け、「人生でこのような素晴らしいハイジュエリーを身に付けることは2度とないかもしれません。身に着けると華やかですが、身が引き締まる思いです。」と語った。

今回のテーマが“ジュエリーの輝きのように美しく生きている女性”であることから、輝いている女性のイメージを、「自分が一番生き生きできると感じられるスタンスで、どれだけ人生を楽しんで生きていられるかが美しさや魅力になってくると思います。あとは健やかであること。そうありたいと日々思っています。」と話した。

さらに、日々心掛けていることについて、「少ない時間の中で多くのことをやろうとすると疲れてしまいすが、自分なりのリズムを見つけて、ほんのちょっとでも余裕の時間を作るようにするとそれだけでリラックスできますし、とにかく頑張り過ぎないこと。生活のリズムを整えることが体にとっても心地良いことだと思うので、朝5時に起きて、何もない時は10時には就寝する生活を送っています。食事もほぼ外食しないですし、3食食べて睡眠をきちんと取って運動する。あとは子育てをしている関係で家で過ごす時間が多いので、生活自体を楽しむことを心掛けています。」と明かした。

また、自身にとってジュエリーとは?という質問を受け、「撮影現場に行くことが多いので普段はあまり付けないのですが、ジュエリーってお守りみたいな要素が強いのかなと。そういう意味では特別な時に身に付けるようにしています。20歳くらいの時に母がお守りにとルビーのピンキーリングをプレゼントしてくれて、それはとても思い入れがあって大切にしています。」と答えると共に、ジュエリーを選ぶ際のポイントを聞かれ、「石って相性があるのかなと思っていて、手に取って気分をあげてくれたりエネルギーをもらえそうなものを選びます。お気に入りの石はダイヤモンド。普遍的なものですけど、すごくエネルギーがあって力をくれる石だなと感じています。」と話した。

その後、女優業の話題へ―。特に印象的だった役柄は?という質問に、「その時々に出会いがあって、すべての作品がかけがえのない体験。」と話し、その1つとして現在放送中のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で演じている主人公・楡野鈴愛の母、晴をあげ、「今まで演じたキャラクターにはないタイプの人物像でした。北川(悦吏子)さんの描いていらっしゃるユーモアとかをどれだけ忠実に体現できるかを大事に思いながら、また、共演者の方がとても素敵で朗らかで明るい方たちばかりでとても良い空気だったので、それに乗っかって演じました。とてもやりがいがありました。」と振り返った。

さらに、「作品との出会いは私が希望して訪れることではなく、オファーをいただいての出会いだったりします。演劇だと古典的な演目など挑戦できていないものがたくさんありますし、体が動くうちにアクションもやりたいです。」とさらなる意欲を語った。

最後に来場者に向け、「私も見たいと思っていますが、素晴らしいジュエリーが展示されているようなので、楽しんでいただければと思います。本日は本当にありがとうございました。」とメッセージを送った。
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

1992年

11月

「パテオ」(松竹)
1995年

08月

ボクたちの映画シリーズ「白鳥麗子でございます!」(東映)
2000年

04月

「MONDAY」(シネカノン)

04月

「アナザヘブン」(松竹)
2002年

08月

「DRIVE」(IMJ)
2006年

03月

「子ぎつねヘレン」(松竹)

09月

「フラガール」(主演)(シネカノン)
2007年

01月

「子宮の記憶/ここにあなたがいる」(主演)

08月

CGアニメ映画「ベクシル-2077 日本鎖国-」(声優)
2008年

08月

「デトロイト・メタル・シティ」(東宝)

10月

「容疑者Xの献身」(東宝)
2009年

02月

「余命」(主演)(SDP)

05月

「五右衛門ロック」ゲキ×シネ

10月

「沈まぬ太陽」(東宝)

10月

「クヒオ大佐」(ショウゲート)

11月

「笑う警官」(松竹)
2010年

04月

「てぃだかんかん」(ショウゲート)
2011年

10月

「スマグラー おまえの未来を運べ」(ワーナー・ブラザーズ映画)
2012年

04月

「この空の花ー長岡花火物語」

06月

「ホタルノヒカリ」(東宝)

09月

「ボーン・レガシー」(東宝東和)
※声優出演
2013年

02月

「脳男」

09月

「ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL」(東宝)
 
「謝罪の王様」(東宝)
2015年

08月

「at Home」(ファントム・フィルム)
2016年

11月

「古都」(DLE)
2017年

12月

「鋼の錬金術師」(ワーナー・ブラザース映画)
2018年

03月

「リメンバー・ミー」(ウォルト・ ディズニー・ジャパン)
※声優出演

TV

1991年

04月

「熱血新入社員宣言」(TBS)
(~06月)

04月

「BANANACHIPS LOVE」(CX)

07月

スペシャル「夜に海輝き」(NHK)
1992年

01月

「大人は判ってくれない 神様の前でついた嘘」(CX)

01月

「D 坂殺人事件 名探偵明智小五郎誕生」(CX)

04月

「アルファベット 2/3」(CX)
(~06月)

04月

「Jr.愛の関係」(CX)
(~06月)

09月

松竹 スペシャルドラマ「パ・テ・オ」(CX)
1993年

01月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!」(CX)
(~03月)

04月

「OLたちのざけんなョ!! 社員旅行は大っ嫌い」(CX)

10月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!2」(CX)
(~12月)
1994年

07月

「毎度ゴメンなさぁい」(TBS)
(~09月)

10月

「男はいらない」(NTV)
1995年

04月

「毎度おジャマしまぁす」(TBS)
(~06月)

10月

「ベストフレンド」(NTV)
(~12月)
1996年

04月

「勝利の女神」(CX)
(~06月)

07月

「硝子のかけらたち」(TBS)
(~09月)
1997年

01月

「名探偵 保健室のオバさん」(ANB)
(~03月)

04月

「理想の上司」(TBS)
(~06月)
1998年

01月

「きらきらひかる」(CX)
(~03月)

04月

「愛、ときどき嘘」(NTV)
(~06月)

06月

「かみさんなんかこわくない」第11話ゲスト(TBS)

10月

「なにさまっ!」(TBS)
(~12月)
1999年

04月

「アフリカの夜」(CX)
(~06月)
2000年

04月

「太陽は沈まない」(CX)
(~06月)

09月

「ブラックジャック2」(TBS)
2001年

07月

「救命病棟24時」(CX)
(~09月)

12月

「忠臣蔵47/1」(CX)
2002年

08月

「怪談百物語 雪女」主演(CX)

10月

「真夜中の雨」(TBS)
(~12月)
2003年

06月

27時間テレビ「海のオルゴール」主演(CX)

10月

「ビギナー」(CX)
(~12月)
2004年

01月

「砂の器」(TBS)
(~03月)
2007年

07月

「ファースト・キス」(CX)
(~09月)

07月

「法の庭」(CX)
2010年

04月

「Mother」(NTV)
(〜06月)

10月

「パーフェクトリポート」(CX)
(~12月)

11月

スペシャルドラマ「心の糸」(NHK)
2011年

12月

「境遇」(ANB)
2012年

01月

大河ドラマ「平清盛」(NHK)
(~12月)

09月

「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田 茂~」(NHK)
(~10月)
2013年

04月

「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」(TBS)
(~06月)

10月

松本清張スペシャル「顔」主演(CX)
2014年

02月

「地の塩」(WOWOWプライム)
(~03月)

07月

「家族狩り」主演(TBS)
(~09月)
2015年

01月

「上流階級~富久丸百貨店外商部~」(CX)

11月

「5人のジュンコ」主演(WOWOWプライム)
(~12月)
2016年

04月

「グッドパートナー 無敵の弁護士」(ANB)
(~06月)
2018年

04月

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)
(~09月)

STAGE

2004年

10月

「夜叉ヶ池」
東京公演:パルコ劇場
名古屋公演:愛知厚生年金会館(11月)
大阪公演:シアター・ドラマシティー(11月)
2005年

09月

新感線☆プロデュース「吉原御免状」
東京公演:青山劇場(~10月)
大阪公演:梅田芸術劇場メインホール(10月)
2007年

10月

ミュージカル「キャバレー」
(~11月)
2008年

07月

新感線☆RX『五右衛門ロック』
東京公演:新宿コマ劇場
大阪公演:大阪厚生年金会館大ホール(8月)
2009年

12月

「東京月光魔曲」
Bunkamuraシアターコクーン
(~2010年1月)
2012年

05月

「シダの群れ 純情巡礼編」
東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン

09月

葛河思潮社 第二回公演「浮標」
世田谷パブリックシアター
2013年

03月

朗読劇「LOVE LETTERS 2013 Whiteday Special」
パルコ劇場

09月

葛河思潮社 第三回公演「冒した者」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(~10月)
2014年

09月

葛河思潮社 第四回公演「背信」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(09月~)

12月

「キレイ -神様と待ち合わせした女-」
Bunkamuraシアターコクーン ほか
(12月~)
2015年

05月

劇団☆新感線「五右衛門VS轟天」
大阪公演:シアターBRAVA!
福岡公演:キャナルシティ劇場
東京公演:赤坂ACTシアター
2016年

10月

シアターコクーン・オンレパートリー2016「るつぼ」
Bunkamuraシアターコクーン
2017年

06月

ONWARD presents 劇団☆新感線「『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS」
豊洲・IHIステージアラウンド東京
(~09月)

11月

「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」
東京公演:銀河劇場
広島公演:JMSアステールプラザ 大ホール
北九州公演:北九州芸術劇場 中劇場
京都公演:ロームシアター京都 サウスホール
愛知公演:穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
(~12月)
2018年

10月

「ゲゲゲの先生へ 」
東京公演:東京芸術劇場 プレイハウス
松本公演:まつもと市民芸術館 主ホール
大阪公演:森ノ宮ピロティホール
豊橋公演:穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
宮崎公演:メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール
北九州公演:北九州芸術劇場大ホール
新潟公演:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
(~11月)

SINGLE

1995年
「ESP」
(1995.6.21)
 
「時を越えて」
(1995.11.8)
 
「Rain-雨に抱かれて...-」
(1995.11.8)
 
「WISH」
(1995.12.10)
1996年
「おやすみ」
(1996.5.25)
1997年
「空っぽの愛の嵐」
(1997.2.19)
 
「HAPPY HAPPY DAYS」
(1997.7.24)
 
「ふりむかないで」
(1997.9.26)
1998年
「愛の世界」
(1998.5.13)
1999年
「口唇」
(1999.1.13)
2007年
Taiji All Stars
「天国の歌 feat. hitomi / Blessing Soul feat. Yasuko Matsuyuki」
※ゲストボーカル
(2007.01.31)

ALBUM

1995年
「pray」
(1995.12.21)
1997年
「mondodelix」
(1997.3.19)
1998年
「32’05”」
(1998.6.17)
1999年
BEST album「M.M.M」
(1999.02.17)
2007年
「FEMME FATALE」HEATRE BROOK/Sun Paulo
※ゲストボーカル
(2007.02.21)

OTHER

1997年
●VIDEO
ビデオ「M」
(1999.3.17)

pagetop

page top